キャンプの夜の過ごし方で人気なのが、星空の下での映画や当日撮った写真や動画などの鑑賞です。開放感あふれる野外で大きな画面に映し出される映像を見るひと時は忘れられない思い出になります。そこで、キャンプに持っていくのにぴったりのプロジェクターの選び方とおすすめ商品をご紹介します!

キャンプに適したプロジェクターはどうやって選べばいい? 選ぶときのポイント6つ

解像度 

解像度は映像のクオリティを左右する重要な項目です。画像を表現する“点の数”と“タテヨコ比率”を表しており、一般的に解像度は1280×800px(ピクセル)といったように数字で表されます。この数字が大きくなるほど高画質、つまり鮮明な映像となります。

解像度が低いと、映像内の文字が読みづらくなったり、人の表情が不鮮明になったり、字幕がつぶれたり、快適な視聴ができなくなってしまいます。

DVDでの視聴をメインに考えているのであれば800×600pxもあればきれいに視聴できますが、プロジェクターは投影する距離によって画面の大きさ・画質も変わるため、1024×768px以上を選んでおくと安心です。

解像度の規格解像度(ピクセル)タテヨコ比
<VGA>解像度:640×4804:3
<SVGA>解像度:800×6004:3
<XGA>解像度:1024×7684:3
<WXGA>解像度:1280×80016:10(ワイド)

バッテリー

キャンプではAC電源がないサイトもあります。そのため、内蔵バッテリーで稼働できるプロジェクターを選んでください。

例えば、上映時間120分の映画を1本観たい場合、連続2時間稼働可能な4000mAh(ミリアンペアアワー)以上のバッテリーが内蔵されている商品が適しています。

また、スマホなどで使うモバイルバッテリーで充電できるものもあります。機種選びの際にチェックしてみてください。

プロジェクターの本体サイズ

持ち運びのしやすさで考えると本体がコンパクトなプロジェクターを選びたいところですが、小さくて性能の良いものは値段もそれなりにします。また、小さいものはそれだけバッテリー容量が少なかったり、解像度が低かったりするのでご注意を。

キャンプでの使い方、持ち運び方法、全体の荷物の量などを考えて、負担にならない大きさのものを選ぶようにしましょう。

スピーカーの有無

プロジェクターにはスピーカー内蔵のものとそうでないものがあります。スピーカー内蔵でないものは別にスピーカーを用意する必要があります。

大きな音とともに映像を楽しみたい場合は外付けスピーカーがおすすめです。ただし、周りに配慮した音量で楽しんでくださいね。ほとんどのプロジェクターにはスピーカー端子が付いていますが、購入前にしっかりチェックしましょう。

内蔵スピーカーで観る場合は、投影の距離・視聴する人の位置によっては聞こえにくいこともあるので注意してください。

ルーメン(明るさ)

ルーメン(lm)とは光の明るさ・量を表す単位です。ルーメンの数値が高ければ高いほど明るい映像を見ることができます。

キャンプ場など暗いところでは100〜250lmあればほぼ問題なく観ることが可能です。昼間や明るいうちからプロジェクターを観たい場合はルーメン数が高いものを選んでください。

スクリーンについて

投影するスクリーンがないと映像が見られません。プロジェクターと合わせてスクリーンも用意してください。

専用のスクリーンではなくても、白い大きな布などを広げれば即席スクリーンにすることができます。車などに張り付けたり洗濯物のように布を吊るしたりすると簡単です。

それでは、キャンプにオススメのモバイルプロジェクターを3つご紹介していきます。

画像: スクリーンについて

設置場所を選ばない! テーブルや床にも投影可能な小型プロジェクター

1. SONY(ソニー) プロジェクター ポータブル LSPX-P1

サイズは約8.1cm×13.1cm×13.1cm 、重さは約930gで、2時間連続使用が可能。片手で掴めるコンパクトサイズであるにもかかわらずスピーカーも内蔵されているのでとても便利です。

最大の特徴は映し出すスクリーンや壁などの目の前に置いて22インチ、投影するものから約28cm離せば最大80インチまで投影できるというスグレモノ。距離を離さなければ大きな映像を観られないという今までのプロジェクターの弱点を克服したソニー独自の技術は、プロジェクターの概念を覆しました。

さらに、小型でどこでも持ち運べるため、みんなで団らんしているテーブルやテントの側面などに写したりなど、アイディア次第で幅広い楽しみ方ができます。本体には電源ボタンのみで、操作はすべてスマホのアプリから。キャンプで使う前に家で練習をしておくとスムーズに楽しめます。発売当初は人気があり過ぎて、一時品薄状態にもなったほどです。

