寒いシーズンにキャンプを快適に楽しみたいのならば保温力の優れたシュラフ(寝袋)は必須アイテムです。冬以外の3シーズン用シュラフは持っているけど、初めて秋冬用を検討している方や冬キャンプを初めてする方など、シュラフの選択を失敗しないためのポイントとおすすめ商品について紹介します。

秋冬用寝袋(シュラフ)の選び方 『限界使用温度』『快適使用温度』は絶対に確認しよう!

シュラフには必ず限界使用温度・快適使用温度のどちらか、あるいはその両方が表示されています。限界使用温度とは「使用できるギリギリの温度」で、快適使用温度は「快適に眠れる温度」です。

特に注意したいのは限界使用温度で、それを下回る環境下での使用は死活問題です。目的地の最低気温をチェックし、適切なシュラフを選んでください。

例えば、厳冬期の中級登山までならば目安は限界使用温度-15度、快適使用温度-5度以下程度のものがおすすめです。

寝袋(シュラフ)の対応可能温度は、メーカーごとに表記が違う! コールマンやロゴスの温度表記を解説

シュラフの対応可能温度についての表記方法はメーカーによって異なります。限界使用温度と快適使用温度、どちらにあたる温度が記されているのかしっかり確認しましょう。ご参考に、記事内にてご紹介するメーカーの表記の違いは以下の通りです。

コールマン(Coleman):マミー型のシュラフには「使用可能温度」と表記されており、一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間寝られる温度域が基準とされています。

イスカ(ISUKA):「最低使用可能温度」と表示されています。表示温度におおむね5~10℃をプラスした温度域が「快適使用温度」となります。

LOGOS(ロゴス):「快適使用温度」にあたる温度が「適正温度目安」として表記されています。また、他のメーカーと異なり「長袖シャツ・フリース・長ズボン・くつ下着用のうえ、アルミロールマット使用」という状況想定がされています。

表記されている対応可能温度と保温力は目安として考え、使用されている素材などをしっかり確認して選びましょう。

画像: 寝袋(シュラフ)の対応可能温度は、メーカーごとに表記が違う! コールマンやロゴスの温度表記を解説

大手アウトドアメーカー『コールマン』のコスパ抜群モデル 保温性と可動性に優れる寝袋(シュラフ)

1. コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミーL15

使用可能温度-15℃、重さは3.4kg。保温性を確保しながらも寝返りが打てるほど、余裕のある作りになっています。体にぴったりとしたシュラフは少し苦手という人におすすめ。

フード部分を閉めると冷気の侵入を防げ、ファスナー部分には中綿がしっかり詰まったチューブが取り付けられているので、空気の流れをシャットダウン。洗濯機で丸洗いでき、清潔に保てます。

Amazonでは1万円台とリーズナブル。若干重いので登山用というよりはキャンプなどのレジャーや車での移動、車中泊に向いています。

画像1: コールマンやロゴスなど大手メーカーのおすすめ寝袋紹介 秋冬用シュラフの選び方も解説
コールマン(Coleman) 寝袋 タスマンキャンピングマミー L-15 使用可能温度-15度 マミー型 2000022267
[商品スペック]
●使用可能温度 : -15°C以上
●使用時サイズ : 約83×203cm
●収納時サイズ : 約φ31×49cm
●重量 : 約3.4kg ※材質、仕様、付属品は下記参照L-15/L-8/L0共通
●材質 : 表地/ポリエステル、裏地/ポリエステル、中綿/ポリエステル
●付属品 : 収納ケース
[商品詳細]
人の体型に合わせたマミー型で保温性と寝返りがうてる可動性を両立した
キャンプで快適に眠れるスリーピングバッグ。
¥ 10,812
2019-08-29 9:40
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.