登山では、草花や生き物の写真を撮ったり、頂上での食事(頂上メシ)を楽しんだりする方も多いですが、コーヒーを手間隙かけ、淹れて飲むこだわり屋さんもたくさん見受けられます。そこで今回は、登山で楽しむ「山コーヒー」! 初心者の為に揃えるおすすめグッズをご紹介します。山の上でコーヒーを淹れる贅沢な楽しみを経験してみませんか?

登山で楽しむ山コーヒーの魅力

画像1: 登山で楽しむ山コーヒーの魅力

山コーヒーは少しの道具でできる登山での楽しみのひとつです。挽きたての粉で淹れるとコーヒーの粉がドリッパーの中でふっくらと膨らんでよい香りが広がります。普段はコーヒーメーカーで淹れてしまうという方も、登山の時は自分でハンドドリップしてみませんか?

ふもとよりも少し気温の低い山で淹れたてのコーヒーを飲むと、体も暖まりリラックスできるのでおすすめです。場所によっては湧水や清流から水を汲んでコーヒーを淹れることもできるでしょう。

コーヒーに含まれるカフェインは、運動能力を向上させるとも言われています。インスタントコーヒーでももちろんおいしいのですが、少しの甘いものと一緒にじっくり淹れたコーヒーを楽しむことで、充実した時間と帰り道の英気を養いましょう。お手洗いの心配も出てくるので飲み過ぎには注意が必要です。

画像2: 登山で楽しむ山コーヒーの魅力

豆を挽くコーヒーミルはコンパクトで機能性の高いものがおすすめ

パール金属コーヒーミル セラミック刃 ハンディータイプ Sサイズ

山コーヒーはドリップから始めてもいいですが、できれば豆を挽いてその香りを感じるところから楽しみたいものです。パール金属から販売されているハンディータイプのコーヒーミルなら、運ぶ際にハンドルを外すことができます。スリムなフォルムで持ち運びにぴったりです。

また、豆を挽く刃の部分もセラミックでできており、分解して洗浄できるのも扱いやすいのでおすすめですよ。セラミック刃は金属に比べて熱を持たず、挽いた豆に金属臭がうつらないことも嬉しい点です。収納に困らないので、普段使いにもできそうですね。

山へ持っていくときは、出発の前に挽く予定の豆をミルの中に入れてしまえば、山についてからもすぐに豆が挽けて、持ち運びもよりコンパクトになります。

画像1: こだわり派~初心者まで 登山で楽しむ『山コーヒー』!美味しく淹れるおすすめグッズ紹介
パール金属(PEARL METAL) キャプテンスタッグ 日本製 コーヒーミル セラミック刃 ハンディータイプ Sサイズ 18-8 ステンレス製 UW-3501
製品サイズ:(約)本体/Φ46×高さ135mm、ハンドル/28×113×高さ35mm
材質:フタ・容器/18-8ステンレス<br>本体/18-8ステンレス・ポリプロピレン(耐熱温度100度)<br>ポリアセタール(耐熱温度100度)・ステンレス・鉄(ユニクロめっき)<br>ハンドル/ステンレス(耐熱温度100度)・ポリプロピレン(耐熱温度100度)・刃部/セラミック磁器
生産国:日本
重量(約):219g
容器容量(約):120ml
豆容量(約):17g(本体に入る焙煎豆の量)
¥ 3,980
2019-12-24 17:20

コーヒードリッパーも小さく収納できるものを!スタンドは手作りでもOK!

ユニフレーム コーヒーバネット cute(キュート)

山コーヒー用のコンパクトなドリッパーは様々なタイプがあります。おいしく淹れられるものというよりは、扱いやすいものを選ぶことがおすすめです。

ユニフレームから発売されているドリッパーは、収納ケースから取り出すとバネのようにドリッパーの形に起き上がり、フィルターをセットするタイプのものです。清潔を保ちやすく、組み立てなども不要で扱いやすいので、これからドリッパーを購入したいという方におすすめです。

収納ケースにはフィルターを一緒に収納できます。フィルターを忘れてコーヒーが飲めなかった…なんて失敗も少なくなりますよ。

ドリッパーは直接カップにセットしても使うことができますが、不安定で淹れたコーヒーの量がわかりにくいこともあります。その場合は、ドリッパーをスタンドにセットして使うのもおすすめです。

スタンド持参ですと荷物がひとつ増えるので、登山の場合は持ち物リストから省きたくなりますが、安定してコーヒーを淹れることができるため、リュックに引っ掛けて持参できるようにするなど工夫してみたいものです。

