おぎやはぎの2人が毎回プレゼンキャンパーを迎えてキャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」。NONSTYLEの井上さんが教える「グランピングのススメ」もいよいよ後半。ロケ密着記事の後編では、乗馬を優雅に楽しむ皆さんの様子や、グランピングならではの豪華なBBQ、食後の焚き火の時間など、番組ロケの様子をお伝えします!

▽前編はこちらをどうぞ

カードゲームで真剣勝負!負けて恥ずかしい罰ゲームをするのは誰…?

御殿場にあるグランピング施設『藤乃煌(ふじのきらめき)』に到着した一行。この日は雨が降ったりやんだりしていたので、雨がやむまでカードゲームで遊ぶことに。

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

選んだカードゲームは、『ハゲタカのえじき』です。

画像1: 【番組ロケ密着】「おぎやはぎのハピキャン」豪華BBQと虹色の焚き火!グランピングを楽しみつくす(後編)
ハゲタカのえじき (Hol's der Geier) 日本語版 カードゲーム
こちらの商品はAlex Randolph作のカードゲームです。 メビウスゲームズ社製の日本語版パッケージで 日本語説明書付きです。 ■プレイ人数:2-6人 ■対象年齢:8歳以上 ■プレイ時間:20分 ロングセーラーカードゲームです。1988年のゲーム大賞にノミネートされています。 ※上記ゲームの詳細な説明は、 日本語版を製造しているメビウスゲームズ様の文章を使用しております。
¥ 1,570
2019-08-27 16:16

【ルール概要】

手持ちのカードを出して数字の大きさを競い合い、-5から10までのカードを取り合うゲーム。合計得点の多い人が勝ち。ただし、出した数字が被るとNGだったり、手持ちのカードを使う順番を考えなければいけなかったり、シンプルながら意外と頭脳戦となる。

※くわしいルールはカードゲーム付属のルール説明もしくはオンエアにて!

そしてやはり、こういう遊びには罰ゲームがつきものですよね。「罰ゲームどうする?」と考える中、最終的には狩野英孝さんの提案によって「天狗の鳴き声モノマネ」になりました。(めちゃくちゃハードルが高い罰ゲーム…!)

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

心理的な駆け引きを楽しむ矢作さん、良い顔してます(笑)。小木さんも座りながらピョコピョコと身体を動かして、とっても楽しそうでした。途中ピンマイクが外れるほどはしゃいだせいで、スタッフから「外れてます」と指摘されていましたが(笑)。

さて、ビリになって天狗の鳴き声モノマネをした方は……最上もがさんでした!エドはるみさん風の「テン…グーググーググー!」という予想外の鳴き声に、スタッフ含め一同大爆笑(笑)。モノマネ後に「帰りたい…」と恥ずかしそうにうつむいてしまうほどに全力の天狗の鳴き声、最高におもしろかったです!

田園風景の中で、優雅な乗馬タイム!

カードゲームを終えたタイミングで雨も収まり、お次はグランピング施設から車で10分の乗馬体験へ。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

お世話になるのはこちら、『御殿場カルチャーファーム』です。

【御殿場カルチャーファーム】

  • 住所:御殿場市東田中119
  • 電話:0550-70-9621
  • 定休日:要問合せ
  • 公式サイト:http://culture-farm.jp/

まずは馬場内をゆっくり歩いて、馬に乗る練習。乗馬経験者の最上もがさん、姿勢も美しい…!

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

慣れてきたら、そのまま田園風景が広がる町中を馬で周ります。

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ワケ合って、井上さんと狩野さんは手綱を曳く係ですが…。優雅な乗馬を楽しんだ一行でした。

This article is a sponsored article by
''.