SPEC

  • 解像度:1376×768
  • 明るさ:100lm
  • バッテリー駆動時間:約2時間
  • スピーカー:2W +2Wモノラル(4Ω)
  • 重量:約930g
画像1: 撮影した写真・動画で盛り上がろう!キャンプの夜を楽しむモバイルプロジェクター3選
ソニー SONY プロジェクター ポータブル/超短焦点/バッテリー・スピーカー内蔵 LSPX-P1
■壁際に置くだけで22~80インチの映像を映し出せる ■テーブルや床にも投写でき、新しい使い方を楽しめる ■小型ながら、バッテリーとスピーカーを内蔵 ■投写方式:SXRD・3原色液晶シャッター投写方式 ■表示素子:0.37型 SXRD x1 1366 x 768 画素 ■フォーカス調整:電動 (オートフォーカス) ■投写画面サイズ:22型-80型 ■光源:レーザーダイオード ■明るさ:100 lm ■バッテリー:内蔵リチウムイオンバッテリー ■駆動時間:約 2 時間 ■充電時間:約 4 時間 ■スピーカー:25mm x 2 (モノラル), バスレフ方式 ■アンプ:2 W + 2 W モノ...
¥ 137,800
2019-08-29 10:55

Wi-Fi内蔵でスマホや動画サイトからの投影もできる! オプションで外付けバッテリーも

2. VIVITEK(ヴィヴィテック)QUMI Q6

本体サイズは16.5cm×10.2cm×3.4cm、重さ475g。なんと500mlのペットボトル1本分よりも軽いです。Wi-Fiを内蔵しているのでパソコンやスマホなどのワイヤレス接続も可能。インターネットに接続すれば、保存している映像だけでなく動画サイトの映像を投影することもできます。

光源はLEDランプで、寿命は約3万時間。800ルーメンと明るいのでキャンプ場が多少明るくともストレスなく観ることができます。内蔵バッテリーはないのですが、オプションで外付けバッテリーが用意されているので、キャンプで使う場合は併せて用意してください。

SPEC

  • 解像度:1280×800
  • 明るさ:800lm
  • バッテリー駆動時間:約1.5時間
  • スピーカー:2Wモノラル
  • 重量:約475g
画像2: 撮影した写真・動画で盛り上がろう!キャンプの夜を楽しむモバイルプロジェクター3選
QUMI Q6-BKブラック 超軽量475g 高輝度800ルーメン LEDモバイルプロジェクター WXGA 720P Wi-Fi内蔵 インターネット接続可 MHL接続対応
●重量475g、驚異の800ルーメン!更に明るく、更にスマートに!QUMIの矜持を体現した最強モデルQ6登場!●≪特長≫●500g以下クラス最高・最強輝度800ルーメンの明るさ●サイズW165mm×H102.4mm×34mm、重さ475g。●QUMIならではの圧倒的なコンパクトボディに500g以下のLEDモバイルプロジェクターとしては最高輝度となる800ルーメンのLED光源を搭載!部屋の電気をつけたままで投射可能な明るさを、このサイズで実現しました。●Q5より軽量にしてQ7クラスの輝度を実現した、まさにQUMI史上最強モデルです。●明るさだけじゃない、明るく“クッキリ”を実現する投射スペ...
¥ 52,800
2019-08-29 11:01

バッテリー駆動可能時間は3時間! 映画もたっぷり楽しめるモバイルプロジェクター

3.BenQ モバイルプロジェクター GV1

大きさは8cm×15.5cm×8cm、重さは708gとコンパクトながら、バッテリーの稼働時間は約3時間とたっぷりあります。投影できる画面サイズは100インチと広いので、大人数でのキャンプにもぴったり。

本体の投影部にはチルトヒンジを採用しており、レンズ角度を照射する面の高さに合わせて15°の範囲で調整できます。また、自動台形補正機能付きで画像がゆがんだりもしません。

Wi-FiやBluetoothを経由すれば、モバイル端末からビデオ・ゲーム・音楽のストリーミング再生も可能です。対応するスマートアプリをインストールしておけば、youtubeやNetflixなどのコンテンツを楽しむこともできます。

5Wのスピーカーを内蔵しているため、本体から離れてもクリアな音声や音楽を楽しめますよ。

SPEC

  • 解像度:1920 x 1080
  • 明るさ:200lm
  • バッテリー駆動時間:約3時間
  • スピーカー:5W
  • 重量:708g
画像3: 撮影した写真・動画で盛り上がろう!キャンプの夜を楽しむモバイルプロジェクター3選
BenQ モバイルプロジェクター GV1 LED光源 200lm USB-C Android搭載 5Wスピーカー 無線LAN・Bluetooth バッテリー内蔵
4544438055745
¥ 30,998
2019-08-29 11:04

プロジェクターを使えばキャンプの夜がもっと楽しく、もっと特別になる!

画像: プロジェクターを使えばキャンプの夜がもっと楽しく、もっと特別になる!

その日のアクティビティを動画で撮って、みんなで笑いあったり、雰囲気抜群なキャンプ場でホラー映画を観たり(笑)…プロジェクターがあれば、いつもの夜がもっともっと楽しくなるでしょう。今回の記事を参考にぜひモバイルプロジェクターを検討してみてはいかがでしょう!

モバイルプロジェクター紹介記事はこちら

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.