JETBOIL(ジェットボイル)は従来のバーナーと比べ高速でお湯を沸かせられ、調理することだってでき、そのうえ、軽量コンパクトで携帯性に優れているためキャンパーや登山者から大人気となっている新しいアウトドア・バーナーです。初めて聞くそのネーミングに興味を持ったり、聞いたことがあっても実際にどうなの? と思われる方もいらっしゃると思います。そこで今回は、ジェットボイルの特徴と、数種類あるラインナップからおすすめ商品をご紹介していきます!

ジェットボイルはバーナーの2倍の熱効率! 高いエネルギー効率を実現した調理器具

ジェットボイルとは何か

ジェットボイルはバーナーとその上に取り付けるクッカー(コンパニオンカップ)を一体型にし、クッカー内に熱を閉じ込めることで、高いエネルギー効率を実現した調理器具です。

一般的なバーナーよりも2倍近く熱効率が良いので、時間も燃料も約半分でお湯を沸かすことができます。すべてのパーツをクッカーの中に収納できるので非常にコンパクトで手軽に持ち運びができます。

2001年から発売が始まり、荷物を軽く、少なくしたい人、早くお湯を沸かしたい人から高い支持を集めています。

ジェットボイルで出来ること

ジェットボイルはクッカーでお湯を沸かすだけでなく、付属のゴトクを使えば、同ブランドから発売されている別売りアイテム(クッキングポットやフライパン)を使用しての調理も可能です。火加減は細かく調節が可能なので、炒める・煮る・焼くなど様々な料理に対応します。

フライパンやクッキングポットといったオプション品も豊富に取り揃えているので、ソロ使用から大人数でのキャンプでも安心。とはいえ、用途に特化したモデルもラインナップされていますので、自分のスタイルによって使い分けることが大切です。

<使用上の注意>
ご使用の際は、ジェットボイル専用ガスカートリッジをご使用ください
それ以外のものは使用しないでください

それでは、おすすめのジェットボイルを3つご紹介します! 大容量のものからコスパを重視したものまでありますので、お好みで選んでみてください。

画像: ジェットボイルで出来ること

ソロキャンプに最適な、容量0.8Lのコンパクトなクッカー 低温でも火加減が安定し微調整も簡単

1. JETBOIL(ジェットボイル)マイクロモ

容量0.8L、総重量約400g(ガスカートリッジ除く)。とてもコンパクトながら高機能なジェットボイルがこちら。熱損失を最小限に抑えてくれるフラックスリング(クッカー底に取り付けられている特殊なリング)を採用し、小さい火力で素早い沸騰を実現しています。

また、サーモレギュレーターにより、マイナス6℃の低温化でも安定した火力で急速沸騰が可能。さらに強火からとろ火まで、火加減を微調整することができます。

容量が0.8Lのクッカーはソロキャンプにちょうどいい大きさ。さらに、アルミニウム素材なので、軽く、耐久性に優れていて汚れも付きにくいです。

クッカーを覆うネオプレン製コジーは断熱性にすぐれており、ヒートロスもなく、手持ちの際も安心。また、クッカー下部にはスカートが溶接されているため、風のある場所でも炎が横流れしにくい設計になっています。

ボトムカバーは計量カップとしても使えるなど、キャンパーのことをとことん考えた設計になっています。

画像1: 今大人気のジェットボイルの使い方とおすすめ商品3選 キャンプ料理の時短に役立つ
JETBOIL(ジェットボイル) バーナー マイクロモ カーボン CARB 【PSマーク取得日本正規品】 1824380
高性能バーナーにコンパクトモデルが登場。ソロキャンプでのクッキングはもちろん、低温環境が予想されるさまざまなアウトドアシーンで活躍します。
火加減を繊細に調節できるので、強火での急速沸騰から、小さい炎が安定的に必要な“とろ火”での煮込み料理まで幅広く楽しめます。また、-6度まで安定した火力を発揮するサーモレギュレーターを搭載モデルです。
※ガスカートリッジは付属しません。
¥ 15,980
2019-09-10 2:07

1Lの大容量&調理に最適化したモデル クッカーの口が広く食材が扱いやすい!

