静岡県富士宮市の朝霧高原にある「田貫湖キャンプ場」は、富士山と田貫湖の雄大な自然を味わうことのできるキャンプ場です。なんと言ってもテントサイトからの眺めがよく、気象条件が合えば富士山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」を拝むこともできるんです。今回はそんな「田貫湖キャンプ場」の特徴やおすすめポイントなどを詳しく紹介していきたいと思います!

「田貫湖キャンプ場」の特徴

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

「田貫湖キャンプ場」は開放感のある芝生のフリーサイトになっていて、宿泊者用の「南側テントサイト」デイキャンプ用の「北側デイキャンプサイト」の2つに場内は大きく分かれています。

「南側テントサイト」ではテント約300張を張ることが可能で、ゆったりと湖畔や富士山を眺めながらキャンプを楽しめます。テントサイトの真ん中にある田貫湖では、ボートや魚釣りで遊ぶことも

「北側デイキャンプサイト」ではBBQコンロセットの貸し出しなどもあり、雄大な富士山を眺めながら日帰りバーベキューを満喫できます。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

自然が豊富な「田貫湖キャンプ場」では珍しい野鳥やホタルの観賞を楽しむことができます。

また、田貫湖の周りを一周することのできるサイクリングロードも整備されているので、自然を満喫しながら体を動かせるのも魅力。

近隣には道の駅や牧場など観光スポットも点在しているので、レジャーにも困ることはありません。

南側テントサイトから徒歩15分ほどの場所にある「休暇村富士」で日帰り温泉に入浴するのもおすすめです。

「田貫湖キャンプ場」おすすめポイント

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

富士山の麓に位置し、目の前に湖がある「田貫湖キャンプ場」。タイミングや天候などの条件によっては「ダブルダイヤモンド富士」という、湖面に映った富士山頂に昇る朝日を拝めることも…!

「ダブルダイヤモンド富士」が見られるのは、毎年4月20日・8月20日の前後1週間の午前6時頃です。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

毎年12月に行わている「田貫湖まつり」では、ロックフェスやグルメ、花火など様々な催しを開催。

先着150組限定でキャンプもできるようなので、冬キャンプをしながらイベントも楽しめる贅沢な時間を味わってみてはいかがでしょうか。

帰りには「まかいの牧場」や「富士ミルクランド」といった牧場系のレストラン・テーマパークなどに立ち寄ってみるのもおすすめですよ!

「田貫湖キャンプ場」利用者の声

画像4: 編集部撮影

編集部撮影

「ドドン!と大きな富士山と湖の大絶景が目の前に広がり、思わず見惚れてしまう大変美しいキャンプ場です。「逆さ富士」と呼ばれる、静かな湖面に鏡のように映し出される富士山を見に、朝早く起きてカメラを構えたところ、とても綺麗な写真が撮れました。美しい自然に溶け込むように、ゆったりとしたキャンプを好む方には、もってこいのキャンプ場だと思います。」

(キャンプ歴:10年、訪問時期:8月、誰と:友人と)

画像5: 編集部撮影

編集部撮影

富士山と湖の両方を味わえる「田貫湖キャンプ場」はトイレやシャワー、炊事棟など設備も整っているので、キャンプ初心者の方でも安心してキャンプを楽しむことが可能です。

完全予約制ではありますが、フリーサイトになっているので、眺めのいい場所にテントを張りたい方は朝は早めの出発をおすすめします!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.