こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! キャンプといえば、荷物が多すぎたり車に載らなかったりと収納の悩みが尽きないものです。なので今回は「かさばらないアイテム」を選択して、最小限の荷物を作ってみようと思います!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のカマド スマートグリルB6型 10秒あれば組み立て完了!

キャプテンスタッグから発売されているカマドスマートグリルB6型。その名の通り、折りたたむとB6サイズで収まるとても小さなグリルですが、組み立てから使い勝手の良さまで納得のいくアイテムのひとつです。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

組み立ては、開いて網を乗せるだけなので10秒もあれば可能です。グリルに合わせて小さくした薪を入れて、火を起こせばこんな大きな牛肉でも焼けます。

画像: GSD編集部メンバーあゆな撮影 glittering-stars.com

GSD編集部メンバーあゆな撮影

glittering-stars.com

ノーブランド コンパクトチェア サッと座りたい時や焚き火を管理するときなど小回りがきき使いやすい

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

最近のチェアはコンパクトに折りたためるものがたくさん出ていますね。大きなキャンプ用のチェアとは違って、コンパクトチェアは、焚き火の管理をするときやさっと座りたい時に大活躍します。購入は、近隣のL-Breath(エルブレス)にて、ノーブランドのセール品を購入してきました。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

コンパクトになるチェアなので、かさばらず便利です。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

組み立てて、布を張るとチェアになります。

ロゴス(LOGOS)焚き火シート 折りたためば15×20cmに! 耐熱温度500度で炎から芝生を守れる

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

グリルの下に敷くたき火台シート。ファイバーグラスという素材でできており、耐熱温度500℃の耐火シートです。キャンプの際に使用すると、火から芝生を守れるため、自然保護にも役に立ちます。

ロゴスたき火台シートは60×80cmですが、収納時は15×20cmまで折りたためるのでとてもコンパクトにまとまります。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.