こんにちは、みーこパパです。ソロキャンプはとにかく自由ですので、特にこのメーカーのこの道具でなければいけない!というような決まりは一切ございません。テントについても自由で、好きなものを使って頂くのが一番です。その前提の上で、今回は、みーこパパおすすめの商品についてご紹介させていただきます!道具選びの参考にして頂ければと思います。

キャンプ場までどうやって行くかで、おすすめテントも変わる

まずは目的地のキャンプ場まで、どんな方法で行くのかによっておすすめするテントが変わります。車であれば、あまり深く考えなくても大丈夫です。一人で設営と撤収ができるなら、大きなツールームテントだって構いません。

もし徒歩や自転車で移動する場合は、重さや収納サイズも考慮する必要が出てきます。

ソロ用のテントは、重さがおおよそ1kg~5kg前後です。リュックサックやキャリーカートで長時間持ち運んで苦にならない重さは、個人差がありますので明確に何kgが良いとは言えませんが、軽ければ軽いほど、移動は楽になります。

いくら軽くても、畳んだ時にポップアップシェードのような円形の形状ですと、積載しにくくて苦労します。移動中も邪魔になりがちですので、長さが50cm前後の円柱形になるものが好ましいですね。

登山用テントは軽いけど、居住性はいまいち

画像: 登山用テントは軽いけど、居住性はいまいち

登山用テントは高額ですが、小さく畳めて軽量なものが多くなっています。また、必要なときにすぐに設営できることが求められるため、設営しやすいものがほとんどです。

キャンプよりも過酷な環境で命を守るために使われるものですので、雨に耐えうる耐水圧や、風に対しての強さも優れています。

ただし床面積の広さと天井の高さといった居住性に関しては、キャンプ用途のものに比べるとギリギリまで削られています。多少重くはなりますが、1人用よりも2人用を選ぶと、余裕をもって使えます。

快適テントの目安は、「前室」の広さ

画像: 筆者撮影・テントの前室

筆者撮影・テントの前室

テントには前室という靴を置くための土間スペースがありまして、これがある程度広いと荷物置きスペースにできます。

前室が広いとテントの重量も重くなりますが、タープを持たなくても良くなることで総合的に見ると軽くできることがあります。

タープですと、ポールも余計に必要になってしまいますので。一般的にテントの方がタープよりも風に強いので、重くなる以上に悪天候時のメリットが大きいです。

以上を踏まえての筆者おすすめテント6つを、次の項からご紹介します。それぞれ次のような評価基準を設けました。

  • 居住性    前室の広さや天井の高さなど、テント内での過ごしやすさ
  • 耐久性    雨や風に対しての耐久性
  • 収納サイズ  パッキングした際の小ささ
  • 設営しやすさ 設営に要する時間が短いほど高評価
  • 重さ     軽いほど高評価
  • 価格の安さ  安いほど高評価

1)車移動向け・広い前室のテント

重量は9kgと重いので車で移動する方向けですが、キャンパルジャパンのヴィガスは高い天井が特徴的なドーム型テントです。

前室は床面積が258×195cm、高さは192cmとソロのリビングとしては広大です。テント足元の全周に風よけのスカートが付いておりますので、1年中使えるテントです。

老舗のキャンパルジャパンらしい、玄人好みなテントです。今回紹介する他のソロ用テントと比べますと、設営難易度と価格は高くなります。

  • 居住性    A+
  • 耐久性    A
  • 収納サイズ  C
  • 設営しやすさ C
  • 重さ     C
  • 価格の安さ  C

2)車移動向け・全体を前室のように使えるテント
テンマクデザイン サーカスTC

テンマクデザインのサーカスTCは、筆者も現役で使っているテントです。標準で床が付属せず、シェルターのように使うことができるワンポールテントです。

画像: 筆者撮影:サーカスTCとカンガルーテント

筆者撮影:サーカスTCとカンガルーテント

虫の少ない冬は地面に直接足つきのベッドを置いて、虫の多い時期はインナーテントの代わりに小さいテントを入れて、蚊帳にして使っています。

ポリコットン素材のテントは、大雨だとちょっと雨漏りします。しかし結露などがほとんど無く、乾きも速いので、私は大雨じゃなければ好んで使います。特に冬に籠もるには最適です。

  • 居住性    A
  • 耐久性    B
  • 収納サイズ  B
  • 設営しやすさ A+
  • 重さ     C
  • 価格の安さ  B

ワンポールテントは設営が簡単で、耐風性もあるので快適なソロキャンプが可能です。ただしサーカスTCは人気がありすぎて、入荷してもすぐに売り切れてしまうため中々買えません。

FIELDOORに、似たコンセプトのワンポールテントがあります。サーカスTCと同様のポリコットン素材で、インナーテントも付属します。

3)軽量で安価なドームテント
フィールドアキャンプドーム100

こちらもFIELDOORの製品で、私もソロキャンプで使用しているドーム型ソロテントのフィールドキャンプドーム100です。2.2kgと軽量でありながら7,000円前後と安価で、アルミポール、UVカットと価格以上の性能を持っています。

画像: 筆者撮影:フィールドキャンプドーム100

筆者撮影:フィールドキャンプドーム100

前室に靴などは余裕で置けますが、高さは無いので煮炊きはちょっと厳しめです。上の写真のようにひさしを跳ね上げれば、小さいバーナーであれば使えます。雨の時はタープがあった方が快適でした。

車での移動に限るならば、倍の大きさのフィールドキャンプドーム200という商品にすると室内が広くなりますので、前室の狭さも気にならなくなります。

  • 居住性    C
  • 耐久性    B
  • 収納サイズ  A
  • 設営しやすさ B
  • 重さ     A
  • 価格の安さ  A+

This article is a sponsored article by
''.