焚火台を出しているメーカーはたくさんありますが、中でもスノーピーク(snow peak)は丈夫な設計と豊富なオプションで人気を集めています。機能性が優れているだけでなく、デザインもおしゃれなので、キャンプで焚火を囲む時間をもっともっと特別なものにしてくれるでしょう。今回は、そんなスノーピークの焚火台の魅力&オプションアイテムのおすすめをご紹介していきます!

デザインの良さだけじゃない! スノーピークの焚火台の魅力は丈夫さ&豊富なオプション

アウトドア好きに人気の高いスノーピークは、1996年から焚火台を販売していて、直火禁止という自然にやさしい焚火を提案してきました。シンプルなデザインで収納も折りたたむだけなので、焚火台デビューにもぴったり。

人数が1~2人ならばSサイズ、3~4人ならばMサイズ、5~6人ならばLサイズが使いやすいです。個人的な感想としては、Mサイズまでなら女性でも持ち運びやすいですよ。フレームはステンレスパイプの頑丈な4本脚になっているので薪をくべる時の焚火台の衝撃や焚火の熱ではびくともしません。使用しないときは平らに折りたたむことができるので、専用の袋に入れれば保管や移動がとても楽にできます。

1.5mmのステンレス素材でとっても丈夫

焚火や炭火はとても高温になるので、熱で変形したり劣化したりすることなく長く使える丈夫さは非常に重要になってきます。スノーピークの焚火台は厚さ1.5mmのステンレスで作られているので、繰り返しの使用にも耐え、長くキャンプの相棒となってくれるのです。

バーベキューもできる! 豊富なオプション

焚火台とは別売りのオプションアイテムも豊富。組み合わせることで、焚火を利用した料理の幅が広がります。焚火台単体で使うのもいいですが、他のオプションアイテムもそろえて使うのがおすすめです。

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

ここからは、スノーピークの焚火台&関連アイテムのおすすめをご紹介していきます!

初心者はコレを買えばOK! 焚火に必要なものがすべてそろっている
1.スノーピーク 焚火台スターターセット(S・M・L)

焚火台、焚火台ベースプレート、炭床Pro、焚火台コンプリート収納ケースがセットになっている商品です。焚火を行うのに必要なものがそろっているので、後は炭や薪があれば焚火を楽しむことができます。ちなみに、焚火台以外のアイテムの用途は以下をご覧ください。

  • 焚火台ベースプレート:焚火台の下に敷いて、芝や土の中の微生物を熱から守る
  • 炭床Pro:底上げして炭の燃焼効率を上げる
  • 焚火台コンプリート収納ケース:焚火台やベースプレート、炭床をぴったり収納できるケース
画像: 編集部撮影(スノーピーク焚火台コンプリート収納ケース)

編集部撮影(スノーピーク焚火台コンプリート収納ケース)

それぞれのアイテムを個別に買うよりもセットを買う方が値段もお得なので、これからスノーピークの焚火アイテムをそろえる人におすすめです。

グリルプレートや焼アミを設置して調理の幅を広げよう!
2.スノーピーク 焚火台グリルブリッジ+グリルプレート・焼アミ

グリルブリッジを焚火台にセットすると、焼アミやグリルプレートなどの調理用アイテム(別売)を使えるようになります。3段階の高さ調整によって、火加減をコントロールすることができ、キャンプの調理をより楽しむことが可能です。焚火台同様に高熱にも耐えるスペックを持っているので耐久性も抜群。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

※こちらはLサイズですが、ご自分の焚火台のサイズに合ったものを購入してください。

グリルブリッジとあわせて購入したいのが、グリルプレート黒皮鉄板アミPro。グリルプレート黒皮鉄板は焚火台L&グリルブリッジLに使用可能で、これがあれば焼きそばやチャーハンも作れます。焼アミProはMとLのサイズ展開。焚火台で網焼きバーベキューができるアイテムです。ただし、焚火台の収納袋には一緒に入れることができないので、注意してください。

焚火台を囲んで使える便利なテーブル
3.スノーピーク ジカロテーブル

4つのテーブルユニットになっていて、組み合わせると真ん中に四角い空間ができます。この四角い穴の中に焚火台をセットすることで、焚火台を囲んだ形でテーブルとして利用することが可能。焚火台を囲みながら団らんを楽しむことができます。バーベキュー時にお皿やコップを置くところがないという悩みを解消してくれる画期的な製品です。

テーブルの高さは400mmとなっていて、同じくスノーピーク製品のローチェア30やベンチとの相性が抜群。重量10.5kgと若干重いですが、収納時は分解ができるので、付属の収納ケースに入れれば持ち運びも楽です。これを使えば子どもが必要以上に焚火台に近づけないので安全です。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

スノーピークの焚火台でキャンプの夜の豊かな焚火時間を過ごそう

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

スノーピークの焚火台はやや値が張りますが、その分耐久性と機能性に優れているので、愛用しているキャンパーも多くいます。収納ケースまで魅せるデザインになっているのも、ポイントが高いですよね。オプションアイテムを活用すれば調理器具としての役割も果たしてくれるので、一石二鳥。ぜひ、スノーピークの焚火台を囲んでかけがえのない思い出を作ってください。

こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.