こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! 今回は、キャンプなどのアウトドアで楽しく遊べるおもちゃを探そう! というテーマで、色々な遊び道具を探してみました! 晴れた日はもちろん、雨の日キャンプでも楽しく過ごせる、たくさんの人と笑顔で楽しくなる、そんなおもちゃを見つけてきました!

キャンプで遊べるおもちゃは、汚れるので安価で発想がおもしろいものがおすすめ

いざキャンプで遊べるアイテムを探そうとすると、大手おもちゃチェーンストアなどが思いつきますが、販売しているアイテムはバトミントンなどの誰もが知ってるアウトドアアイテムばかりだったので、少し物足りなく感じていました。

なので今回は、いつもとは少し違う目新しいアイテムを探すことに! 色々と考えながら、「日本ではなく、海外のアイテムを取り扱っているお店を探してみよう!」と思いついたので、デンマーク発の雑貨屋・Flying Tiger Copenhagen(フライングタイガーコペンハーゲン)で探すことにしました。アウトドアで遊ぶアイテムは、汚れることも考慮して安価なもので探したいということ、そして発想が面白い物がいいと考えたからです。

フライングタイガーコペンハーゲンは、デンマークの会社が運営するチェーンストアで、店内に入るとインテリアや文房具、食器などさまざまな種類のカラフルなアイテムがたくさん並んでいます。今回はその中から、キャンプやアウトドアで遊べる商品を見つけてきました!

※記事執筆時点で販売されていた商品であることをご了承ください!

1)【hovedbasket 玉入れ】ルールは自由! キャンプ仲間と盛り上がるおもちゃ

画像1: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

パッケージが面白かったことと、キャンプでこれをつけて走り回ってる人いたら面白いかなと思い、購入。

パッケージを見ながら「どうやって勝ち負けを決めるのだろう」と考えていましたが、こちらの玉入れには、遊び方のルールやかごの作り方などがどこにも書いていませんでした。なので、このパッケージから球をすべて入れたもの勝ちのゲームだと推測。

正式なルールがわからないため、カゴの役の人は動いていいのか、いけないのか不明ですが、逆に考えれば、ルールを自由に決めて遊ぶことができるので、楽しみを自分たちで作ることができますね!

早速、購入して開封してみました。コンパクトに分解されて、収納されているので、キャンプへの持ち運びは楽そうです。

画像2: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

組み立ててみました。赤い棒を差し込み、輪にネットをつけるだけなので、お子さんでも簡単に組み立て可能です。

画像3: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

自分でつけて撮影するのは少し勇気がいるので、マネキンにつけてみました。

画像4: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

マネキンではつまらなかったので、GSD編集部のメンバー・あゆなさんはやとさんに遊んでもらいました。

背の高い人がゴールだとなかなか入らなくて、大変。また、球をあまり強く投げると、網に入っても一瞬でするっと飛んでいってしまいます。しかし本人たちはなかなか楽しそうでした

画像5: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

今度、実際にキャンプで持って行って使ってみようと思います!

2)【大きなトランプ】通常の4倍以上 後ろから見ている人も楽しめる!

画像6: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

続いては、通常の4倍以上もの大きさがあるトランプを購入しました。雨の日のキャンプなどでも全世代が楽しるトランプはおすすめ。今回、あえて大きなトランプを購入してみましたが、キャンプで大きなトランプを使うと後ろから見やすいので、参加している人だけでなく見ている人も楽しめるのではないか、と感じました。

画像7: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

例えば大人数でキャンプに行った際、4人はゲームを楽しんで、後ろから見てる人たちも大きなカードだとよく見えるので、たくさんの人と楽しむことができるのではないでしょうか?

トランプゲーム「大富豪」のおすすめルールはこちらの記事に書いているので、ぜひご覧ください!

3)【dragekite 凧】広い場所で飛ばそう アウトドアだからこそ楽しめるおもちゃ

画像8: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

タコやブーメランなども楽しく遊べるアイテムのひとつですね。ブーメランは、どこに飛ぶかわからないので、人に当たる危険がない広い場所で遊びましょう!

画像9: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

今回はタコで遊んでみましたが、海沿いは風が強くてなかなか飛びませんでした。しかし、飛ばそうと努力している瞬間はとても楽しいものです。

以上3つが、フライングタイガーコペンハーゲンで見つけた個性派おもちゃでした! 普通のお店では見かけないような遊び道具が売っているので、おすすめですよ。

4)【アメージングバルーン】夏におすすめのおもちゃ! 100個の水風船を簡単に作れる

最後にもうひとつ、去年見つけたおもちゃなのですが、夏にこそおすすめしたい「アメージングバルーン」という水風船です。

画像10: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

水道から一気に100個の水風船を作ることが可能です。

画像11: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

水を入れて膨らませると、こんな感じの水風船になります。

この水風船のゴム素材は、薄いので人にぶつかると簡単にパンとはじけて中の水が飛び散ります。

画像12: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

100個をみんなで投げ合うのですが、割れないように受け止めるのが難しく、パンと弾ける感覚が快感になります。

割れた後はゴミが出るのですが、ゴムがカラフルなので掃除の時見つけやすく、その際に一緒に他のゴミ拾いもすると、環境にも優しいですね。

おもちゃは大人も子供も笑顔に! キャンプやアウトドアで体を動かして、目いっぱい遊ぼう!

おもちゃという言葉を聞くと、どうしても子供目線で楽しめるかと考えてしまいますが、大人こそこのシンプルな仕組みのおもちゃで、楽しむ時間があってもいいのではと思います。

キャンプやアウトドアは、自然を楽しみ、食事も楽しみ、そして体を動かす機会がたくさんあるので、その時間をより楽しむためにおもちゃがあると、今までになかった遊びもできるようになります。大人も子供も一緒になって楽しめる時間が、おもちゃを通して増えたらいいなと思います。

また面白いアイテムや、キャンプで楽しめそうな遊びのアイデアが浮かんだ時は、記事にしてまとめようかと思いますので、楽しみにしていてください!

This article is a sponsored article by
''.