こんにちは!キャンプ2年生のものづくり大好きイラストレーター・「ハマダアヤノ」です!キャンパー仲間と寒い時期に集まると、「冬キャンプの防寒対策としてストーブは何を選ぶ?」という話題がよく出ます。そこで、冬キャンプにおすすめのストーブと選び方についてご紹介します!

冬キャンプ・ストーブ選びのポイント

冬のキャンプでの気温は、1桁台やマイナスがあたりまえ。その中で、服装だけでの防寒対策には限界があるので、ストーブがあるととても暖かく快適に過ごすことができます。まずは冬キャンプ用のストーブの選び方のポイントについてお伝えします。

※【ストーブ利用にあたってのご注意】
テント内でのストーブなど火器の使用はテントメーカーでは禁止しているため、自己責任でご使用ください。また、テント内で換気をせずにガスストーブを使用すると一酸化炭素中毒で死亡する可能性もございますので、必ず一酸化炭素警報器などの取り付けや、こまめな換気を徹底してご利用ください。

1.ストーブの「熱の伝わり方」をチェック

ストーブ選びで悩むのが「対流型」か「反射型」かというところです。

「対流型」は、筒状の形になっており、温まった空気が上へあがり、対流がおき、ストーブの周りや部屋全体をあたためます。

一方「反射式」ストーブは、長方形の箱型になっており、中央にある燃焼部分の後ろに反射板が設置されています。対流型と異なり、反射板によりストーブの前面に熱が放出されます。

筆者はテント全体を温めたかったので、対流型のストーブを購入しました。

2.持ち運びはできるか

キャンプでのストーブは、車で持ち運ぶことも考慮して、大きさや重さは必ずチェックするようにしておきましょう!大きいストーブを選んだ場合は、キャンプ道具をいくつか減らさないといけなくなったり、重くてキャンプサイトまで運べないとならないように注意しましょう。

3.テントに合うサイズか

ソロや2-3人用テントに大きなストーブを入れてしまうと、暑くなりすぎてしまったり火災などの原因になってしまいます。自分のテントに合う適切な大きさのストーブを選ぶようにしましょう。

「コロナ・SL-6619」ストーブを実際に使用したレビュー

画像1: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

実際に購入した「コロナ」の石油ストーブ「SL-6619」です。こちらを選んだ理由をまとめていこうと思います。

石油ストーブ「コロナ・SL-6619」のおすすめ理由は?

通常自宅で使う場合でも、木造なら17畳まで、コンクリートなら23畳まで温まります。今回は「DOD・カマボコテントミニ」の中で使用したので、充分な暖かさを確保することができました。

また正規品ではないのですが、こちらのストーブの上にゴトクを置くと鍋なども乗せられるので、料理などを温めることができてとても便利です。

※ただし、昔からストーブの上にはやかんなどが置かれていることは多くありますが、正式な使用方法ではないのでこちらも自己責任でお願いします。

画像2: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

石油ストーブ「コロナ・SL-6619」の注意点は?

こちらのストーブの大きさは縦46cm×横46cm×高さ60cmあり、梱包されている段ボールもとても大きいので、持ち運びがとても大変でした。

重さが11.2kgあるので、大きさや重さを考えると、筆者のような女性一人だと運ぶだけでとても苦労します。また筆者が使用している車・プリウスの後部座席1席分が埋まってしまうので、荷物はとてもかさばってしまいます。

【「コロナ・SL-6619」ストーブはこちら】

画像1: 【レビュー】「コロナ」をはじめ、冬キャンプのおすすめストーブと選び方をご紹介
コロナ 石油ストーブ 対流型 (木造17畳まで/コンクリート23畳まで) 耐震自動消化装置付き ホワイト SL-6619(W)
本体サイズ:幅46×奥行46×高さ59.8cm
原産国:日本
暖房出力:6.59kW
暖房の目安:木造17畳まで コンクリート23畳まで
タンク容量:7.0L
燃焼継続時間:10.9時間、燃料消費量:0.640L/h
本体重量(kg):11.2
¥ 15,990
2019-11-01 6:49

「トヨトミ」、「アラジン」のストーブもおすすめ

その他、キャンプ仲間が実際に使用しているストーブのご紹介です。

1.「トヨトミ・レインボー RB-250 W」

画像3: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

キャンパーに大人気の「トヨトミ・レインボー」。ストーブ上部にファンを置くことで、上に上がる温まった空気をテント内に循環することができます。七色のやさしい炎に見た目も癒されますね。ソロ用テントであれば、充分に暖かくなるストーブではないでしょうか。

【「トヨトミ・レインボーRB-250 W」はこちら】

画像2: 【レビュー】「コロナ」をはじめ、冬キャンプのおすすめストーブと選び方をご紹介
TOYOTOMI (トヨトミ) レインボー 対流形石油ストーブ ホワイト RB-250-W
●お部屋全体をムラなく暖めながら、やさしい光で照らします。●電子点火:点火ツマミを回すだけのカンタン一発点火!対流形の電子点火はトヨトミだけ!●七色のやさしい炎:およそ40Wの明るさ※白熱電球相当●ニオイセーブ消火:ニオイの原因である末燃ガスを燃やしきり、ニオイの発生を抑えます。●2重タンク構造:万一の転倒にも油がこぼれにくく安全です。●暖房出力:2.50kW~1.25kW●乾電池別売:単2(4本必要)●寸法(置台を含む)高さ×幅×奥行き(mm):474.5X388X388●質量(Kg):6.2
¥ 18,576
2019-11-01 7:40

2.「アラジン・ポータブルガスストーブ SAG-BF01-R」

画像4: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

こちらもデザインが可愛いと好評なアラジンのガスストーブ。「DOD」の「ライダーズバイクテント」というソロワンタッチテントの前室で使用していましたが、寝室まで暖かさも十分でした。

【「アラジン・ポータブルガスストーブ SAG-BF01-R」はこちら】

画像3: 【レビュー】「コロナ」をはじめ、冬キャンプのおすすめストーブと選び方をご紹介
センゴク・アラジン ガスストーブ レッド SAGBF01-R
サイズ:奥行33.5×幅32×高さ39cm
連続燃焼時間:〔0.8kw〕約260分、〔2.0kw〕約100分
本体重量(kg):5.7
¥ 29,925
2019-11-01 7:46

冬キャンプ用ストーブは「熱の伝わり方」「運びやすさ」「サイズ」が大事

いかがでしたでしょうか?冬キャンプ用ストーブは、「暖かくなること」「テントの大きさに合うこと」「持ち運びが可能かどうか」の点から選ぶと、失敗しにくいのではないでしょうか。
インターネットでも購入できますが、実際に近隣のホームセンターなどで実物が見れるストーブであれば、実物を見て購入したほうが大きさもしっかり確認することができます

ぜひご自身に合ったストーブを見つけてみましょう!

こちらの記事も合わせてどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.