こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! 今回は、実際に私たちが使用している3つのテントを、初心者の方へのおすすめ度で比較してみました!おすすめポイントはもちろん、こんなところが難しいかもなど、実際に使ってるからこそリアルな視点でのテントのご紹介をしていこうと思います。

筆者が実際に使ったことがあるからわかる! DODやロゴスの初心者向けテントを正直に比較してみた

私が初めてテントを買おうと情報を探していた時、「初心者におすすめのテント〇選!」という記事や、ネットショップのレビューなどを参考にしていましたが、実際に役に立ったのはそのテントを使用している人のSNSやブログでした。

なので今回は、「実際に使用したことがあるテント」を、初心者の方におすすめできるかどうかという視点で、リアルにわかりやすく伝えていけたらなあと思います!

今回紹介するテントは、GSD編集部のメンバーが調べて厳選したテントたち。メーカーや形はバラバラですが、どれも入門用としてよく名前の挙がるものばかり。この記事を読んで「同じものを買おうと思っていた!」「このテントならいいかも・・・」と思っていただけたら嬉しく思います!

ロゴスのワンポールテント『ナバホ』は設営が簡単で初心者に人気 背の高い方には不向きかも?

LOGOS(ロゴス)ナバホ 300

LOGOS(ロゴス)から発売されている、インディアン・ナバホ族の柄をモチーフにしたワンポール型のテント。デザインの可愛らしさが、女子やファミリーに人気のテントです。テントの素材には、難燃性のポリエステルが使用されていて、火の粉が飛んでも穴が開きにくいのがポイント。軽量で、通気性が良いので過ごしやすく、そして何より設営も楽なテントです。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

【初心者おすすめポイント】★★★★☆

ワンポールテントなので設営がとてもしやすく、順序を間違えなければ大きな失敗なくテントを設営することが可能です。何より、テントが出来上がると写真映えするかわいいデザインが魅力的。ワンポールテントのとんがり三角のテントの形や、テント外側のナバホ柄、そして入り口にロゴスのマークがついているデザインは、とても可愛いです。テントの室内は女性2人程度であれば問題なく、広く快適に過ごせます。

【ちょっと気になるポイント】

ナバホシリーズは300以外にも400が発売されていますが、2人であれば、ナバホ300で十分と思って購入しました。しかし実際に使用してみると、テント内にエアベットや荷物などを置くと、室内の半分は埋まってしまます。そしてコットを使おうと思っても、サイズ的にコットを2つ置くことが難しいので、このテントでは室内でゆったりすごそうと思うと少し小さかったと感じています。

またすべてのワンポールテントに言えることなのですが、中心のポールが邪魔だったり、ポールの上部から、外側へ徐々に低くなっていく構造なので、背の高い男性だと可動範囲が限られてしまうということだけ理解しておくと良いかもしれません。

画像1: 初心者に本当におすすめできるテントはどれだ!? DOD・ロゴスのテントを徹底比較
ロゴス(LOGOS) Tepee ナバホ300セット 71809511
【セット内容】 ●LOGOS ナバホTepee 300(No.71805001) 総重量:(約)4.0kg 組立サイズ:(約)幅300×奥行250×高さ180cm 収納サイズ:(約)長さ52×幅18×奥行18cm 素材:(フレーム)7075超々ジュラルミン (フライシート)難燃性ポリエステルタフタ、耐水圧1600mm UV-CUT加工 (インナーテント)ポリエステルタフタ ブリーザブル撥水加工 (フロア)ポリエステルタフタ 耐水圧3000mm (メッシュ)ポリエステル ●Tepee300専用インナーマット(No.71809600) サイズ:(約)幅275×奥行230cm 収納サイズ:(約...
¥ 33,131
2019-09-04 20:47

▼ナバホ300設営動画はこちら

ロゴスのドーム型テント『パオ』は部屋の隅まで空間を使える! 設営に2人必要でソロキャンプに不向き

LOGOS ナバホ the Pao(ザ・パオ)

ナバホ300と同じくLOGOS(ロゴス)の人気デザイン・ナバホ柄のパオ。3本のフレームで天井を作るドーム型テントなので、ナバホ300に比べて空間が広く取れるのが特徴です。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

【初心者おすすめポイント】★★★☆☆

2-3人用のドーム型テントなので、2人で使用時は空間がとても広く感じられます。またテント内の中央にポールなどはないので、無駄なく部屋の隅まで使うことが可能です。組み立て時の高さは170cmあるので、女性であれば立って過ごすことができます。テントの入り口と反対側にメッシュになるシートがあるので、風通しは抜群!

【ちょっと気になるポイント】

設営は、ワンポールテントよりほんの少しだけ複雑なので、覚えるのに時間がかかります(そんな難しくはありません)。最初にテント全体のフレームを作っていくので、2人以上での作業が必要になります。ただ、フレームさえできてしまえば、あとはインナーテントをはめ込んでフライシートも留めるだけなので、ほかの複雑構造のテントよりは簡単に設営が可能です。

画像2: 初心者に本当におすすめできるテントはどれだ!? DOD・ロゴスのテントを徹底比較
ロゴス テント ナバホthe Pao[2~3人用] 71806502
モンゴル式住居Paoをイメージしたテントです。6角形の非日常空間が楽しめます。メインフレームに7075超々ジュラルミンポールを採用しています。 【素材】 (フレーム)7075超々ジュラルミン+6061アルミ (フライシート)難燃性ポリエステルタフタ 耐水圧1600mm UV-CUT加工 (インナーテント)ポリエステルタフタ ブリーザブル撥水加工 (フロア)ポリエステルタフタ 耐水圧3000mm (メッシュ)ポリエステル ●7075超々ジュラルミン採用(メインフレーム) ●UV-CUT加工 ※製品によりナバホ柄のパターンが多少異なります。
¥ 29,800
2019-09-04 20:51
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.