「フレッシュジュースを作ってみたいけど、ミキサーは持ってない…」という方必見! ミキサー不要の「もみもみするだけで簡単に作れるジュースレシピ」を5つご紹介します。材料はスーパーで手に入るものばかりですので、ぜひお試しください。自宅だけではなく、キャンプなどアウトドアで作るのもおすすめです。

ミキサー無しでOK! 手作りフレッシュジュースを作ろう

「ジュース作りにはミキサーが必要」というイメージがありますが、実はミキサーが無くてもジュースを作ることは可能です! ミキサーの代わりに使うのは、ジップロックなどの食品用保存袋だけ。袋にジュースの材料を入れ、手ででもみもみして潰してから、牛乳などお好みのドリンクと混ぜ合わせます。

ミキサーとは違い完全には潰しきれないのですが、残ったゴロゴロ果肉のおかげで飲みごたえ十分なジュースに仕上がりますよ。

※フルーツをもみもみするのに使う袋は、袋ごと冷凍できるフリーザーバッグを使ってください。おすすめはジップロックです!

画像: キャンプで楽しむ手作りフレッシュジュース! 簡単もみもみレシピ5選
【大容量】ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入
冷凍から電子レンジ調理までOKのジッパー付き袋(冷凍・解凍用)です。Mサイズ×90枚入り。
¥ 1,084
2019-10-09 13:31

バナナは完熟したものをおすすめ! 冷やしても甘くて美味しいスムージー

豆乳バナナスムージー

画像: 豆乳バナナスムージー

手作りジュースといえばバナナですよね。超定番のバナナスムージーです。バナナは季節問わず手に入るフルーツですので、気軽に作れるのが嬉しいです。使うバナナは完熟のもの(皮に黒い斑点ができているもの)がおすすめ。冷やしても甘くて美味しいスムージーになります

植物性タンパク質を含み、低脂質・低糖質な豆乳は、調整でも無調整でも大丈夫なのでお好みでどうぞ。苦手な方は牛乳に代えてください。

<材料(1人分)>
・バナナ 1本
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 少々
・豆乳 150mL

①:適当な大きさにカットしたバナナ、はちみつ、レモン汁をフリーザーバッグに入れ、
  よく揉んでから冷凍庫で1~3時間冷凍する。
 (キャンプ場等で冷凍庫がない場合は、自宅で冷凍準備する必要があります)
②:①を冷凍庫から出し、よく揉んでからグラスに入れ、豆乳を注いでよく混ぜたら完成。

よく熟している柔らかめのキウイを選ぶのがポイント! 甘さ控えめでサッパリとした美味さ

キウイソーダ

画像: キウイソーダ

キウイのフレッシュジュースをさっぱりと炭酸水で割るレシピです。バナナと同様、キウイも比較的いつでも手に入るフルーツなのではないでしょうか。固いキウイは手で潰しにくいので、よく熟している柔らかめのキウイを選びましょう。

甘さ控えめなレシピになっているので、甘くするなら加糖タイプの炭酸飲料(三ツ矢サイダーなど)を選んでみてください。

<材料(1人分)>
・キウイ 1個
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・炭酸水(無糖) 150mL

①:キウイは皮をむいて適当な大きさにカットする。
  はちみつ、レモン汁と一緒にフリーザーバッグに入れて、よく揉んで潰す。
②:グラスに①を入れ、あれば氷も4~5個入れる。炭酸水を注いで軽く混ぜ合わせたら完成。

安くてもチョイ柔らかくなっても…缶詰でも「桃」ならOK! 甘い香りに癒されること間違いなし

ピーチミルクカルピス

画像: ピーチミルクカルピス

桃の季節におすすめしたい絶品ピーチドリンクです。桃の甘い香りに癒やされること間違いなし。使うのは、訳あり品のような安い桃で十分ですし、ちょっと古くなって柔らかくなった桃でも、缶詰の桃でもOK。また、桃をマンゴーに代えてアレンジしてもおいしいです!

<材料(1人分)>
・桃 1/2個
・牛乳 150mL
・カルピス(原液)30mL

①:桃は皮をむいて、適当な大きさにカットする。
  フリーザーバッグに入れて手で揉んでよく潰す。
②:①にカルピスを注ぎ、さらに揉んで混ぜ合わせる。
③:牛乳と②をグラスに注ぎ、よく混ぜたら完成。

スイカの甘さを引き立たせるため塩を少量入れたりハチミツを足すのがポイント

スイカジュース

画像: スイカジュース

夏の風物詩、スイカをそのままジュースにするレシピです。夏以外の季節ではなかなか手に入らないスイカですが、その分ちょっとした特別感がありますね。

レシピでは、スイカの甘さを引き立てるために塩を少量入れていますが、もともとあまり甘くないスイカを使う場合は、はちみつを足して調節してみてください。

<材料(1人分)>
・スイカ 300g
・塩 少々

①:スイカは皮と種を取り除き、フリーザーバッグに入れ、手で揉んでよく潰す。
②:グラスに注ぎ、塩をふって完成。

生のいちごを使う果肉を混ぜたヨーグルトベースのドリンク

ストロベリーラッシー

画像: ストロベリーラッシー

ラッシーというのは、ヨーグルトをベースに作るインド生まれのドリンク。カレー屋さんでよく見かける飲み物ですよね。好きな方も多いのでは?

そんなラッシーに甘酸っぱい、いちご果肉を混ぜた、手作りストロベリーラッシーのレシピです。
生のいちごを使うのがベストですが、季節によっては手に入りにくいですよね。その場合は冷凍のいちごでも作れますのでお試しくださいね。

<材料(1人分)>
・いちご 100g
・ヨーグルト(無糖)100g
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 少々

①:冷凍のいちごを使う場合は解凍させておく。
  いちご、はちみつ、レモン汁をフリーザーバッグに入れ、よく揉んで混ぜ合わせる。
②:①にヨーグルトを入れ、さらに揉んで混ぜる。グラスに注いで完成。

ほんのひと手間かけるだけで美味しくなる フレッシュジュース作りに挑戦してみよう!

画像: ほんのひと手間かけるだけで美味しくなる フレッシュジュース作りに挑戦してみよう!

袋でもみもみして材料を混ぜ合わせるだけの簡単なジュースレシピをご紹介しました。もみもみ作業は、お子様にお手伝いしてもらってもいいですね。キャンプで作るなら、あらかじめ材料をすべてフリーザーバッグに入れ、「あとは揉むだけ」の状態で持っていくのがおすすめです!

生のフルーツはそのまま食べてもおいしいですが、ひと手間かけてジュースにすることで、更においしくなります。ぜひ作ってみてください!

※今回のようにミキサー無しでジュースを作る場合、使う材料は「手で揉んで潰すことができるもの」に限られます。

※グリーンスムージーなど野菜入りのジュースを作るのは、ちょっと難しいんです。作れないことはないのですが、ミキサーを買う決心がつくくらいの手間がかかりますのでご注意ください。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.