関西近郊で初心者でも登りやすい山を探している、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、登山歷3年の筆者が初心者でも比較的登りやすい山をご紹介します。標高の低い順に紹介しますので、ご自身の体力にあった登山計画の参考にしてください。

①(兵庫県)馬の背は圧巻の景色!須磨アルプス【標高:横尾山山頂312m】

画像: (筆者撮影:須磨アルプス「馬の背」)

(筆者撮影:須磨アルプス「馬の背」)

六甲山系の旗振山(はたふりやま、253m)、鉄拐山(てっかいさん、234m)、栂尾山(とがおやま/つがおやま、274m)、横尾山(よこおやま、312.1m)、東山(ひがしやま/とうざん、253m)を総称して須磨アルプスと呼んでいます。なぜアルプスと呼ばれているのかというと、『馬の背』という岩稜帯があるためです。

神戸の街の中にゴツゴツとした岩場が見られ、ちょっとしたスリルを味わうことができます。須磨浦公園駅から板宿駅まで抜けるコースは、手軽にミニ縦走した気分を感じられるはずです。標高差も300mほどですので、初心者にもハイキング気分で楽しめる山です。

最寄り駅:須磨浦公園駅

②(京都府)火床から京都の街を一望できる大文字山【標高:456m】

画像: (筆者撮影:火床から京都市内を一望)

(筆者撮影:火床から京都市内を一望)

『五山の送り火』で知られる、大文字山(だいもんじやま)。コースは『銀閣寺から登るルート』と『蹴上駅から登るルート』がありますが、銀閣寺から登るのがおすすめ。銀閣寺側から登ると、京都の街が見渡せる火床まで、30分で登ることができます。

一方、蹴上駅から登ると、開運・厄除けの効果があるパワースポット『天の岩戸(あめのいわと、あまのいわと)』までの距離が近いです。標高差は約500mとそれほど登りがきつい山ではないため、体力に自信がないという方にもおすすめできる山です。

最寄駅:蹴上駅
バス停:銀閣寺前バス停

③(滋賀県・京都府)日本三大霊山の一つ!比叡山【標高:848m】

画像: (筆者撮影:京都市内を見渡せる)

(筆者撮影:京都市内を見渡せる)

比叡山(ひえいざん)は、和歌山県の高野山、青森県の恐山と並ぶ日本三大霊山の一つです。京都市街の美しい景色が眺められるのはもちろん、世界文化遺産である延暦寺の諸堂も見られるのでおすすめ。比叡山坂本駅、八瀬比叡山口駅からケーブルカーでアクセス可能です。

最寄り駅:比叡山坂本駅、八瀬比叡山口駅

④(大阪府)大阪湾から六甲山まで一望!岩湧山【標高:897m】

画像: (筆者撮影:山頂からみる岩湧山の稜線)

(筆者撮影:山頂からみる岩湧山の稜線)

金剛生駒国定公園内に位置する山のひとつ、岩湧山(いわわきさん)。かつて茅葺民家が一般的だった頃、ススキの採取場所だったこともあり、秋には一面のススキを見ることができます。また、紀見峠駅から登山口まで簡単にアクセス可能。登山口まで公共交通機関でアクセスしたいという方にもおすすめの山です。

最寄り駅:紀見峠駅
バス停:滝畑ダムバス停

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.