チョコレート菓子の定番「ガトーショコラを作ってみたい」という方も多いのではないでしょうか。一見難しそうに見えますが、必要な材料も多くなく初めてのお菓子、ケーキ作りの入り口にふさわしいスイーツです。今回は簡単な作り方やおすすめのデコレーション、ラッピングを紹介します。

さっそく作ってみよう! 簡単ガトーショコラの作り方! 材料選びやちょっとしたコツも交えてご紹介

【道具】
キッチンスケール(はかり)
ボウル3~4つ
ハンドミキサー
ゴムべら
泡立て器
※ボウルは複数必要ですが、手元にない場合は大き目のタッパーウェアなどで代用してもOKです。

【材料 直径15㎝型1台分】
チョコレート(板チョコなど) 85g
バター 65g
ココア 25g
小麦粉 小さじ1
卵 2個
砂糖 60g…およそ半量ずつに分けておきます
粉砂糖 適量

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

チョコレートは作りたい甘さに応じて好きなものを選ぶのがよいでしょう。

こだわる方はバターも無塩のもの、ココアも砂糖などが入っていない純ココアを選ぶ方もいらっしゃいますが、私は頻繁にお菓子作りをするわけではないので、普段使っているバターやココアから計量しました。

【準備】バターはあらかじめ冷蔵庫から出し 室温にしておきます

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

指で押すと柔らかくへこむ状態になるのが最適な状態です。

電子レンジで液状にしてしまう方もいますが、柔らかいバターをクリーム状にして他の材料と混ぜることで生地がしっとりします。

少し時間がかかりますが、バターだけは早めに計量して、室温にしておきましょう。

【作り方1】チョコレートを湯せんにかけて溶かし バター・ココア・小麦粉を加えます

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

大小のボウルを2つ用意し、大きなボウルにはお湯、小さなボウルにはチョコレートを入れて大きなボウルに浮かべます。

この時、細かく刻むと早く溶けますが、適当に割りいれて、湯せんにかけながら他の材料やハンドミキサーなどを用意する時間にするとちょうどよいでしょう。

ゴムべらで混ぜ、きれいに溶けているか確認します。大きなボウルのお湯が入らないよう、混ぜる時はお湯からあげるなどの工夫をすると安心です。

きれいに溶けたらお湯からあげて室温にしておいたバターを入れて泡立て器で混ぜます。

ココアと小麦粉を合わせて、粉ふるいでボウルに加え、さらに混ぜておきます。

【作り方2】卵黄と卵白を分け 卵白はメレンゲにします

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

卵は2つとも卵黄と卵白を分けておきます。卵黄には砂糖の半量を加え、ハンドミキサーでよく混ぜます。全体が白っぽい色になったらOKです。

別のボウルに卵白を入れ、メレンゲにしていきます。メレンゲは手早く仕上げないとキメが粗くなったり、しぼんでしまったりします。

慣れるまではなかなかうまくいきませんが、何度か作るとコツがつかめますので、あきらめずに挑戦してみてくださいね。

やりやすい方法は人によって違いますが、筆者はハンドミキサーをよく冷やした卵白の中で前後に動かしながら、反対の手でボウルも回して混ぜる方法で作っています。

また、背が低いので、キッチンの作業台よりもスツールなどにボウルを置いて作っています。そうすることでハンドミキサーを楽に動かすことができ、腕の疲れも軽くなります。

ある程度泡がもこもこしてきたら、残りの砂糖を2~3回に分けて加えます。一度に加えると泡がしぼんでしまいますので、少し加えてミキサーで混ぜるという作業を何度かする方がうまくいきますよ。

