ファミリーキャンパーのいく子です。先日行われた2019年秋冬新商品発表会の過酷ファッションショーが話題になっているワークマン。働く人へ向けたウェアの専門店として長年愛されているメーカーです。そのワークマンが2018年から、一般向けの高機能ウェアをメインに扱う新業態店「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」を全国で続々とオープンさせ、大人気となっています。本日はそのワークマンプラスについて、2019年9月にオープンしたばかりの新店舗に取材に行ってきましたので、話題の商品と共にご紹介します!

ワークマンとワークマンプラスの違いとは? 品揃え・店内の雰囲気など、オシャレさが段違い!

(画像:筆者撮影)

先に正解を言ってしまいますと、違いは2つ。商品の品揃えと店内ディスプレイが違います。

ワークマンでは、作業着・安全靴・レインウェアをメインに扱っています。ワークマンプラスは一般向けという事で、アウトドア・スポーツ・レインウェアを中心に商品を展開しています。

もちろん、ワークマンプラスで販売している商品はワークマンでも購入できます。逆に、ワークマンプラスでは作業着や安全靴の取り扱いがない店舗もあるそうです。これは店舗により差があるので、ワークマン公式サイトで店舗情報をチェックしてみてください。

ワークマンプラス トレッサ横浜店に行ってみた! 店舗がとにかくオシャレ 女性向けアイテム多数

画像1: ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

先日、筆者も9月にオープンしたばかりの新店舗「トレッサ横浜店」に行ってきたのですが、店内は既存のワークマンのイメージと違って、普通のアパレルショップという印象。ワークマンの事を知らない方は作業着をメインに扱っている会社だとは気が付かないかもしれません。

ディスプレイが見やすく、照明など、全体的におしゃれです。欲しい商品が見つけやすい感じですね。また、ワークマンよりも女性向けのアイテムが多く並んでいます。メンズアイテムでもSサイズ展開のあるものはSサイズから置いてあったり、広い層へ向けての品揃えを意識している感じです。

ワークマンのオリジナルブランド3つを紹介! FieldCore・Find-Out・AEGIS

画像2: ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ワークマンプラス トレッサ横浜店(画像:筆者撮影)

ここからは、ワークマン・ワークマンプラスで人気の3つのブランドについてご紹介します。

「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」という思いから誕生したブランドだそうです。高い性能・低価格・おしゃれなデザイン、となると人気があるのもうなずけますね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.