こんにちは! ものづくり大好きイラストレーター・「ハマダアヤノ」です! いつも楽しくDIYしながら、様々なキャンプで使えるようなアイテムを製作したり、キャンプにまつわるイラストを描いたりしています! さて今回は、キャンプのあるあるをテーマにした漫画を描いてみました。キャンプへ行こうと誘うと、必ず問題になるキャンプ場での水回り&虫問題についてです!

キャンプに誘ってみたらこんな風に言われたこと、ありませんか?

「キャンプしてみたいんだけど虫が苦手で・・・」「トイレとかってどうなの?」と聞かれることがありませんか?

またご家族がいる男性に話を聞くと、奥さんやお子さんをキャンプに誘うと「キャンプはいいけど、トイレがやだ」「虫が嫌い」などと言われることがよくあるそうです。

そこで今回は、キャンプでの水回りや、トイレ事情・虫対策をどうするかというお話です。

画像1: 筆者直筆イラスト hamada-ayano.com

筆者直筆イラスト

hamada-ayano.com

夏はアウトドアでの楽しいアクティビティがたくさんある季節ですね! しかし、いざ家族や友人、パートナーとキャンプへ行こうという話になった時に、こんな反応されたことありませんか?

画像2: 筆者直筆イラスト hamada-ayano.com

筆者直筆イラスト

hamada-ayano.com

キャンプをするにあたって、女性やお子さんが嫌がる理由の多くが、アウトドアでの水回りと虫の問題だったりします。自然が豊かな場所へ行くと、どうしても問題になってしまいますよね。

せっかくなら家族みんなでキャンプしたい、でも嫌な思いをさせるのも嫌だなあ、というお悩みを今回は解消していこうと思います!

キャンプでの水回りの不安は、SNS・ネットの口コミ・経験者のブログで事前に解消!

実は私も、あまりにトイレや水回りが汚いところは、耐えられない人の1人です。なので最初はキャンプに抵抗がありました。一方で、自然の中でのんびり過ごせることには興味があったので、どう解決したら良いだろうと考えていました。

キャンプの水回り問題についてよく調べていくと、高規格キャンプ場(設備が充実したキャンプ場)や温泉付きキャンプ場など様々な施設があることを知り、実際に行った方が、ブログにリアルなキャンプ場の情報を掲載していることを知りました。

実際にそのキャンプ場へ行ってみると本当にお風呂もトイレもきれいなキャンプ場がたくさんあったので、私もキャンプを楽しめるようになりました。

それ以来、キャンプに行くときは、そのキャンプ場のSNS投稿・口コミ・ブログを探し、そのキャンプ場へ行った人の情報を徹底的に調べ、水回りのチェックを欠かさないようにしています。

画像3: 筆者直筆イラスト hamada-ayano.com

筆者直筆イラスト

hamada-ayano.com

SNSはキャンプ場の良いところやステキな情報を得ることはできるのですが、文字数が制限されていたり、写真がメインで投稿されていたりするので、水回りなどの具体的な情報を探したいときは、個人の方のブログの情報がより具体的でおすすめです! 特に女性目線で書かれている情報(大浴場にはドライヤーが3個設置してありますなど)は、とても役に立ちます。

キャンプ場のことを書かれている個人のブログでは、リアルなトイレの写真なども掲載されている時があるので、こちらもとても参考になりますね。

水回りの状況を探していると、一緒に「星空が綺麗に見えた、ホタルがたくさんいた、アクティビティが楽しい」などキャンプ場の楽しそうな情報が入ってくるという利点があるので、下調べはとてもおすすめです!

画像4: 筆者直筆イラスト hamada-ayano.com

筆者直筆イラスト

hamada-ayano.com

キャンプ場での虫問題は、季節と場所を考える&対策をしっかりと!

さて次は、キャンプ場の虫問題です。こちらは水回りと同様にSNSや口コミ、ブログなどを一応参考にしますが、毎年季節や気温に応じて変化があるので、その情報を鵜呑みにはできないというのが今までの経験から感じることです。では、虫問題はどうしたら良いのか、まとめていこうと思います。

1)時期を考えてキャンプに行く

まず春から夏にかけては虫が活発になる時期です。その時期のキャンプを避けると、虫との遭遇率は大幅に下がります。場所にもよりますが4月から10月までは、虫が活発に動いている季節ではないでしょうか。

2)キャンプへ行く場所を考える

どうしても時期をずらせないようであれば、標高の高いキャンプ場を選びましょう! 例えば同じ4月でも標高の高いところであれば、夏場でも涼しく虫も少ない場合があります。

3)蚊などは対策をする

自然の中にいる虫は、そっとしておくのが無難です。しかし、自分たちに害が出てしまう夏場の蚊などは、あらかじめ蚊取り線香や虫除けスプレーなどで対策をしておくと、悩まされることは少なくなります。

これからもキャンプあるあるを漫画にしてお届けします!

いかがでしたでしょうか? 漫画にすることでより、キャンプの話が伝わりやすくなると良いかと思い、ストーリーにしてみました。これ以外にも様々な視点での漫画をSNSで投稿しており、キャンプをされているみなさんにコメントで共感いただいてます。

キャンプとは、特に正解がないのでなかなか「これならこうしたほうがいい!」という答えを出すことは難しいのですが、ひとつの意見やアイデアとして、漫画でわかりやすく今後も伝えていけたらいいなあと思います。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.