キャンプの必需品とも言えるシェラカップは、お皿として使ったりコーヒーを淹れたりするだけでなく、炊飯や料理にも使える万能アイテムです。いろいろなブランドのシェラカップがありますが、今回は筆者も使っているスノーピーク製をピックアップ。特徴やおすすめレシピ、使い方をまとめてご紹介します!

スノーピーク製シェラカップはチタン・ステンレスから選べる! 初心者はステンレス製のものがおすすめ

素材はステンレスとチタンの2種類

スノーピーク製のシェラカップは、ステンレスとチタンの2種類。目盛りは内側からも確認できるようになっています。容量はどちらも310mlで1人分を作るのにちょうどいいサイズ。重さはステンレス100gに対し、チタン37gと、チタンは軽いのが特徴です。

一方で、ステンレスは熱伝導率がチタンよりもいいため、扱いやすいのがメリット。シェラカップは直火可能なアイテムですが、熱伝導率が比較的低いチタンの場合、使い方によっては容器に焦げつきを作りやすい欠点があります。シェラカップを初めて使う人には、チタンよりステンレスのほうがおすすめです。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

持ち手は短めだが持ちやすさはGOOD

ほかのブランドのシェラカップより、持ち手が短く作られているのもスノーピーク製の特徴。短いとそれだけ火との距離が近くなるものの、持ちやすさは評価される点です。指を引っ掛けやすい形に工夫されています。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

計量カップ・炊飯・料理・フタなどに使える

計量カップとして使ったり2個使いで片方はフタにしたり、料理の取り皿にしたりと、使い勝手は抜群です。さらにストーブ・バーナーを中に入れて風防としても利用可能。収納する際もスタッキングすれば、スペースも取りません。使わないときはちょっと引っ掛けておくだけでおしゃれ。使い方のバリエーションが多いので、複数持っていても損はないアイテムです。

画像1: 【レシピ紹介】スノーピーク製シェラカップで炊飯&料理! 特徴や使い方もご紹介
Amazon | スノーピーク(snow peak) シェラカップ E-103 | スノーピーク(snow peak) | マグ・シェラカップ
スノーピーク(snow peak) シェラカップ E-103がマグ・シェラカップストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
画像2: 【レシピ紹介】スノーピーク製シェラカップで炊飯&料理! 特徴や使い方もご紹介
Amazon | スノーピーク(snow peak) チタン シェラカップ E-104 | スノーピーク(snow peak) | マグ・シェラカップ
スノーピーク(snow peak) チタン シェラカップ E-104がマグ・シェラカップストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

スノーピーク製シェラカップで炊飯 「給水は1時間以内にすること」が美味しく炊くコツ!

シェラカップでのご飯の炊き方

310mlのシェラカップを使えば、1人分のご飯を炊くことができます。お米は、事前に計って持っていきましょう。

【材料(1人分)】

  • お米:50g
  • 水:75ml

【道具】

  • シェラカップ
  • バーナーパッド
  • バーナーやコンロ
  • アルミホイル
  • タオルや膝掛け
  • 革手袋など

※調理中、熱せられたシェラカップに素手で触ると熱いので、革手袋や鍋つかみなどは必ず準備してください。

【作り方】

1.お米をよく研ぎ、シェラカップへ水と一緒に入れ、30分〜1時間ほど吸水させます。無洗米を使用する場合は、お米を研ぐ工程は飛ばしてください。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2.吸水後、アルミホイルを用意してシェラカップにフタをします。アルミホイルは、少しだけ隙間を開けて吹きこぼれないようにしてください。

3.バーナーやコンロにバーナーパッドを敷き、2を乗せて中火にします。バーナーパッドは火を均等に当てる&焦げつきにくくするために役立ちます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

4.少し沸騰してきたら火を弱火に。パチパチ音、もしくは焦げる匂いがしたらすぐ火を止めます。

5.シェラカップをタオルで包んで20分ほど蒸らします。このとき、フタにしているアルミホイルの隙間は閉じてください。洗濯バサミは余ったタオルの端が気になったので使いましたが、とくになくても大丈夫です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

6.蒸らし終わったらご飯の出来上がりです。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

焦げつきもなくおいしくご飯が炊けました。

おいしく炊くコツ

実際にチャレンジしてみて、以下の3点に気をつけることがおいしく炊くコツだと実感しました。

  • 吸水時間は長くしすぎない
  • 火加減は弱火メインに中火を少し
  • パチパチ音を聞き逃さない

吸水時間を1時間以上置いてしまうと、お米がべちゃっとした食感になってしまいます。反対に少なすぎると芯が残るご飯に...。

火加減も中火は沸騰までで、あとは弱火にすると焦がさずに炊けます。弱火にしたあとはパチパチと音が聞こえてくるので、聞き逃さないように。またはほんの少し焦げる匂いがしてくるので、音か匂いをチェックしてください。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.