人の手が加わっていない自然が多く残る北海道。雄大で自然豊かな大地を感じながら、思いっきり走ってみたくありませんか? 全国各地でトレイルランニングの大会が行われていますが、本記事では北海道にスポットを当てています。トレイルランニング経験者の私が、初心者でも走りきれる、そして楽しめるオススメの大会4つをご紹介していきたいと思います。

トレイルランニング=未舗装路を走る競技! 地面の凹凸を踏みしめ、大自然を感じながら走ろう

トレイルランニングを知らない方もいると思いますので、簡単に説明します。まず、トレイルとは未舗装路のことを言います。未舗装路を走ることをトレイルランニングと言うわけです。未舗装路とは、砂利道・登山道・林道などを指しますので、基本的にそれらの道を走りますが、場合によって舗装された道を走ることもあります。

ルートに丘陵や山の中が多いので、自然が豊富なところを走れるのが魅力です。空気・景色が良いので、走るモチベーションを保ちやすく楽しめます。

私はランニング、トレイルランニングどちらもやりますが、やはりトレイルランニングの方が圧倒的に楽しいです。木々が多いので日陰も多く走りやすいですが、石や木の根があり、地面は凸凹で不安定です。舗装路と比べると怪我をする確率も高くなりますので、足元に注意しながら走りましょう。

画像: トレイルランニング=未舗装路を走る競技! 地面の凹凸を踏みしめ、大自然を感じながら走ろう

1. ニセコのスキーリゾートを駆け抜けよう! 30kmから5kmまで選べるから初心者も安心

NACトレイルランinニセコ

ハイシーズンともなれば、国内のみならず海外からのお客さんで溢れるニセコのスキーリゾート。冬のイメージが強いですが、季節が変わるとまた違った表情を見せてくれます。

「NACトレイルランinニセコ」は、スキーリゾート内を走り抜ける大会で、日本海、羊蹄山、洞爺湖を一望できるロケーションに、イワオヌプリやチセヌプリといった山々からの絶景を楽しみながら走ることができます。

30km、10km、5kmのコース設定がありますが、本大会では、5kmコースに成人の参加も可能! 一般的に、一桁の距離の大会は小・中学生対象がほとんどで、大人が参加出来るのは貴重です!

10kmも走れるか不安という人はまずは5kmに参加してみてください。トレイルランニングをとりあえず体験してみたいという人にもオススメです。自然豊かなニセコを走り抜けられるこの大会、とても魅力的ですね。

画像: NACトレイルランinニセコ

2. ルスツで羊蹄山の絶景を眺めながら走ろう! 札幌からの無料送迎バスでアクセスも容易

北海道トレイルランニングinルスツ

富士山によく似た蝦夷富士と呼ばれる「羊蹄山」を眺めながら走ることができるこの大会。NACトレイルランinニセコと同じく、成人の方でも参加可能な5kmコースがあります。最大で60kmまであるので、自分の成長に合わせて距離を伸ばしていくことができます。

札幌駅から無料送迎バスが大会当日に用意されており、アクセスも容易なところがグッド。林道・牧草地・スキー場などの未舗装路を走るコースが用意されており、気持ちよく走れること間違いなしのオススメの大会です。

また、トレイルランナー向けに15分ほどの簡単な地図読み講習会も無料実施。今後ステップアップしていくにあたって役立つこと間違いなしなので、ぜひ参加してみてください。

画像: 北海道トレイルランニングinルスツ
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.