100均のすのこを使えば、屋外で使える棚が簡単に作れます。釘やネジを使わずに作れるので、DIY初心者にもおすすめ。完成したすのこ棚は、キャンプやピクニックで使用することが可能です。今回はすのこ棚のアレンジ方法と作り方を、写真付きでご紹介していきます。

キャンプやアウトドアに使える! ネジ・釘無しでペンキを塗るだけで作れる100均すのこ棚をDIYしよう

100均には小さめのすのこが販売されていますが、このすのこを数枚使用すると、アウトドアでも使いやすい棚が作れます。強度的に重い荷物を乗せるのは難しいかもしれませんが、軽いものなら余裕で乗せられる棚で、屋外使用向けに加工すれば、キャンプやピクニックでの使用もOK。

100均には蝶番や木箱など、DIYに利用できる用品が揃っているため、自分の使いたい用途にすのこ棚をアレンジも可能です。

一見、棚作りなんてちょっと難しそうに感じますが、すのこ棚はDIY初心者でも作れる簡単なアイテム。釘やネジも使わずにすのこ棚を作れるのです。屋外使用向け加工もペンキを塗るだけなので、気軽にチャレンジしてみましょう!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【道具】ペンキは防カビ・防錆材が入ったものが必須 グルーガンは100均で購入できる!

今回使用する道具は、すのこのほかにペンキ、グルーガン、ノコギリ、やすりです。

【必要なもの】

  • 長方形型すのこ:5枚
  • ペンキ(好きな色)
  • ハケ
  • グルーガン
  • ノコギリ
  • やすり

ペンキは防カビ・防錆剤入りを使用

室内ならそのままでも構いませんが、アウトドアで使うなら屋外使用向け加工をしておかないと、すのこが傷んで長持ちしません。屋外に置くには、雨や紫外線などの耐久性を高めるため、防カビ・防錆剤入りの屋外向けペンキを使います。

すのこ棚の耐久性を高めるだけでなく、見た目にツヤ感を出したりマットにしたりと色や質感を自分好みに加工可能です。

使用するペンキは、屋外対応のものを選びます。油性や水性などありますが、油性は扱いが手間なので、初心者は屋外使用可の水性ペンキを使いましょう。ホームセンターや通販で購入可能です。

画像1: 【DIY】キャンプ用の棚作りにチャレンジ! 100均すのこで棚を簡単に作る方法
Amazon | サンデーペイント 水性つやありウレタン建物用 茶色 1/5L | DIY・工具・ガーデン
サンデーペイント 水性つやありウレタン建物用 茶色 1/5LがDIY・工具・ガーデンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

初心者でも使いやすいDIY工具・グルーガン

熱で棒状の糊を溶かして接着するアイテムで100均でも購入できます。木材やプラスチックなど接着可能なアイテムも多く、1つあると便利。釘やネジなしでDIYできるため、DIYの幅が広がります。

画像2: 【DIY】キャンプ用の棚作りにチャレンジ! 100均すのこで棚を簡単に作る方法
Amazon | Longtop グルーガン 小型 20W スティック50本付き プログルーガン 手芸用 ガラス接合 ホットボンド 高温タイプ 軽量 強力粘着 速乾 接着剤 接着工具 高品質 DIY工具 保護カバー スタンド 火傷防止 PSE認証取得済み【一年保証】 | グルーガン
Longtop グルーガン 小型 20W スティック50本付き プログルーガン 手芸用 ガラス接合 ホットボンド 高温タイプ 軽量 強力粘着 速乾 接着剤 接着工具 高品質 DIY工具 保護カバー スタンド 火傷防止 PSE認証取得済み【一年保証】がグルーガンストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

整えるのに使用するノコギリ・やすり

すのこのいらない部分を切るときにノコギリ、切ったところを整えるのにやすりを使用します。切らずにすのこの形のまま作っても大丈夫なので、作りたいデザインに応じて用意してください。

【作り方】100均すのこで棚をDIY 作るときはレジャーシートやブルーシートを敷いて作業しよう

作業するときは、広い場所で行うようにしてください。室内で行う場合は、周りが汚れないようにレジャーシートやブルーシートを敷いて行うと作業がしやすいです。

【作り方】

1.すのこのいらない部分をノコギリでカットします。切るとき、片手ですのこを押さえるだけだと切っている最中にすのこが動いて危ないので、しっかり固定するか、誰かに押さえてもらうのがおすすめです。怪我をしないよう、注意して行ってください。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

2.カットした面をやすりで整えておきます。ペンキを塗るすのこ表面にもやすりがけをしておくと、ペンキの塗り具合がよくなるので、こだわりたい人はやってみてください。そのとき使用するやすりは細かい目が最適です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

3.好きな色でペンキを塗ります。ペンキが乾くまでの時間は購入したパッケージに目安が記載されていますが、天気や塗っている環境によって乾くのに時間がかかる場合もあります。また、ペンキの塗りが厚くなってしまったところも乾きにくいので気をつけましょう。塗り方もローラーを使うなどあるものの、今回は100均で売っているハケで何も考えずにペタペタ塗りましたが、問題なくできました。ペンキ塗りに慣れていなくて仕上がりが心配な人は、1度塗りではなく2度塗りをするときれいに仕上がりますよ。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

4.全ての面を塗り、ペンキがしっかり乾いたら、いよいよ組み立てです。グルーガン本体にグルーガンの糊スティック(付属されているものか別売りで購入)を挿し込みます。コンセントを挿すとグルーガンが温まってきます。5分ほどそのまま待っていると、適温になりグルーガンが使用できるように。念の為、購入したグルーガンの使い方を確認してください。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

5.箱型にすのこをくっつけたいので、端にグルーガンを付けていきます。1カ所ずつグルーガンが固まったのを確認しながら行うとスムーズにいくはずです。グルーガンでくっつけたすのことすのこに隙間があいてしまった場合は、さらにグルーガンを付け足しましょう。

6.全てにグルーガンをつけてしっかり固まれば、すのこ棚の完成です。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

棚板もすのこを使いましたが、100均の木箱でもできます。木箱の幅にあわせて両サイドにすのこを取り付けてください。また、今回作ったすのこ棚にもう少し強度を持たせたい場合は、背面にもすのこを取り付けましょう。

DIYした100均すのこ棚をアレンジ! 調味料棚やフラワーラックとして使うのもおすすめ

すのこ板を2枚に減らして調味料棚に!

長方形のすのこは1枚に板が4枚ほど付いているかと思いますが、これを2枚分だけ残し奥行きを狭くします。高さも棚板2段ではなく1段に低くし、同じように作ればテーブルの上に置きやすい調味料棚に。

背面に焼き網を取り付けフラワーラック

すのこ棚の背面に100均で買える焼き網を取り付ければ、おしゃれなフラワーラックが完成します。焼き網を取り付けるときは、こちらも100均で購入可能なタッカー(大きなホッチキスのようなもの)で付け、はみ出た部分はニッパーでカットすればOKです。ニッパーでカットした部分は鋭利なので、その部分を直接触らないようにしてください。

画像: イメージ画像

イメージ画像

グルーガンなら初心者でも扱いやすくDIYにおすすめ 100均すのこ棚をキャンプで使ってみよう

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

100均には、長方形型のほかに正方形型のすのこもあります。両方を組み合わせて作ったり、正方形型のみで小さな棚を作ったりと作り方はいろいろ。グルーガンならボンドを使うのと感覚は似ているので、DIY初心者でも扱えるはずです。ペンキも屋外向けを選べば、棚を使えるシーンが増えてDIYが楽しくなりますよ。ぜひ100均アイテムでDIYに挑戦してみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.