キャンピングカー先進国アメリカで、毎年開催される西海岸最大のキャンピングカーの見本市「California RV show」。キャンピングカーを内見できるだけでなく、RVやキャンプについての講義も行わるため、毎年カリフォルニア州だけでなく、アメリカ全土から人が集まる熱気あるイベント。現地に行ってまいりました!

ロサンゼルスで開催された【California RV show 2019】

アメリカはキャンプ天国。広い国土を誇り、海や山だけでなく、砂漠地帯などさまざまな場所でキャンプを楽しむことができ、キャンピングカー(RV)の保有率も高い国です。そんなアメリカで毎年大人気のキャンピングカー見本市「California RV show」。今年は10月4日~13日の10日間行われましたが、10月でもまだ太陽がギラギラして暑いロサンゼルスですが、老若男女多くの人が訪れ大いに盛り上がりました。

今年の特徴は?

67年目を迎える歴史あるイベントですが、今年は開催地が変わり心機一転。新型モデルをはじめ、1000以上のキャンピングカーがずらり勢ぞろい。

花形はやはり大型のキャンピングカーですが、今年のNEWラインナップの特徴は『コンパクト化』。その中でも、一際目立っていたのが、スーパーカーなど高級車によくあるドアが上にあくガルウィングの「220 POLYDROP Trailer」です。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ティアドロップ型で、まるでロケットのような近未来的な外観が特徴のトレーラーライプのキャンピングカーで、中はベットと棚のみというシンプル設計。しかし、小さいながらさまざまな工夫が施され、大型のソーラーパネルやアウトドアシャワー付き。そして、アウトドアキッチンにはウォータータンク、冷蔵庫、コンロもあり、料理が作りやすい設計になっています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

キャンピングカーならではの快適ベッド空間

キャンピングカーでもっとも大切な「睡眠」という部分をどれだけ快適にするかが考えられ、ベットも大きめ。大人2人用となっていますが、家族4人でも充分な大きさでした。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

総重量は最大520キロ。日本でもけん引免許不要で運転可能な重さです。軽量で高さがないコンパクトなトレーラーですので、けん引が慣れていない人でも運転がしやすくキャンピングカー初心者向け。駐車する場所を選ばない点も◎です。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

今年の新車は、室内コンロ以外にも、アウトドアコンロを設置するモノが多く、またカヤックやバギーなど大型アウトドアギアも簡単に入るように、側面が開くトイホーラ―タイプのキャンピングカーも多く見られました。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.