キャンプの準備における難関のひとつは、車への積載です。荷物の積み方が悪いと、走行中に崩れたり、運転席に転がってきたり…はたまた荷物が破損したりと後でトラブルが起こる可能性も。今回は、初心者があとで困らないような車への積載テクニックと、便利な収納グッズを説明していきます。

車に載せた荷物を取り出しやすい! 積載テクニック3つをご紹介

すぐに使いたいもの、よく使うものは手前に置く

キャンプ場で荷卸しすることを考えると、バックドアを開けた手前側などすぐ取り出せるところに置いておきたいもののひとつがクーラーボックスです。トランクの奥に入れてしまうと、買い出し時や設営時にご飯や飲み物の出し入れができなくなってしまいますよね。ふたを開閉しやすいように、その上にほかの荷物を積まないこともポイントです。

また、夏のキャンプや雨天時に必須のタープ、疲れた時に休憩できる椅子などキャンプ場に到着したらすぐに使いたいものも、取り出しやすい位置に置いておくとよいでしょう。

重いものは下に、軽いものは上に置こう

軽いものの上に重いものを積むと、下にあるものに負担がかかるだけでなく、キャンプ場でトランクを開けた瞬間にラゲッジから荷崩れする可能性があります。高価なアイテムが破損してしまっては、キャンプを始める前から気分が落ち込んでしまいますよね。そうならないように重いものはなるべく下に積むようにしましょう。

後方の視界を遮らないように車内空間を活用

後ろの荷物を高く積んでしまうと、運転時に後方が確認できなくなってしまうケースもあります。対策として後方に積む荷物を車内に分散させる方法をおすすめします。本記事では車内スペースを有効に使えるアイテムを紹介しているので、ぜひそちらを参考にしてください。また、荷物を積み終えた後に、バックミラーで後方の視界が良好かどうかを確認するのも忘れずに。

画像: 後方の視界を遮らないように車内空間を活用

それでは、車内のスペースを有効に活用できる収納グッズをご紹介します。

滑り止め設計で車が揺れても荷崩れしにくい! 取っ手付きトランクボックス

1.Oasser (オーサー)車用収納ボックス

運転中に起きやすいトラブルは、荷物が崩れてしまうことです。荷物をそのまま積むのではなく、ボックスなどに収納すると崩れにくくなります。このボックスは仕切り板2枚が付属しており、使いやすいように収納スペースをカスタマイズできます。また、底に滑り止めがついているところも重要なポイント。ボックスごと滑ってしまう可能性も軽減してくれます。

大きさは幅60㎝ ×横35㎝ ×高さ30cmと大容量で、外側にポケットがたくさんついているため、工具類など細々としたものの収納にもおすすめです。ボックスには取っ手がついていて、持ち運びしやすいところも見過ごせません。車から降りた後にボックスごとキャンプ場まで運ぶことも可能です。

もし汚れてしまっても、生地に防水素材を使っているため、拭き取ったり水で流したりできます。「使わない時は邪魔になってしまうのでは? 」と感じるかもしれませんが、折りたたむことで、厚みは9㎝まで小さくなるので、収納の幅も取りません。

画像1: 【キャンプ初心者必見!】 荷物を車に積むときの収納テクニック&便利グッズ3選
Oasser 車用収納ボックス トランクボックス トランク 収納 大容量 防水耐摩耗 折り畳み式 アルミめっき取っ手 仕切リ付属 反射シール E3
Oasser E3 車載収納ボックス
・超大容量
・折り畳み式
・頑丈・崩れにくい
・仕切り付き
・アルミめっき取っ手
・反射シール
・マジックテープ滑り止め
・カーバー付
製品紹介...
¥ 2,999
2019-08-31 18:52

1つで2役! 積載時はラックとして活躍する折りたたみテーブル

2.DOD(ディーオーディー) グッドラックテーブル

キャンプで使える折りたたみテーブルなのですが、なんと車内で棚としても活用できる優れモノ。このテーブルを車の荷室に入れれば、3段の棚の出来上がりです! これなら整理整頓して積載できますね。

先ほど重いものは下に…と書きましたが、本商品は耐荷重30kgのため、重いものを上に、すぐに取り出したいものを下に…なんて使い方もできます。

テーブル下部にぶら下がっているファスナー付きの収納は約138Lの収納スペースがあり、そのサイドには小物収納に便利なポケットも配置。大きさは幅100㎝×横60㎝×高さ43.5〜73㎝で、車の荷室や荷物量によってテーブルの高さを4段階に変更可能です。折り畳めば幅8.2㎝×横60㎝×高さ50㎝と非常にコンパクトになり、取っ手付きなので持ち運びも簡単。車載用としてのみならず、現地到着後はもちろんキャンプ時のテーブルとしての活用もOKです。

画像2: 【キャンプ初心者必見!】 荷物を車に積むときの収納テクニック&便利グッズ3選
DOD(ディーオーディー) グッドラックテーブル 車内で棚として使用可能 大容量収納スペース TB4-501
●車の荷室に棚をつくる。●キャンプの収納を手助けする折りたたみテーブル。●テーブル下に138Lの大容量収納スペースを備えたアウトドアテーブル。●そのまま車の荷室に入れれば便利な3段収納の棚として使用できます。●キャンプ時にも、散らかりがちなキャンプギアや小物を収納すれば、テントサイトをすっきりと片付けることが可能です。
¥ 8,349
2019-08-31 18:54

ヘッドレストに付けるだけ! 車のデッドスペースを有効活用できる優れもの

3.SCHITEC 車用シートフック

この車用シートフックは、ヘッドレストを利用して新たな収納スペースを生み出せる便利グッズ。装着方法も簡単で、わざわざヘッドレストを外さなくても、サイドから引っ掛けるだけで簡単に装着できます。

耐荷重は約13kgなので、食材が入った袋やカバンなどを引っ掛けておけば、座席の後ろの空間を有効利用できます。ぜひ利用してみてくださいね。

画像3: 【キャンプ初心者必見!】 荷物を車に積むときの収納テクニック&便利グッズ3選
【4個セット】 SCHITEC 車用 シート フック ヘッドレストフック 車内収納 取り外し不要 荷物掛け
製品のサイズ:3.74×2.75×1.18インチ
材質:ABS
製品の重さ:0.85oz(24g)
適用直径:10~14 mm
材質: 輸入した高強度のプラスチックの材質で、色合いが明るくて、手触りが良くて、国際の健康基準に達する。
防振ハンドル:30ポンドの重さを耐えられる。
注意事項:ヘッドレストパイプが10~14m mの車に適用し、ヘッドレストが固定であるモデルには使えません。
適用範囲:
ほとんどの車に適用できる。使いやすくて、道具を使わず掛けやすいです。デパートのショッピングバッグ、ハンドバック、財布、かばん、傘などの品物を掛けるのに便利である。
カーフック 1x 4個
¥ 699
2019-08-31 18:55

キャンプの荷物問題を解消! 便利グッズを活用して、車への積載方法を効率的に

画像: キャンプの荷物問題を解消! 便利グッズを活用して、車への積載方法を効率的に

初めのうちは荷物を上手く積むのが難しくて、億劫に感じるかもしれません。しかし、何度もキャンプを経験するうちに荷物の効率的な積み方がわかってきます。今回紹介したグッズも活用しながら、最適な積載方法を見つけて、スマートなキャンプライフを送ってくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.