ファミリーキャンプサポーターの安井直子です。先日お伝えしたキャンピングカーレンタルの【準備編】に続き、今日は、子どもたち3人と実際にキャンプに行った時の様子をご紹介します。何時に出発するの?遊びは?ご飯は?アクティビティは?実際にご自宅からの旅をイメージしながらお読みください!

▼準備編を読んでいない方はこちら

いざ、キャンピングカーレンタル開始!

10:00 レンタルステーション着

キャンピングカーのレンタル会社は、郊外にレンタルステーションを置いているところがほとんどです。今回は、キャンプ場からの距離を考え、マクレント社の平塚ステーションでキャンピングカーを借りて、キャンプに向かうことにしました。

画像: レンタルステーションにて:父撮影

レンタルステーションにて:父撮影

手続きや車内設備の説明、荷物の積み替えなどを行います。私の場合は比較的スムーズに手続きが済みましたが、場合によっては1時間程度かかることもあるそうですので、余裕を持って旅の計画をしておいてくださいね。あきる野市大岳キャンプ場を目指して、いざ出発!

大岳キャンプ場
http://otakecamp.web.fc2.com
042-596-4201 (9:00〜17:00 木曜定休)
フリーサイト:砂利

※途中、道幅の狭い場所があります。利用可能なキャンピングカーのサイズ等は、お電話でご確認ください。

10:30-13:00 ドキドキ運転・子どもワイワイ

画像: 興奮していて、ちっともおとなしく撮らせてくれない子ども達:車内にて:母撮影

興奮していて、ちっともおとなしく撮らせてくれない子ども達:車内にて:母撮影

初めてのキャンピングカーの運転に緊張する大人達とは対照的に、ちょっと興奮気味な子ども達。八王子JCTの手前で1時間以上の渋滞にあいましたが、近場のキャンプ場を選んでいたので安心。チェックイン時刻にさほど遅れることなく到着し、無事にキャンプ場でお昼ご飯です。

画像: お昼は手抜きのカップラーメン:社内にて:母撮影 ※車内でガスコンロを使用の際には、換気にご注意ください。

お昼は手抜きのカップラーメン:社内にて:母撮影
※車内でガスコンロを使用の際には、換気にご注意ください。

13:30 とりあえず遊ぶ

画像: サイト前で遊ぶ:大岳キャンプ場にて:母撮影

サイト前で遊ぶ:大岳キャンプ場にて:母撮影

15:00 大岳鍾乳洞へ

画像: 鍾乳洞まで散歩中。途中には小さな滝もあり、のんびり歩けます:母撮影

鍾乳洞まで散歩中。途中には小さな滝もあり、のんびり歩けます:母撮影

大岳鍾乳洞の入り口まではキャンプ場から300m程度。家族で散歩がてらのんびり歩くのも楽しい道中でした。受付でヘルメットを借りて中に入ります。(大人600円・小中学生400円・幼児200円)

画像: 大岳鍾乳洞にて:父撮影

大岳鍾乳洞にて:父撮影

全長300mの洞窟を探検します。「鍾乳石をゆっくり鑑賞しながら進む」というよりも、屈んだり・登ったり・下りたり、大人には少しキツイ冒険感のある鍾乳洞。初体験の空間に、子ども達は大興奮でした。

16:30 焚き火で、ひと休み

画像: 焚き火をおこす母と、こっそり撮影する娘:サイトにて:父撮影

焚き火をおこす母と、こっそり撮影する娘:サイトにて:父撮影

山の日暮れは早いので、空気が冷たくなってきました。とりあえず焚き火をつけ、珈琲片手にひと休みです。

どうしても焚き火がしたくて、椅子と焚き火台・不燃シート・サイドテーブルをキャンピングカーに積み込んで持ってきました。

画像: 上段のベット(収納時の様子):息子撮影

上段のベット(収納時の様子):息子撮影

寝袋や着替えなど比較的軽い荷物は、運転席上のベットコーナーに積んでおけるのですが、落ちてきたら危険な重さのあるギアは、子ども達の足元の床に積んで移動するしかありません。雨の可能性があるときにはタープも必要になりますし…こういう時には、軽量&小型のキャンプギアが便利ですね。

18:00 夕飯はカレー鍋

画像: 狭いスペースで調理するのは大変でした:母撮影 ※車内でガスコンロを使用の際には、換気にご注意ください。

狭いスペースで調理するのは大変でした:母撮影
※車内でガスコンロを使用の際には、換気にご注意ください。

最小限の調理器具で済ませたかったので、夕飯は鍋にしました。下ゆでのいらない麺を入れて、締めはカレーうどんです。備え付けの机は、長男でも少し高かったようで、次男は椅子に板を置いて、そこで食べていました。

画像: 次男の食事風景(朝食の様子より):娘撮影

次男の食事風景(朝食の様子より):娘撮影

19:00 星を見つつ、焚き火でデザート!?

画像: 父撮影

父撮影

食後の洗い物を済ませたら、再び焚き火タイムに突入です。オヤツにウィンナーを焼いていた子ども達。今度はデザートに焼き芋を作るとのことで、3人でワイワイ作り始めました。食べては遊び、食べては遊び…。子ども達の食欲は底なしです(笑)

画像: 周囲に民家の明かりがないので、星がたくさん見えました。:父撮影

周囲に民家の明かりがないので、星がたくさん見えました。:父撮影

20:30 子ども達は就寝へ

下の子に合わせて21時には寝るべく、支度を開始します。車内の準備&着替えは、長女を中心として全て子ども達にお任せです。21時頃にチェックに行くと…、3人仲良く上の段に寝ていました。
2段あったら、やはり上の段に寝てみたいんですね(笑)

画像: 上段のベットで眠る子ども達:母撮影

上段のベットで眠る子ども達:母撮影

22:00 大人も就寝

もう少し星を眺め、私達も車内に入りました。雨予報なら、椅子や机などを車内にしまわなければいけませんが、この日は幸い降水確率0%。夜露対策だけ施して、私達も眠りにつきました。川の音で人の声も感じず、とても静かな夜でした。

画像: 22:00 大人も就寝

走行よりも不安なのは、駐車!

レンタルステーションを出てからキャンプ場に着くまで、車を停めたのは1回だけ。それも、トイレ休憩で仕方なく停めただけでした。

今回レンタルした車両の車幅感は、家の乗用車とそんなに変わりません。ですので、走行はさほど緊張しないのですが、駐車場に停めようとする時にはドキドキの連続。普段はほとんど気にする必要のない、バス停の屋根や街路樹の枝にも注意を払わなければいけません。
帰る頃には少し慣れてきましたが、それでも、なるべく広い駐車スペースを探して停めていました。

画像: 走行よりも不安なのは、駐車!

お昼にキャンプ場に着いたこともあり、この記事は17時には日が暮れるので1日目はあっという間に過ぎて行きました。2日目もお天気に恵まれて、お土産を買ったり温泉に寄ったりと、のんびりとしたキャンピングカー旅が続きます。<続きは行程編2をご覧ください>

画像: 冬におすすめ!家族で初めてのキャンピングカーレンタル!【行程編その1】

【今回レンタルした車両はこちら!】

ライトキャブコン:コンフォートスタンダード
乗車定員6名 就寝定員6名

<お問合せ>
マクレント キャンピングカーレンタル
0463-75-9945
https://mcrent-japan.com/ 

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.