こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! 今回は、キャンプでも使えるキャンドルを、身近なアイテムで作ってみようという企画です! 焚き火やBBQの炭火、夜のランタンなどキャンプではたくさんの種類の火を使いますよね。実用的な光だけでなく、より優しい光を感じてもらえたらと、キャンドル作家として東海地方を中心に活動中のsolaji(ソラジュ)毛利優亜さんにお願いして、キャンプで使えるおすすめのキャンドルの作り方を教えていただきました。今回も100円ショップのアイテムを使って節約しながらDIYにチャレンジです!

100均アイテムだけでキャンプ用キャンドルが作れる! 「ステンレスマグカップキャンドル」の材料

今回は、誰にでも簡単に手に入る材料でキャンドルを気軽に作れるように、100円ショップSeria(セリア)にて必要な材料を準備していただきました。

画像1: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

【必要な材料】

  • ティーライトキャンドル12個入り…1つ
  • ステンレスマグカップ…2個
  • タコ糸(15cm)
  • 割り箸
  • ハサミ
  • テープ

【解説画像付き!】簡単ステンレスマグカップキャンドルの作り方 キャンドルの穴にタコ糸を通そう

1)まずは、キャンドルを分解します。

画像2: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

2)タコ糸をキャンドルの穴に通します。

画像3: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

通したタコ糸を、1cmほど折り曲げます。

画像4: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

折り曲げたタコ糸が抜けてしまわないように、テープで止めます。

画像5: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

3)2)のキャンドルをステンレスマグカップの中央に置きます。

画像: 【解説画像付き!】簡単ステンレスマグカップキャンドルの作り方 キャンドルの穴にタコ糸を通そう

割り箸で、タコ糸が落ちないように挟みます。

画像6: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

【キャンドルの溶かし方】IHヒーターで温めよう ステンレスマグカップが熱くなるので、やけどに注意

画像7: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

1)カッター使って、キャンドルを小さく4等分にカットします。

画像8: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

2)カットしたキャンドルをステンレスマグカップの中に半分入れます。こちらのカットしたキャンドルは、溶かさないままにしておきます。

画像9: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

3)残ったもう半分のキャンドルを、溶かしていきます。2個目のステンレスマグカップに、あまりのキャンドルをすべて入れ、IHヒーターなどで温めて、溶かしていきます。ステンレスマグカップがとても熱くなるので、触らないように気を付けましょう。

画像10: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

4)キャンドルが溶けると、透明な液体になっていきます。マグカップを持つ際は、タオルなどで持ち手をくるんで、持つようにしましょう。

画像11: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

5)溶けたキャンドルの透明な液体を、1個目のキャンドルに注ぎます。

画像12: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

6)透明な液体が冷えて白く固まるまで待ちます。

画像13: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

7)透明な液体が固まり白くなってきたら、割り箸を外します。これで、100均ステンレスマグカップキャンドルの完成です。

画像14: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

8)オリジナルステッカーやシールなどでアレンジすると、世界にひとつだけのキャンドルの完成です。

画像15: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

中身はこんな感じです。最初にカットしたキャンドルが溶けずに残るので、まるで氷が入ったような、ゴツゴツとしたデザインのキャンドルになりました。

画像16: 筆者撮影 glittering-stars.com

筆者撮影

glittering-stars.com

※こちらの作り方は、キャンドル専門家のもと、100円ショップのアイテムの材質を理解した上で、制作いたしました。ほかの材料で制作した場合や、異なった手順で制作された場合の責任は負い兼ねますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.