みなさんこんにちは、ファミリーキャンパー「のざる」です。キャンプでは定番の焚き火ですが、飛んでくる火の粉で服に穴が開かないか心配になりませんか? また、焚き火だけでは体の前面しか暖まらず、背中からの風がとても冷たく感じることもありますよね。今回はワークマン2019年冬モデルより、防寒性が高く、火の粉にも強い防寒ジャケットをご紹介します。

焚き火に強い防寒着ならワークマン! 火の粉に強い綿100%の生地

画像: 【4,000円以下でGET!】 焚き火に強いワークマン綿リップ防風防寒ジャケットを徹底レポ
WM3635 DIAMAGIC DIRECT(R) (ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒ジャケット 作業着 作業服 メンズ 秋冬 撥水 全3色 M-4L
サイズ M L LL 3L 4L 肩幅 ラグラン袖 胸囲 113 119 125 131 137 着丈 76 78 80 82 84 裄丈 87 89 91 93 95 対応胸囲 84〜92 90〜98 96〜104 102〜110 108〜116 対応身長 160〜170 170〜180 175〜185 175〜185 175〜185 商品のサイズについて ●肩幅・胸囲・着丈・袖丈・裄丈・首回り・ウエスト・胴囲・股下は商品の「仕上がり寸法」です。「仕上がり寸法」は、実際に商品を計測したサイズです。 ●対応胸囲・対応身長・対応胴囲は「ヌード寸法」です。「ヌード寸法」は、衣類未着用時の身体...
¥ 3,900
2019-12-29 10:44

今回ご紹介するのは、ワークマンオリジナルブランド『FieldCore(フィールドコア)』より発売された『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒ジャケット』です。

厚みのあるアクリルコーティングにより高い防風性を誇り、内側には裏ボアフリースを使用し高い防寒性を実現。また、生地には『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)』という三菱商事ファッション(株)が開発した高水準の耐久撥水機能を採用しています。

そしてキャンプで使う最大のメリットは、表生地に綿100%が採用されている為、火の粉に強いということ。「防風」「防寒」「火の粉に強い」と3拍子揃った、冬キャンプに最適な防寒ジャケットなんです。

【スペック】
品番/WM3635
カラー/015 マットブラック・045 サンセットオレンジ・055 ダークグリーン
素材/表:綿100%(アクリルコーティング)
中わた:ポリエステル100%
裏:ポリエステル100%

『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒ジャケット』を徹底解説

タウンユースもOK! ミリタリー感強めのツートーンカラーが魅力的

筆者撮影

まるでモッズコートのようなデザインの『綿リップ防風防寒ジャケット』。 カラーは、マットブラック・サンセットオレンジ・ダークグリーンの3種類。サイズはM~4Lの5サイズ展開です。

筆者撮影

身長177cmの筆者が購入したのはダークグリーンのLLサイズ。濃い目のグリーンとブラックのツートーンカラーは、タウンユースにもおススメなデザインです。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

前面はジッパーとスナップボタンで留めることができます。スナップボタンにはFieldCoreのロゴの刻印がキラリと光ります。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

裾部分は、かがんでも背中のでにくいサイクルカットが施してあります。ドローコードで絞りを調節することも可能。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

右肩・右胸・左腕・背中には反射プリントも施されています。こういった細かい機能に作業着のワークマンらしさを感じます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

左腕部分には小さめのペン差しがついています。焚き火の火起こし時にさっと取り出せるよう、火吹き棒を差しておいてもいいかもしれません。

腕を上げ下げしやすい3Dカット加工で動きやすい

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

少し細めのシルエットですが、脇部分には3Dカット加工が施されているので、腕を上げ下げしやすい作りになっています。ストレッチ性を感じるわけではありませんが、生地も柔らかいので突っ張ることもなく、動きにくいと感じることはありません。

苦手な人も安心、ファーやフードは簡単に取り外しができる

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

フードと、フードに取り付けられているファーは取り外すことができます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

フードはスナップボタンとジッパーで取り付けられているので、簡単に外れてしまうこともありません。また、ファー部分はボタンで取り付ける仕組みになっています。筆者のように「ファーが顔にあたるとチクチクするので苦手」という人にとって、取り外しができる作りはありがたいです。

豊富なポケットで手ぶらでもOK

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

両サイドにはフタつきの大きめなポケットが設置。スナップボタンで留めることができるので、スマホなどの小物を入れても落としにくくなっています。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

左胸にはファスナーポケットも配置。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

ファスナーの持ち手部分にも、バッチリとFieldCoreのロゴが入っています。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

左胸内側にもポケットが配置されています。どのポケットも大きいので、スマホ・財布・鍵・ハンカチなどの小物をおさめておくことができます。手ぶらで出かけたい時にはおすすめです。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.