こんにちは!キャンプを始めたばかりのものづくり大好きイラストレーター・「ハマダアヤノ」です!外でも過ごしやすい秋のキャンプシーズンとなりましたね。東海地方を中心に、様々なキャンプ場をレポートしていきたいと思います。今回は愛知県犬山市にあるアウトドアベース犬山キャンプ場へ行ってきたので、その際のキャンプの様子をお届けします!

愛知県犬山市のアウトドアベース犬山(いぬやま)キャンプ場とは?

画像: アウトドアベース犬山ホームページより www.kirakira.net

アウトドアベース犬山ホームページより

www.kirakira.net

今回のキャンプ場は、愛知県犬山市にあるアウトドアベース犬山キャンプ場です。筆者も同じ愛知県内(名古屋)に住んでいるので、車で1時間ほど行くことができるとてもアクセスが良い場所にあります。

【キャンプ場データ】

* キャンプ場名:アウトドアベース犬山キャンプ場
* 住所:愛知県犬山市今井東山95番地
* チェックイン:デイキャンプ宿泊ともに朝9時半から
* チェックアウト:デイキャンプ17時宿泊翌朝10時
* 公式サイト:http://www.kirakira.net/

第2駐車場に車を停め、まずは受付をすませ、農園オートサイトに1泊キャンプをしました。

画像1: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

農園オートサイトは、木の柵で区画ごとにわかれているスペースのオートサイトです。

画像2: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

オートサイトなので、車の乗り入れが可能です。早速、荷物をおろしてテント設営の準備しました。

画像3: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

今回の私たちのテントは、DOD(ディーオーディー)カマボコミニ・チーズタープ・ライダーズバイクインテントを使いました。チーズタープは5m×5mあるので、スペースがかなり必要でしたが、それでも十分オートサイト内に収めて、余裕をもって設営することができました。

画像4: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

準備が済んだので、キャンプ場内やその周辺を散策

画像5: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

まずはこちらが受付となります。第二駐車場からだと距離があるので、来場の際ははじめに第一駐車場に停めて受付をしてから、移動してもよいかもしれないですね。

画像6: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

受付には、キャンプ場の様々な注意事項が書いてあるので、チェックしておきましょう。

画像7: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

受付をこえて奥へと進むと、いかだボードのある池があります。いかだボードは、お子さんが遊ぶ遊具としても楽しめるようになっています。

画像8: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

こちらの池には鴨の親子や、鯉がいます。鴨はとてもかわいいですね。

画像9: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

池の反対側には、水上コテージがあり、こちらではバーベキューを楽しむことができます。

画像10: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

売店には、様々なキャンプグッズが販売されております。

画像11: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

必要な時はお湯や電子レンジも設置されているので、何か温めたいときには借りることができます。

キャンプ場の徒歩圏内で、ます釣りが楽しめる

画像12: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

キャンプ場の少し手前にます釣りが楽しめる釣り堀があります。農園オートサイトからは歩いて約10分程です。車で行けば1-2分ほどで着きます。

画像13: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

こちらでは、アマゴやいわな、ますなどを釣ることができます。

画像14: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

きれいな水で育てられた魚たちがたくさんいます。

画像15: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

管理人の方に、釣り竿を用意して頂き、釣り方を教わりながら釣っていきます。

画像16: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

2匹ニジマスを釣ることが出来ました。管理人の方に渡すと、そのままきれいに内臓などを取ってくれます。塩をヒレなどの部分にたっぷりつけて、焦げにくくして焼いていきます。

画像17: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

火にかけて、しっかり焼いていきます。

画像18: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

釣ったばかりの魚を、すぐに焼いて食べると、とてもおいしいのでおすすめです!

釣りを楽しみたい方、新鮮な焼き魚を食べたい方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

夜は音楽や騒ぐことが禁止!サイト内での過ごし方

アウトドアベース犬山では、昼間は釣りなどでアクティブに楽しんだり動くことができますが、注意点として音楽を流すことや騒ぐことは禁止となっているので、夜はサイト内で静かに過ごしましょう。また街灯の数も少ないので、夜はかなり暗くなります。

画像19: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

筆者も夕食が終わったあとは、サイトでおしゃべりしたり、写真を撮ったりしてゆったりとした時間を過ごしました。

画像20: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

ゆらめくたき火をぼんやり眺めるのも、キャンプならではの素敵な時間です。

画像21: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

星もきれいに見えるので、星空を眺めているのも楽しいのではないでしょうか。こちらは最新のiPhone11で撮影しています。

そして21時頃には、昼間の疲れと夜の静けさで眠くなるので、早めに就寝しました。

アウトドアベース犬山キャンプ場でゆったりとした時間を過ごそう

今回のキャンプ場は、とてもシンプルなキャンプを楽しむことができるので、普段の忙しい生活の中で忘れていた自分時間を取り戻すことができました。

区画がしっかりと柵で分かれているので、お子さんがいるキャンプでも安心して過ごすことができます。また、飼っている犬を連れてキャンプをする方にもおすすめです。

今後も東海地方でおすすめのキャンプ場を紹介できたらと思います!

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.