キャンプや公園などで子供が集めてきた松ぼっくりやどんぐりなど自然の中の造形物。捨てると子供の機嫌を損ねてしまうかも…とはいってもこのまま置いておくのも困りもの。そこで今回は主に、松ぼっくりを使ったクラフト工作を保育ナチュラリストである筆者が、子供と一緒にチャレンジしてみました。

松ぼっくりの下処理をしよう!ネイチャークラフトに使う自然物は必ず消毒を

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは拾ってきた松ぼっくりの下処理と消毒についてふれてみたいと思います。

拾ってきた松ぼっくり 下処理の仕方

1.まずは水洗いをして汚れや砂などを落とします。使い古した歯ブラシなどでこするのもOK。
2.お鍋にお湯を沸かします。沸騰したら、洗った松ぼっくりをお鍋の中に入れ、熱湯で煮沸消毒をします。(意外!?にも、松のいい香りが広がりますよ)
3.熱湯消毒した松ぼっくりを取り上げて天日干しをします。笠がしっかり開いたらOK。きちんと乾燥しないとカビの原因になりますので、しっかり乾かしましょう。

何故!? 煮沸消毒するの?

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

自然の造形物にはいろんなものがくっついています。松ぼっくりやどんぐりでは特に小さな虫がひょっこり出てくることもざら! 目に見えない菌や殺虫をするために消毒するのです。クラフト工作をして作品を残しておくためにも、きちんと処理をする必要があります。

松ぼっくりを電子レンジや殺虫剤を塗布して消毒の代わりにする方法は絶対にお止めください!
●電子レンジ利用は松ぼっくりが爆発しケガする恐れがあります。
●殺虫剤の塗布はその成分に触れて子供の肌が荒れたり、舐めるなどして口にはいったりする危険があります。

クラフト工作するために100円均一で購入したアイテムと選ぶポイント

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

100円均一のアイテムは種類が豊富。クラフト工作をするのにぴったりなアイテムが一度に揃うためとても便利ですね。今回はクラフトする上で以下のものを購入しました。

・グルーガン(100均に置いてありますが300円~500円程度します)
・ビーズやリボンなど飾り付け
・紙ねんど(今回は木粉ねんどを使用)
・ツリーの土台用丸太(自然のモノとしてお外で調達可能ですが、今回は購入)
・絵具や筆、パレット
・スノースプレー
             など…

アイテムを選ぶポイントは色合いや柄などイメージは持ったほうがいい!?

今回はクリスマスやお正月など冬のクラフトなので、そのテーマに沿った色合いや柄をザックリとイメージしてみました。

◆クリスマスのイメージカラー
 ・ ・ ・銀
◆お正月のイメージ
・和柄・松・紅白
◆冬のイメージ
・雪・南天

もちろん、必ずこのイメージで選ぶ必要はありません。自由な発想での工作も楽しいものです。

しかし小さな子供と一緒にするのであれば、「クリスマスは何色?」「正月ってどんなイメージ?」など…想像力を養う良い機会になりますので、会話をしながら学びの要素も取り入れたりしてみると子供が楽しく学ぶきっかけにもなります。

【ネイチャークラフト1】松ぼっくりで作るミニチュア・クリスマスツリー

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

<準備するもの>
●松ぼっくり
●土台
●飾り
●(必要に応じて)松ぼっくりの着色用画材

作り方

①松ぼっくりに色をつけます。3歳の娘は絵具にチャレンジ。絵具は赤、緑、金、銀の中から自分で金色を選びました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

私はスノースプレーを流用。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

スプレーは屋外など風通しの良いところで行ってくださいね。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

スノースプレーを塗布するだけで、一気に冬の雰囲気になりました。雪の結晶が非常に取れやすい(落ちやすい)ので、慎重に触るようにしましょう。

②着色が終わったら、グルーガンで丸太と松ぼっくりを接着します。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

くっつけるとこのようなかたちになります。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

③松ぼっくりの部分に飾りつけをしていきます。今回は100均で購入した「デコレーションボール」というふわふわした手芸用品を使用しました。押し込むだけで松かさの間にうまく挟まってくれます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

接着剤が不要なため、3歳児も安心安全で飾り付けが出来ます。色ごとにケースに分けてあげると、子供は作業がしやすいでしょう。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

グルーガンが使える年齢のお子さんであれば、デコレーションボールの他に、ビーズなどをつけるのもおすすめです。

工作のポイント

笠がしっかりひらいているものを選びましょう。小さな子供が全部一人で作るのは少し難しいかもしれません。今回のように色塗りは子供、グルーガン接着は大人、などとパートを分けて作るのが無難です。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.