画像2: こだわり派~初心者まで 登山で楽しむ『山コーヒー』!美味しく淹れるおすすめグッズ紹介
ユニフレーム UNIFLAME コーヒーバネット cute(キュート) 664025
薄くコンパクトに収納できる本格ドリッパー。 ■使用フィルター:2人用●薄くコンパクトに収納できる本格ドリッパー。●爽やかな朝に夕暮れのひとときに手軽に極上の一杯を愉しめます。●2人用のスモールサイズ
¥ 1,936
2019-12-24 17:21

カップはお気に入りのものを選んでみたい!筆者イチオシは〝ククサ〟

登山上級者の方は、カップも紙コップやシェラカップなどのコンパクトなものを選ぶという方も多いかもしれませんが、筆者のおすすめはククサ(Kuksa)。

ククサは北欧の厳しい自然で育った白樺のコブを削って作る手作りマグカップ。もちろんですが…北欧メーカーから完成品として販売されているものから、自分で作れるキットが販売されていたり、ワークショップが開催されていたり、大変人気のある木製のマグカップです。

表面はウレタン塗装などがされておらず、ミツロウやオイルで仕上げられています。購入後も自らオイル塗布をしながら使用する必要があり、手がかかるカップですがその分、オイルがしみ込んで色が変わったカップには愛着がわき、大切に使いたいと思わせてくれます。

本来の白樺を使ったもの以外に、香りよく加工しやすい日本製のヒノキを使ったものや、名前やメッセージを刻印してくれるサービスを行なっているショップも。

自分用だけでなく、プレゼントにするのもおすすめの一品です。手作りのマグカップで楽しむ山コーヒーなんて憧れますね。

画像3: こだわり派~初心者まで 登山で楽しむ『山コーヒー』!美味しく淹れるおすすめグッズ紹介
Retki(レトキ) Kuksa ククサ 北欧 フィンランド 木製 マグカップ / レギュラーサイズ 140ml 【正規輸入品】 (絵柄なし)
✅【 歴史のある北欧メーカー製 】 Retkiはフィンランドの長い歴史を誇る人気アウトドアメーカー。Retkiの正規輸入品です。「日本正規代理店 bloom」の安心の一年保証付き。
✅【 こだわりの北欧デザイン  】 木のぬくもり、木の風合いを感じる愛らしいデザイン。お部屋のアクセント、インテリアにも。使えば使うほど味が出る木製マグカップ。
✅【 幸せになる木のカップ   】 ククサをプレゼントされた人は幸せになると言われています。大切な人へのプレゼントに。ククサ カップ 木製(オーク材/oak) 約14.5×8×6cm 170g
✅【 便利な皮ひも&カラビナ付 】 アウトドアやキャンプ...
¥ 2,580
2019-12-24 17:28
画像4: こだわり派~初心者まで 登山で楽しむ『山コーヒー』!美味しく淹れるおすすめグッズ紹介
KYO-KUKSA Atype 自分で作る世界にひとつのククサ【ククサキット】
【KYO-KUKSAの話】サーメ人の素敵な伝統にインスパイアされて誕生したのがKYO-KUKUSAです。あえて完成品ではお届けせずに自分の手で仕上げられるようにキット提供としました。KYO-KUKUSAの材料であるヒノキは京都府北部の山々や森で育てられたものです。戦時中に伐採しつくされた山々を取り戻そうと私たちの先人が何百という苗木を担ぎ、来る日も来る日も植林してくれたおかげで現在の豊かな森があります。奥京都の森には成熟したヒノキが多くありその本玉と呼ばれる根元に近い部分でククサキットを製作しています。 【説明】持ち手の部分もカットされているのでノコギリや糸ノコを使わなくても作れます。 ...
¥ 3,564
2019-12-24 17:28

コーヒーで贅沢な時間を過ごした後は環境に配慮してゴミは持ち帰ろう!

画像: コーヒーで贅沢な時間を過ごした後は環境に配慮してゴミは持ち帰ろう!

登山をして、景色を楽しみながらコーヒーを飲む時間は最高に贅沢なものです。おいしいコーヒーを淹れるためには、粉の量やお湯の温度など諸説ありますが、山コーヒーの場合は細かいことは考えず、とにかく淹れてみるのがおすすめです。

山でコーヒーを楽しむ場合は紹介したミル、ドリッパー、カップの他にお湯を沸かすバーナーとコッヘル、ペーパーフィルターがあると良いでしょう。コーヒー豆や水も忘れてはいけませんね。コーヒーを淹れた後のペーパーフィルターやコーヒーの粉はまとめて持ち帰りましょう。

飲み残しも捨てずに拭き取って環境に配慮することを忘れてはいけません。こだわりの道具でゆっくり淹れる山コーヒーを楽しんでみましょう。

コーヒー関連記事

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.