キャンプ芸人のバイキング西村さんが、「ジャンベ」を叩いている姿を見たことがある方も多いと思います。楽器は、キャンプの雰囲気や場を盛り上げてくれる、一種のキャンプギアでもあるんです。今回は、たくさんの楽器の中でも、キャンプにピッタリの楽器「カリンバ」を、100均の材料だけで作る方法をご紹介します!

▼ハピキャンで西村さんがジャンベを叩いた回の潜入レポートはこちらから!▼

カリンバはアフリカの民族楽器!オルゴールに似た美しい音色が特徴 ものによって1万円を超えることも

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

そもそもカリンバがどんな楽器なのか、ご紹介しましょう。

実はカリンバは、アジアン雑貨店などで気軽に目にすることができます。筆者が訪れたアジアン雑貨店では、まさにバイキング西村さんが叩いていたジャンベの上にカリンバが積まれていました。

カリンバはアフリカの民族楽器

画像: カリンバはアフリカの民族楽器

カリンバはもともとアフリカの民族楽器で、木の板、もしくは箱の上に並べられた細長い金属の板を、両手の親指で弾いて演奏します。

親指で演奏することから、別名「サムピアノ(親指のピアノ)」とも呼ばれており、金属板を弾いた音色は非常に美しく、オルゴールのような音を奏でます。
聞いている人を癒やしてくれるような、そんな音色です。

カリンバはどこで・どうやって買える?

もちろん、カリンバを購入することは可能です。チャイハネのようなアジアン雑貨店をはじめ、インターネットで「カリンバ」と検索すればカリンバを取り扱っているショップはたくさん出てきます。

画像1: 100均の材料だけで楽器をDIY!?アウトドアを盛り上げる楽器「カリンバ」を作る
feileng カリンバ 親指ピアノ フリカ楽器  Kalimba 高品質アカシア材 ナチュラルカラー (17キー) 国際標準Cチューン
Kalimba は「親指ピアノ 」とも呼ばれ、伝統的なアフリカの民族楽器です。主に伴奏に使用され 鋼板を使用して音を出したり、使いやすく、小さくて持ち運びが簡単です。 音楽はオルゴールの音に似て、クリアで明るいです。キーの曲げデザインは指の方が適しており、ピアノの演奏はよりスムーズになります。
パッケージ:
1×カリンバの親指ピアノ
1×チューナーハンマー
1×楽譜
2×ステッカー
1×バッグ
1 x 3Mケーブル
¥ 4,389
2019-10-30 10:59

しかし!値段はピンキリで、高いものだと一万円を超えるものもありますので、なかなか気軽に購入することができません。

それでも、「どうしてもキャンプにカリンバを持っていきたい!」という方のために、今回は100均の材料だけでできるカリンバの作り方をご紹介します。

金属板をカラーヘアピンで代用!? 総額500円以下!100均カリンバの材料は4つだけ!

「楽器のDIYって難しそう」と思ったみなさん。大丈夫です。スマホがあれば、楽器は作れてしまうんです。しかも、使用する100均アイテムのお値段は、高くて500円程度ですみます。
これから紹介する材料とスマホがあれば、あなたオリジナルの「カリンバ」が完成です。

安く、簡単に、かつおしゃれにカリンバを作ってみましょう。

材料と工具

では、材料を紹介します。絶対にコレを集めなければダメというわけではありません。「もっとこうしたい!」というこだわりのある方は、100均やホームセンターなどを色々と物色してみてくださいね。

今回用意したのはこちらです。
①桐BOX(セリア)
②カラーヘアピン(ダイソー)×2
③針金(ダイソー)
④竹ひご(セリア)※竹製の割り箸でも可

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

桐BOXを選んだ理由は、音がよく響くためです。大きな音が必要ない方は、普通の板だけでもかまいません。

また、針金や竹ひご(竹製の割り箸可)はご自宅にある方もいると思うので、必須ではありません。※普通の木の割り箸だと柔らか過ぎて音がキレイに響きにくいため、竹製のものがおすすめです。

必要な工具は2つです。
①ペンチ
②キリ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ご自宅になければ、こちらも100均で購入することができます。

カリンバの作り方

では作り方をご紹介します。

まず、竹ひご(割り箸)を、桐BOXの幅に切ります。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

次に、カラーヘアピンの長さを考慮して場所を決めます。ヘアピンが桐BOXからはみ出してしまわない位置に決めましょう。場所が決まったら、桐BOXにキリで穴を2箇所開けます。

筆者撮影

開けた穴に針金を通し、先程切った竹ひごを固定します。※この段階ではまだ軽めに固定してください。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

次に、カラーヘアピンを竹ひごの間に差し込んでいきます。今回は7音のカリンバにしたいので、7本のヘアピンを差し込みます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

カラーヘアピンをたくさん差し込むので、竹ひごの中央部がたわんでしまい、きちんと固定できない場合があります。その場合は、中央のヘアピンの両脇部分も針金でしっかり固定しましょう。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.