ファミリーキャンパーのいく子です。水筒と言えば、ハードな使用にも耐えられる耐久性と保冷、保温効果で定評のあるスタンレー。何年たってもカッコイイと思えるデザインも人気の秘訣ですね。スタンレーには、たくさんのアイテムがあります。みんなどんなアイテムを使っているの? と気になっている方もいらっしゃると思います。本日は実際に筆者が使っているスタンレーのアイテムを使用シーンと共にご紹介! キャンプギア選びの参考になれば嬉しいです。

長年愛されるスタンレー

画像1: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

アメリカで生まれたサーマルウェアブランドスタンレーは、1913年にウィリアム・スタンレーJr.が発明した1本のボトルからスタートしています。このボトルが現在の真空スチールボトルの原型となっているそうです。

保温性、保冷性、耐久性が高く、アメリカ軍でも採用されたことにより信頼を高めました。特に耐久性に関しては、孫の代まで使えると言われるほど。その耐久性や機能によって、現在はアウトドアシーンでも大人気のブランドとなっています。

画像: https://www.stanley-pmi.jp/ www.stanley-pmi.jp

https://www.stanley-pmi.jp/

www.stanley-pmi.jp

2019年のクラシックシリーズよりロゴが一新され、力強さと勇気を象徴した熊のデザインを採用しています。また、パワーアップしたのはロゴだけではなく、中栓が開けやすくなったり、真空二重構造の壁を改良したり、性能もアップしています。

キャンパーに大人気のスタンレー水筒

キャンプ場やSNSでも見ることが多いスタンレーの水筒。オシャレで高機能だからみなさんが使っているのも納得です。ここでは実際に、筆者がキャンプ場でどのようにして使っているかをご紹介します。

冷たい飲み物を外でもキンキンな状態で飲める

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

スタンレーの非常に高い保冷性能で、暑い季節に嬉しい冷たい飲み物がいつでも飲めます。大きな水筒には麦茶を入れてみんなで飲めるようにしり、ワンハンドマグタイプで1人ずつマイボトルを作っても良いですね。強い耐久性があるので、うっかり落としてしまっても大丈夫。

氷を入れておく

画像3: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

クーラーボックスに入れて置いた氷が夕方には溶けてしまったなんて事はありませんか? そんな時はスタンレーの水筒に氷を入れておけば翌日でもちゃんと氷が残っています。

冷蔵庫がないキャンプ中の氷はとっても大事なので、しっかり保冷できて助かります。お酒をロックで飲みたい時も大きな氷があると嬉しいですね。

沸かしたお湯を入れる

画像4: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

涼しくなると暖かい飲み物が欲しくなますよね。キャンプ中は何度もお湯を沸かすのも大変なので、沸かしたお湯をスタンレーに入れておけばとても便利です。

ちょっとコーヒーを飲みたい時、お酒をお湯割りで飲みたい時など、あらかじめ沸かしたお湯を用意しておくと活躍してくれますよ!

用途に合わせてサイズを選ぼう

画像5: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

筆者が所有している水筒で一番大きなサイズは1.9リットル。2リットルのペットボトルに近い容量です。夏場は麦茶を入れておいたり、ウォータージャグ代わりにもなってくれます。

ワンハンドマグは0.47リットル。こちらも500ミリリットルのペットボトルと同じくらい。良く買うペットボトルでイメージすると欲しいサイズがわかりやすいと思います。

5つのラインから様々な種類を選ぶことができるので、用途に合わせてチェックしてみてくださいね。

画像1: 【キャンパーに大人気】スタンレーの優秀アイテム水筒など…一挙ご紹介!
(スタンレー)STANLEY 真空スイッチバック 0.47L 02285 日本正規品 ステンレス/長持ち/クラシック マットブラック sty-02285-MattBlack
ブランド:STANLEY/スタンレー 商品:真空スイッチバック 0.47L サイズ:容量:0.47L(16oz) サイズ:97x234x74mm 重量:336g カラー:シルバー/マットブラック 詳細:どこでも気軽に携帯でき、片手で簡単に飲める保温保冷の真空マグです。 開閉式のフタが付いているので、飲み口をほこりなどからガード。 フタはプッシュボタンで軽く開閉できます。 フタは簡単に分解洗浄でき、ボトルは食洗機対応。 丈夫で錆びない18/8ステンレス製です。 本体:ステンレス鋼 フタ:ポリプロピレン・ABS樹脂・ステンレス鋼 飲み口:トリタン パッキン:シリコン
¥ 4,180
2019-10-02 14:35
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.