【作り方3】材料を合わせて焼きます

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

オーブンを160度に予熱しておきます。

1で作ったチョコレートと、2で混ぜた卵黄を合わせ、泡立て器で混ぜます。そこにメレンゲを2~3回に分けて加え、泡をつぶさないようにゴムべらで切り混ぜます。

ゴムべらでぐるぐるかき混ぜるのではなく、縦に切るように材料の中に入れて、ボウルの中で「の」の字を書くように返すとメレンゲの泡が残りやすくなりますよ。

メレンゲの白い色がなくなったら、型に入れて空気を抜くようにゆすり、オーブンに入れ40分焼きます。焼けているかどうかは、竹串を刺すことで確認できます。

生地が串に付いてきたらもう少し焼いた方がよいでしょう。その際、表面はいい色に焼けている様子であれば、焦げてしまうこともあるので、アルミホイルをかぶせておくと安心です。

今回使用したケーキ型はこちらです。

Pastreet(ペーストリート)SC802 デコレーションカップ15cm(エンゼル)25枚

画像1: 簡単ガトーショコラ作り方!炊飯器でできる方法や贈り物に嬉しいラッピングのヒントも
SC802デコレーションカップ15cm(エンゼル) 25枚
サイズ:底径150×高さ45mm
容 量:850cc
オーブン使用OK
¥974
2020-03-13 17:33

ガトーショコラは金属製のケーキ型でも焼けますが、紙製の型の方がおすそ分けやプレゼントに向いているのでおすすめです。こちらの商品は渡す相手を選ばず使えるので筆者も重宝しています。このお値段で25枚入りですので、たくさん作ることができますね!

【できあがり&デコレーション】冷めたら粉砂糖を振りかけて完成!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

焼けたらすぐにでも食べたくなりますが、少し我慢してケーキクーラーの上で冷まします。さらに冷蔵庫に入れるとギュッと濃厚な仕上がりになるのでおすすめです。

一番シンプルな仕上げは茶こしで粉砂糖をかける方法。ガトーショコラとのコントラストがきれいです。

他にも、ホイップクリームを添えたり、イチゴをはじめとするベリー系のくだものを乗せるのもおすすめです。ナッツを飾るのも大人っぽくなりますよ。

ガトーショコラを簡単に大人テイストにアレンジ! レシピにひと手間加えるだけでプレゼントにも最適!

今回ご紹介したレシピは子どもでも食べられる基本的な作り方ですが、ひと工夫でちょっと大人なガトーショコラにアレンジすることもできます。いくつかアイデアをご紹介しますので、参考にしてくださいね!

【チョコレート選びにひと工夫】

ガトーショコラ作りでは、普通のミルクチョコレートを使用するのが一般的ですが、ブラックチョコレートやハイカカオチョコ(70%以上)など、甘さの少ないチョコレートを使用するとぐっと大人っぽいケーキになります。

ほろ苦い反面、香り高いガトーショコラになりますから、男性にもおすすめです。

【ウィスキーやラム酒】

ウィスキーボンボンが長年愛されているように、洋酒とチョコレートの相性は抜群です。オーブンに入れる前の生地に大さじ1杯の洋酒を入れることで、一味違った風味にアレンジすることができます。

【コーヒー】

チョコレートを溶かす際、インスタントコーヒーを大さじ2杯ほど加えると、コーヒーの風味が香ばしいガトーショコラになります。使用するココアを純ココアにすることで、コーヒーを引き立てることができますよ。

炊飯器でもガトーショコラが作れる? 作り方・使い方をしっかり確認して安全に気を付けよう

画像: ケーキモード付炊飯器/イメージ写真

ケーキモード付炊飯器/イメージ写真

ベーキングパウダーなどを使用してフワフワにするケーキは炊飯器調理ではうまくいかないこともありますが、ガトーショコラは炊飯器調理と比較的相性が良く、失敗が少ないメニューといえるでしょう。

前述した作り方をしたタネを炊飯器に入れて、通常炊飯するだけで焼き上げる(炊き上げる?)ことができます。型もいらず、手軽に作ることができますね。

しかし、炊飯器によっては中に圧力をかけて炊飯するものもあり、お米以外のものを入れると中身が噴出する可能性や、やけどの恐れが考えられます。

「ケーキモード」が付いている炊飯器の場合はそちらを使用し、そうではない炊飯器は取扱説明書の指示に従うようにしましょう。

お米の炊飯以外は推奨していない炊飯器の場合、オーブンでの調理をおすすめします。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.