こんにちは! 一年で一番楽しい季節は冬! というくにぱぐです。いよいよ冬も近くなり、テントに籠ってストーブで温まるキャンプが楽しみ! という方も多いのではないでしょうか? ストーブを使う時は、煮込み料理をやるとさらに楽しいです。今回紹介するビーフシチューもそんな煮込み料理の1つです。ルーもデミグラスソースも使わない本格派ですが、意外にカンタン。しかもコトコト煮込むことでびっくりするほど美味しいディナーになりますよ!

ストーブで料理するならビーフシチューがおすすめ! キャンプ場でも意外と簡単に作れる

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

冬キャンプ楽しいですよね。私はサーカスコットンというワンポールテントを持っているのですが、このテントに籠り、朝から晩まで薪ストーブでずっと遊ぶソロキャンプが大好きです。

ストーブ(薪ストーブ、もしくは灯油ストーブ)を使ったキャンプでは、その火力を利用し、料理を行うとより楽しいですね。

今回は、そうした冬用メニューの中から、ビーフシチューをご紹介します。なんとルーもデミグラスソースも使わない本格派です。

ストーブが無くても炭火やガスコンロでも作れる! キャンプ前の仕込みも時間がかかるけど簡単

キャンプ前日から仕込む必要があり、時間はかかりますが結構簡単ですし、じっくり煮込むことで、笑っちゃうほど美味しくなります。炭火やガスコンロでも調理可能ですので、ストーブをお持ちでない方も是非参考になさってください。

筆者撮影

食材(4人前)

  • 牛すね肉 …350g
     ※なければモモ肉やバラ肉でも可。
  • タマネギ …小2個
  • セロリ …1本
  • ニンジン …1/2本
  • ジャガイモ …中1個
  • ホールトマト …1缶
  • ブラウンマッシュルーム …大4個
  • 赤ワイン …500ml
  • ブイヨン …2個
  • 塩 …適量
  • ローリエ …2~3枚
  • 強力粉 …50グラム
  • バター …50グラム

筆者撮影

必要な道具

  • シチューを煮込むダッチオーブン、もしくは鍋
  • ルーを作る小さな鍋
  • お玉
  • ゴムべら
  • 包丁、まな板
  • ジップロック(Lサイズ)
  • ストーブ、もしくはコンロ、および燃料(ストーブならゴトクも)

牛肉や野菜を切ってワインに漬け込んだら仕込み完了! 2〜3日前から漬け始めるとさらに美味しい!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

1)
まず、調理はキャンプ前日、できれば2~3日前に下処理を行います。最悪出発の朝には終えてください。面倒なようにも聞こえますが、早くやっておけば現地での作業は減りますし、確実に美味しくなります。

そのやるべき下処理ですが、まずは牛肉を一口サイズにカットします。合わせて、タマネギは薄切り、セロリはみじん切り(葉の部分は使わない)、ジャガイモ、ニンジンも皮をむいて食べやすい大きさに切ってしまいましょう。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

2)
カットした肉類と野菜類をジップロックに入れて、赤ワイン(すべて)をそこに注ぎ、密封します。空気はなるべく入れないようにしてください。大きな鍋などに水を張って、そこにジップロックをある程度沈めながらチャックを閉めるとかなり空気が抜けます。

この状態で冷蔵し、ワインがまんべんなく行き渡るようたまにひっくり返しながら冷蔵します。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

3)
赤ワインが浸透した食材がこちらです。キャンプに赴く際は、他の食材と一緒にクーラーボックスに詰めておきましょう。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.