「いつか一度は登ってみたい」そう思う人が最も多い山が富士山ではないでしょうか。しかし、登山経験がない人にはイメージもつかないですし、何を持っていくのかさっぱりわからないという人も多いはず。そこで、今回は富士登山で最低限知っておきたい基礎知識と持ち物リストをご紹介します。〝いつかは行ってみたい〟という方の背中を押せるような記事になれば幸いです。

富士登山に限らずトレッキングのマナーや心構え! 安全に気持ちよく登山するためのポイントをご紹介

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは富士山に限らず、どの山を登山するときも守るべきマナーと心構えがあります。

安全第一! 登山計画に持ち物を揃えて装備を整えよう

山は自然が相手のスポーツとも呼ばれ、天候の変化など予期せぬ事態に備えなければなりません。自分の身を守るために、事前に登山計画書の提出、保険の加入などを済ませ、登る際にはしっかりと装備を整えて行きましょう。

【登り優先】は登山やトレッキングの基本ルール 譲り合いの精神も大切!

山では細い道もあり、登りと下りの人がすれ違うときに道を譲るシーンがあります。その時には基本、登りを優先しましょう。つまり、下りの人が立ち止まって道を譲ることになります。もちろん、状況次第ですので登りの人が譲っても問題ありません。大切なのは余裕をもった譲り合いの精神です。

ゴミは持ち帰る!

これは当たり前ですが、まれにゴミが落ちている光景を見ると悲しくなります。必ずゴミは持ち帰る! それが出来ないなら登らないという心構えを持ちましょう。

登山者の安全の為にも登山道から外れない!

登山道は安全に通れる道として整備されています。つまり、その道から外れたら何があるかわからないということです。

自分の安全はもちろんですが、踏んだ石が落石となり下で歩いていた人へ当たって怪我をさせることにもなりかねません。また、落石は登山道でも常に「落とさないように&落ちてこないか」を注意しましょう。

他にもたくさんありますが、最低限抑えておきたい登山のマナーになります。

【富士山の知っておくべきこと①】 富士登山のベストシーズンは7月から9月! トイレはチップ制

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

では富士登山特有の知っておきたいことをまとめました。こちらも非常に重要ですので、しっかり確認しましょう。

富士登山のベストシーズンは7月から9月!

富士登山には大体7月から9月上旬の登山シーズンがあります。毎年若干、日にちが変動しコースによってもかわるため、HP等でチェックしましょう。このシーズン内は山小屋やトイレも稼働しています。

シーズンオフは登山が出来ない訳ではありませんが、行政のガイドラインにて、十分な技術・経験・知識があり、しっかりとした装備・計画を持ったもの以外は禁止とされています。特に冬は過酷な寒さ・風の強さ・雪崩などにより毎年死者を出すほどの恐ろしい山に変貌します。冬の富士山の難易度はエベレスト級とも呼ばれるくらいです。

もちろん、初心者が登る山ではありませんので、安易に正月の初日の出を山頂で拝もうなどと考えないで下さいね。シーズンオフの間は、装備を揃えたり、軽めの登山で練習しながら準備を整えておきましょう。

富士山のトイレはチップ制 山小屋の売店も現金が必要!

富士山のトイレは管理保全のためチップ制です。山小屋などの売店も現金が必要になりますので、キャッシュレスの時代ですが、現金(小銭も)を十分に持って登りましょう。

【富士山の知っておくべきこと②】高山病予防に、山小屋宿泊がおすすめ 睡眠と水分をしっかり取ろう

富士登山では高山病に要注意!

富士山以外の山でも高山病になることはありますが、日本一の高さ故に、富士登山では高山病に注意しましょう。誰でもかかる可能性があり、発症するとめまい・吐き気・頭痛などが襲ってきます。

直すには標高を低くする、つまり下山するのが一番です。少し休憩しても治らない場合は下山も検討しましょう。予防するには寝不足で登らない、ゆっくりと時間をかけて登る、水分を多めにとるなどが挙げられます。

富士登山の日帰りは初心者にはハード 日帰り登山は避けよう!

富士登山は吉田ルート、須走ルート、富士宮ルート、御殿場ルートという4つのコースがあります。ロングコースの御殿場コースを除くと、5合目から頂上までの往復で12~13時間かかります。そのため、朝4時くらいから登れば日帰りで行けなくはありませんが、初心者には中々ハードな行程です。

朝早くからの登山で寝不足、かつ一気に5合目から頂上まで上がるため、前述したように高山病かかりやすくなります。なるべく8合目あたりで山小屋に宿泊し、時間的にも体力的にも余裕を持って登りましょう。ちなみに山小屋は混雑することが多いため、必ず事前に予約しておきましょう。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.