幼いころにキャンプをした経験はありますか? インターネットが発達した現代社会で子供の遊びといったら、スマホやゲームなどが多くなってきています。でも今回おすすめしたいキャンプは、大人になるうえで役立つスキルが身につく、効果的な教育の現場だと言えるでしょう。幼いころからキャンプを経験することで、今後の人生に役立つスキルを得ることができます。今回の記事では、自然体験を通して子供にどんなメリットがあるのかを紹介します。

子供が自然体験をすることで得られるメリットは5つ

子供がキャンプなどの自然体験を通じて得ることができるメリットは、大きく5つあります

①自分で考えて行動できるようになる
②困難に立ち向かう力が付く
③食事のありがたみがわかるようになる
④日常を「当たり前」と思わず感謝できるようになる
⑤災害時にも役立つ知識とスキルが身に付く

これらのメリットについて、以下で詳しく説明していきます!

自然体験のメリット① 自分で考えて行動できるようになる

キャンプ中は、子供がさまざまなお手伝いをする場面があります。ごはんを作るとき、テントを張るとき、火を起こすとき……。ただ子供に指示を出すだけではなく、「次はどうしたらいいかな?」と質問して、自発的に考える時間を与えてみましょう。

「次はどうすればいいのか」を繰り返し考えさせることで、物事を順序立てて考え行動する訓練になります。

自分で考えて行動する力は、大人になってからも必要となるスキルです。勉強や仕事はもちろん、人間関係を築いたり、コミュニティの中でうまくやっていくうえでも重要ですよね。

自然体験のメリット② 困難に立ち向かう力が付く

画像1: snapmart

snapmart

キャンプでは、普段の生活では経験しないようなハプニングに出会うことがあります。小さなことで言えば、火をうまく起こせなかったり、お米をうまく炊けなかったり……。そんなときに、あえて手を出さずに子供がどう対処するのかを見守ってみましょう。

子供なりに「この状況をどう切り抜ければいいのか」と解決策を考え行動するので、困難に立ち向かう力をつけるいい機会になります。

キャンプ中は、普段とは異なる生活を送るわけですから、うまくいかないこと・できないことに遭遇するのは当たり前です。ハプニングを経験することで、何かあっても冷静に対処できる力を手に入れることができるでしょう。困難に立ち向かった時、もし目的を達成できなかったとしても、しっかり褒めてあげるのがポイントです。諦めずに挑戦することができたのなら、「失敗も成長のうち」です!

自然体験のメリット③ 食事のありがたみがわかるようになる

画像2: snapmart

snapmart

キャンプでは、ぜひお子さんに食事のお手伝いをお願いしてみましょう。お米や野菜を洗ったり、食材を切ったり、混ぜたり丸めたり、簡単なことで大丈夫です。

自然の中で自分が作った料理を食べると、その美味しさに大人でも感動します。感受性が豊かな子供だと、その何倍もうれしさを感じることでしょう。

子供が実際に自分で料理をしてみることで、「普段美味しいごはんを作ってくれるパパとママってすごい!」「自然の中で食べるごはんはおいしい!」「自分は動物や野菜の命をいただいて生きているんだ!」といったことを実感することができます。

普段食べ物の好き嫌いが多い子供でも、キャンプを経験して好き嫌いなく何でも食べられるようになった子は多いそうです。にんじんやピーマンが嫌いでも、自然体験の中で食べてみると意外とおいしく食べることができた、という声も聞きます。食育の一環としてのキャンプは、非常に良い勉強の場になることでしょう。

自然体験のメリット④ 日常を「当たり前」と思わず感謝できるようになる

画像3: snapmart

snapmart

キャンプ中は、普段の生活と同じわけにはいきません。ふかふかの布団ではなく寝袋で寝たり、トイレやお風呂に虫がいたり、テレビを見ることができなかったり……。不便を感じることも多いでしょう。

そんな不自由なキャンプの中でこそ、楽しみを見つけることができたら素晴らしいです! 外で鬼ごっこをする楽しさ、山や川で遊ぶことの楽しさ、焚き火をしてマシュマロを焼くことの楽しさは、普段の生活ではなかなか味わうことのできない経験です。

そんな楽しさを実感しつつ、家に帰ってきたときには「やっぱり我が家はいいな、幸せだな」と感じ、普段の生活に感謝することができるのがキャンプの醍醐味です。

反抗期の子供が学校行事のキャンプでしばらく家を離れ、帰ってきたら積極的にお手伝いをするようになった、と驚くパパママが多いといいます。それだけキャンプには子供が成長する場面が多いのですね。

日常が続くとそれが「当たり前」になってしまい、感謝を忘れてしまうことが多いもの。そのため、キャンプを通して、日々が平和であることのありがたさや、毎日家族が一緒にいられることのありがたさ、美味しいごはんがお腹いっぱい食べられて、あたたかい布団でぐっすり眠れることのありがたさを実感することができるでしょう。

自然体験のメリット⑤ 災害時にも役立つ知識とスキルが身に付く

キャンプのスキルは、災害時に非常に役立ちます。飲み水がない状況では、水をろ過する必要があること、海水はそのまま飲めないこと、一見きれいに見える水でも細菌やバクテリアが潜んでいるかもしれないこと等を学ぶでしょう。

また、火の起こし方や雨風をしのぐ簡易テントの作り方、温かく安全に眠るための寝床の作り方などを学ぶこともできます。こどもの頃からそういった経験を積んでいると、いざというときにこれらのスキルを生かすことができます。

想定外のことが起きると人間誰しも混乱しますが、幼いころに積み重ねた経験は大人になってから必ず役に立つことでしょう。余談ですが、キャンプ道具は災害時に非常に役立ちます。キャンプ道具が避難道具にもなり、キャンプスキルも役立つので一石二鳥です。

▼あわせて読みたい

自然体験は子供を育てる! 積極的にキャンプを取り入れよう

画像4: snapmart

snapmart

今回の記事では、自然体験が子供に与えるメリットについて紹介しました。自然との距離が遠ざかる現代社会において、キャンプを通して自然と触れ合う機会を親が作ってあげることは、子供にとって貴重な経験となります。またそれだけでなく、非日常を味わえて、大人にとっても良いリフレッシュの機会になること間違いなし! ぜひあなたも親子キャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.