バーベキューやキャンプでの火起こしは、正しい炭選びが大切です。着火しやすいけれども燃焼時間が短いもの、着火しにくいけれども火が長持ちするものなど、それぞれ特長があります。今回は、炭の選び方についてくわしくご紹介します。

バーベキューやキャンプで使える炭の種類・特徴 黒炭は火はつきやすいが、持ちが良くない!

炭はいくつかのタイプに分かれており、ものによって火のつきやすさや煙の量などが違います。燃え尽きるまでの時間や価格も変わってくるので、まずはそれぞれの特長を知っておくといいでしょう。

バーベキューやキャンプに適した炭には、以下のものが挙げられます。

  • 黒炭
  • 白炭
  • 成形炭・オガ炭

これらの特長をカテゴリーごとにまとめたので、どれにするか決める際は参考にしてください。

黒炭

黒っぽい色をした炭で、慣れていない人でも試しやすい標準的な木炭です。長所は火のつきやすさが挙げられます。一方で火をつけたときに煙がやや多く出るのと、火がついている時間が短めなのがデメリットです。

黒炭の中には、輸入したマングローブ炭と呼ばれるものも存在します。国産のアイテムよりも、価格が抑えられているのが特長です。ただし、炭のサイズはそろっていないものが多いので、炭を組むときに少し大変なことと、火の持ちが悪いことがデメリットです。国産のものでは、ならくぬぎを炭にしたものが高品質で人気です。

白炭

白炭は、名前の通り白っぽい見た目をしており、ウバメガシなどが原材料。備長炭はこのカテゴリーに該当します。火持ちがほかのものに比べて抜群にいい一方で、火をつけるのが大変だったりと扱いにクセがあります。また、煙の量が少ないのもポイント。火起こしに慣れた中級者~上級者向きの炭でしょう。

成形炭(成型炭)・オガ炭

オガクズなどを集めて固め、形を成形している炭です。特徴は商品によりますが、全般的に形が均一で扱いやすいのがポイント。火力が安定するのもメリットです。

画像: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

バーベキューやキャンプに最適な炭の選び方 黒炭・成形炭・オガ炭を選ぶのが初心者におすすめ

バーベキューやキャンプと一言でいっても、楽しみ方は人それぞれ。簡単に調理できる食材を使うのか、じっくり火を囲んで楽しむのかも違います。炭も火がつきやすいものや途中で火が消えやすいものなどアイテムごとに違うため、これらの点も考慮して選択するようにしましょう。

とくにこだわりがないなら黒炭や成形炭・オガ炭がオススメ

用いる炭にこだわりがなく、火起こしに慣れていないなら黒炭や成形炭・オガ炭がオススメです。比較的使いやすいので、初めて触る人にも最適でしょう。

国産のならやくぬぎなどが原材料の黒炭は少し値段が高いものの、基本的には購入しやすい価格帯にアイテムがそろっているというのは、いきなり高いものを試すのに抵抗がある人には魅力的です。

画像: とくにこだわりがないなら黒炭や成形炭・オガ炭がオススメ

ここからは、おすすめの炭を3つご紹介します。

すぐに火がつき、煙や灰が少なく使いやすい 最高320度と火力もあり調理に向いているのも嬉しい

1.Weber(ウェーバー)・Weberブリケット(炭) 5kg

ココナッツシェルが原材料になっている成形炭で、煙や灰も少なく、火も簡単につけられるのが特長です。炭は防水加工されたバッグに入っているので、急な天候変化にも対処しやすいですね。火力が最高320度と高いので、食材にもあっという間に火が通り、焼き目をつけるのも簡単です。

画像1: 炭の種類や使い分け方を解説! バーベキューの火起こしは炭選びがポイント
ウェーバー(Weber) バーベキュー コンロ 安心,安全BBQ チャコールブリケット(炭)5㎏ 人,環境,食材に優しい100%自然素材 【日本正規品】 17651
weberの炭で誰でもパーフェクトなグリルが体験出来る理由
100%オーガニック原材料:良質な天然ココナッツの殻で作られており、硫黄や化学薬品は一切不使用。食材に薬品の臭いが移らない。
丸い形の炭:均一な形によって長時間高温で安定した燃焼を可能にし、焼きムラの少ない調理が出来ます。<br>点火が早くて均一な温度を保つため、初心者にとっても使いやすいです。<br>BBQコアファンにも人気のスネイク・メソッドに最適な炭です。
¥ 1,690
2019-11-09 11:37
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.