こんにちは、みーこパパです。キャプテンスタッグさんへの突撃取材、後編です。前編ではブランドの発祥から現在の戦略まで伺ってきましたが、後編では注目のキャンプギア新商品の情報を中心にご紹介していきたいと思います。少々長文ですが、キャプテンスタッグのショールームを周る疑似体験をお楽しみください!

▼前編を読んでいない方はこちらから!

キャプテンスタッグのテント新製品

スクリーン ツールームドームテント モンテ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

テント新商品、まずは「モンテ スクリーンツールームドームテント」。全周スカート付きのオールシーズン対応テントです。記事執筆時点での市場価格は4万円前後と、ツールームテントとしては破格値なのですが、決して手頃さだけが売りの商品ではございません。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

屋台骨となるフレームにはクロスポールを採用し、風に対しての強度を確保。インナーテントは270cm四方、大人なら4人が並んで寝られます。子供が小さければ5~6人。リビング側も約280cm四方で、同程度の広さがあります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

リビング側はほぼフルメッシュになり、スクリーンテントとして使用可能。夏の暑い時期に、虫を防ぎながら風を通します。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

やはり寝室側まで覆う全周スカートの存在が大きいですね。エントリークラスのツールームテントでは、省かれていることが多いです。サイドパネルも跳ね上げ可能で、リビングの延長が可能です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

私が一番驚いたのは収納サイズで、なんと70×20×20cm。普通のドームテントと変わりません。重さは16kg。ツールームテントとしては超コンパクトです。

車への積載の問題、あるいは価格面でツールームテントを諦めていたファミリーキャンパーに是非!

耐水圧1,000mmと一見低めのスペックに見えますが、結露しにくい通気性と収納サイズ、重さのバランスを取った結果です。特にスカート付きで気密性が上がると、結露も多くなりますからね。

画像1: キャプテンスタッグの本拠地・新潟へ突撃取材!【後編】~注目キャンプギアの新商品情報!
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント スクリーン ツールームドームテント [5-6人用] 【サイズ280×620×H190cm】 PU加工 グラスファイバー製ポール採用 キャリーバッグ付き モンテ UA-44
製品サイズ:(約)280×620×H190cm
パッキングサイズ:(約)70×20×20cm
製品重量:(約)16kg
材質:フライ/ポリエステル70D(PU1,000mm)、メッシュ/ポリエステル1mmメッシュ、インナーテント/ウォール=ポリエステル70D(通気性撥水加工)・グランドシート=ポリエステル150D(PU1,000mm)、ポール/Φ11.2mmグラスファイバー・Φ12.7mmグラスファイバー
付属品:ペグ×26本、ガイドロープ(長)×10本、ガイドロープ(短)2本、ハンマー×1本、ペグ用収納袋×1枚、ポール用収納袋×1枚、キャリーバッグ×1枚
原産国:中国
¥ 38,034
2019-11-20 17:18

CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン460UV

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

続いてはこちら、「CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン460UV」。大型のワンポールテント、オクタゴン460UVを進化させたデラックス版です。

出入り口にフレームが入ることで、出入りの快適性と居住性が向上しました。

中も広々、約10.7畳。家具を置いてのグランピングも可能です。壁面に40cmの垂直立ち上がりがあるので、ティピ型ではなくベル型テントと言っていいですね。この立ち上がりがあるおかげで、隅まで空間を活用できます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

さらに左側にインナーテントが吊られています。このインナーテント、オプション品では無く付属します。着替えの際など、仲良しの友達や家族間でもプライバシーを確保したい時ってありますよね。インナーテントがあれば安心です。

キャンプ中は寝具などが散らかりがちですので、まとめてインナーに突っ込んでおけば見栄えも良いです。もちろん広大なワンルームとして使うのもアリですよ。

フロアはジッパーで外せますので、靴を履いたまま過ごすスタイルも可能。この広さで実売価格が10万円を切るのは驚きです。

画像2: キャプテンスタッグの本拠地・新潟へ突撃取材!【後編】~注目キャンプギアの新商品情報!
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) テント ワンポールテント DXオクタゴン 460UV 【サイズ460×460×H300cm】 UV・PU加工 キャリーバッグ付き CSクラシックス UA-47
製品サイズ:(約)460×460×高さ300cm
パッキングサイズ:(約)77×35×35cm
製品重量:(約)17kg
材質:幕体/ウォール=ポリエステルリップストップ210T(PU2.000mm)、メッシュ=ポリエステルノーシームメッシュ、フロア=ポリエステルOXF210D(PU3.000mm)、インナー/ウォール=ポリエステル(通気性撥水加工)、メッシュ=ポリエステルノーシームメッシュ、フロア=ポリエステルOXF150D(PU2.000mm)、ポール/スチール(粉体塗装)
付属品:ガイドロープYタイプ8本・(短)4本、アルミペグ32本、ハンマー1本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋...
¥ 74,800
2019-11-20 17:23

CSクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン400UV

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

460より一回り小さい、「DXオクタゴン400UV」もラインナップ。小さいとは言え約8畳あります。こちらもインナーが付属しますので、使用人数に応じて選んでください。

着脱可能なフロアシートなど、機能はDXオクタゴン460UVと同等です。

画像3: キャプテンスタッグの本拠地・新潟へ突撃取材!【後編】~注目キャンプギアの新商品情報!
【グランドシート付】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)Sクラシックス ワンポールテント DXオクタゴン400UV (3人用)(UA-46+UA-4528)
★ キャプテンスタッグ UA-0046 CSクラシックス DXオクタゴン400UVとグランドシートのセット
●UA-0046 CSクラシックス DXオクタゴン400UV [UA-46]
大人数で使える8角形の大型ワンポールテントです。
前後に大型の出入口を採用することで、広い室内空間を確保。出入口の大型メッシュパネルは通気性に優れ、テント内で快適に過ごせます。
4箇所にベンチレーションを装備しています。
フロアシートはファスナーで着脱が可能です。
左右どちらでも取り付け可能なインナーテントも付属しています。テント内にプライベートな空間ができます。
フロア窓から空気を取り込み天井のベンチレ...
¥ 71,093
2019-11-20 17:28

トレッカー ソロテントUV

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

ファミリー用だけではなく、ソロ用の軽量テントもございます。「トレッカーソロテントUV」、A型アルミフレームを採用し耐候性の高いモデルです。現行商品のホワイトに加え、上の写真のグリーンが来年発売となります。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

インナー奥行は100cm、靴置きスペース有り、耐水圧2000mm、リップストップ生地、ペグなどを含まない本体重量は2kgを切って1.99kg。徒歩キャンパーでも使えるスペックと言えますね。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

海外製の山岳用ソロテントはメッシュが閉められないものが多いですが、こちらは全閉可能です。寒い時やフライシートが結露している時は閉めたくなるので、個人的には閉められる仕様の方が好きです。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.