2. JETBOIL(ジェットボイル)ミニモ

容量1L、重量500g。クッカーの口を広く、高さを低くすることにより、調理用に最適化したモデル(鍋のような形状にしたモデル)。食材を入れたりかき混ぜたりするのが楽で、より調理向きと言えます。

調理や食事の際にクッカーを持つ手がカップに触れにくい設計になっており、快適・安全に使えます。マイクロモ同様にサーモレギュレーターや火力調整バルブを搭載しているため、低温での安定使用はもちろんのこと、強火での急速沸騰からとろ火での煮込み料理まで、少し凝った料理を作りたいという方にもおすすめです。

ただし、クッカー自体は高温になるので、クッカーに直接口をつけて食べるのは避けてくださいね。カラーバリエーションも豊富なので選ぶ楽しさや愛着も湧きやすいでしょう。

画像2: 今大人気のジェットボイルの使い方とおすすめ商品3選 キャンプ料理の時短に役立つ
JETBOIL ジェットボイル ミニモ CB-LG 1824381 CBLG
クッカーと熱効率の高いストーブがセットになった簡単便利なアウトドア用調理器具。
従来のパーソナル・クッキング・システムのカップに比べ、
口を2.3cm広く、高さを4.5cm低く設計し、調理用に最適化。
調理や食事の際に、カトラリーを持つ手がカップに触れにくく、より快適・安全に使用できます。
火加減を繊細に調節できるので、強火での急速沸騰から、
小さい炎が安定的に必要な“とろ火”での煮込み料理まで幅広く楽しめます。
マイナス6度まで安定した火力を発揮するサーモレギュレーターを搭載モデル。
【 SPEC /製品仕様 】
■ブランド名:JETBOIL
■商品名:ミニモ...
¥ 21,060
2019-09-10 2:15

コスパを意識した必要最低限の機能のみを備えたモデル 初めてのジェットボイルにおすすめ

3.JETBOIL(ジェットボイル)ジップ

容量0.8L、重量407g。ジェットボイルは1万円代後半から2万円台前半の価格帯が多い中、ジップはAmazonで1万円台前半とコスパに優れたモデルとしてジェットボイルを試してみたい人におすすめ。

基本機能は他のジェットボイルとほぼ同じですので凝った調理をする予定がないのならば十分! ただし、自動点火ではないため、マッチやライターなどを持っていかなければなりません。

画像3: 今大人気のジェットボイルの使い方とおすすめ商品3選 キャンプ料理の時短に役立つ
JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【日本正規品】 PSマーク取得品
ジェットボイルの高い熱効率はそのままにコッヘルの容量を小型化した軽量・シンプルなモデル。
保温クッカーと熱効率の高いストーブがセットになった簡単便利なアウトドア用調理器具。クッカーの底のフラックスリングが抜群の熱効率を実現しています。クッカー側面を覆うネオプレン製のカーゴコジー(カバー)は断熱性が高く、調理中でもクッカーを素手で扱え、ヒートロスも防ぎます。カーゴコジーには、スプーン・フォークなどのカトラリーを差し込んで収納できるポケットも付いています。カートリッジに装着して転倒を防ぐスタビライザーと、他のクッカーに対応するゴトクが付属します。ジェットボイルのオプションパーツが使用可能です...
¥ 10,692
2019-09-10 2:20

ガスバーナーの弱点を克服したジェットボイル 軽量・コンパクトなのでアウトドア・キャンプにおすすめ

画像: ガスバーナーの弱点を克服したジェットボイル 軽量・コンパクトなのでアウトドア・キャンプにおすすめ

ジェットボイルは短時間でお湯を沸かせるだけでなく、調理にも対応してくれるアウトドア・バーナーです。しかもガスバーナーの弱点である低温環境や長時間使用も考えて作られたモデルもあり、登山にキャンプにと使用目的に応じて購入できることも嬉しいポイントですね。

一般的なバーナーと比べれば、価格は高いですが、軽量・コンパクトで荷物にもなりませんし、時短にもなるジェットボイルを使えば、よりアウトドアライフが快適になることでしょう。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.