夏休みはたくさんの思い出づくりをしたいですよね。今回は北海道で暮らしている人でも、意外と知らない川キャンプにグルメ、ちょっと変わった温泉を紹介します。便利な都会を少し離れて北海道を大満喫するお出かけをお子さんと楽しみませんか?

札幌から日帰りドライブ! 観光で訪れた方はもちろん、北海道に住む方にもおすすめ!

札幌は北海道の中心都市ですから、高速道路に乗っての移動も大変便利です。札樽道(さっそんどう)、道央道、さらに道東道へのアクセスも簡単。今回は道東道を利用して札幌から日帰りできる、むかわ町、夕張市、由仁町(ゆにちょう)をめぐるお出かけプランをご紹介します。

むかわ町では川遊びや虫取りができるキャンプ場でのデイキャンプ、夕張市では夕張メロンの食べ放題、由仁町ではコーヒー色の温泉。北海道に観光で訪れる方はもちろん、北海道に住む方も新しい発見があること間違いなしです。あちこちに立ち寄りながら、楽しいドライブをしませんか?

画像: 札幌から日帰りドライブ! 観光で訪れた方はもちろん、北海道に住む方にもおすすめ!

日帰りデイキャンプ!川遊びや、予約レンタルすれば手ぶらでバーベキューもできる!

1.「穂別(ほべつ)キャンプ場」(むかわ町)

「できるだけ自然のままで」をコンセプトに作られた穂別キャンプ場は、札幌中心部から道東道を経由して車で1時間半ほどの場所にあります。広い芝生やたくさんの木々がある、まさに自然豊かなキャンプ場。

鳥の鳴き声が響くキャンプ場にはサヌシュペ川が流れ、川遊びを楽しむことができます。水辺で生き物を見つけたり、釣りをしたり、冷たく澄んだ川では子どもたちが夢中で遊ぶ姿が見られます。

穂別キャンプ場では日帰りのデイキャンプを楽しむこともできます。約300ほど張れるという広大な芝生のテントサイトからオートサイト(約20区画)があります。また、それぞれにムーミンやシンデレラ、スヌーピーといった名前の付けられた合計20棟以上のバンガローやツリーハウスがあり宿泊することだって可能。

食材は販売されているため、予約レンタルで焼き肉台などを借りれば気軽にバーベキューを楽しむこともできますし、ピザ釜だって完備。時期によっては地域の野菜を販売していることもありますから、地元野菜に舌鼓を打つのも良さそうですね。

センターハウスでは昆虫採集用の虫取り網や虫かご、昆虫ゼリーなども販売されており、子どもたちの大好きなクワガタも取れるみたい。夏休みの自由研究に利用するのも良いでしょう。

  • キャンプ場名:穂別キャンプ場
  • 住所:北海道勇払郡(ゆうふつぐん)むかわ町穂別稲里(ほべついなさと)553
  • 電話:0145-45-3244
  • 営業時期:5月1日~10月中旬
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • URLhttp://hobetsu-camp.com/

穂別キャンプ場から車で40分 夕張メロンが食べ放題のリゾートホテル!

2.ホテル「マウントレースイ」のバイキング(夕張市)

穂別キャンプ場から車で40分ほど走ると、夕張市内のホテル「マウントレースイ」が見えてきます。マウントレースイはスキー場直結のリゾートホテルで、冬はスキーやスノーボードのレンタルも行われています。

地元の食材を使った食事が人気で、中でも注目なのが2階にあるレストランルピナスのバイキング。6月~8月上旬は期間限定で夕張メロンが並びます。

夕張メロンの食べ放題は他にも楽しめるところがいくつかありますが、大変な混雑していたり、まとまった人数がいないと受け入れてもらえなかったりする場合があります。マウントレースイのバイキングでは、土日やバスツアーのお客さんと一緒になった場合は混雑しますが、会場が広いため、何時間も待たないと入れないということはありません。

そうはいっても、オープン時間の少し前から並ぶのが間違いないようですので、時間に余裕をもってお出かけするとよいでしょう。夕張メロンが食べ放題できる期間は、収穫によって変更になる場合があります。お出かけ前の確認を忘れずに。

マウントレースイは「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」や「夕張市石炭博物館」などの観光地へのアクセスも良いので、食後に夕張観光をするのもおすすめです。

画像: 2.ホテル「マウントレースイ」のバイキング(夕張市)
  • 施設名:マウントレースイ
  • 住所:北海道夕張市末広2丁目4
  • 電話:0123-52-3456
  • 営業時期:6月~8月上旬(夕張メロンの食べ放題)
  • URLhttp://racey.yubari-resort.com/

1日の疲れはお風呂で癒そう! コーヒー色の温泉でお肌すべすべ!

「ユンニの湯」(由仁町)

ユンニの湯は由仁町にある温泉宿泊施設です。夕張市内からは車で30分、札幌からは車で1時間の場所にあります。ユンニの湯の特徴は、何と言っても温泉がコーヒー色をしているところです。美人の湯として知られ、入浴後はお肌がつるつるになり、ぽかぽかに温まります。

月ごとに変わるハーブ湯は、ジャスミンやラベンダーなどの香りのよいハーブが使用されています。男湯は1種類ですが、女湯は内風呂と露天風呂にそれぞれ違うハーブが使われていますので、2種類のハーブを楽しむことができます。

150人が収容できるという大休憩室は広くゆとりがあり、食事をしたり、寝転んだりしてくつろぐことができますから、お子さんと一日のお出かけで疲れた体を休めるのにも良いでしょう。

近くには「ゆにガーデン」という英国風の庭園もあり、花々が楽しめるほか、屋内ガーデンでは天候に関わらず、花やハーブを見ることができます。園内のフレグランスショップでは、オリジナルブレンドハーブティーやオリジナルハーブクッキーが販売されており、お土産にもおすすめです。

  • 施設名:ユンニの湯
  • 住所:北海道夕張郡由仁町伏見122番地
  • 電話:0123-83-3800
  • 営業時間:10:00~22:00
  • URLhttps://www.yunni-spa.com/

アクセスも便利な道東道 家族で夏休みの思い出づくりに出かけよう!

画像: アクセスも便利な道東道 家族で夏休みの思い出づくりに出かけよう!

むかわ町での川遊びや虫取りなどのデイキャンプ、夕張市での夕張メロンの食べ放題、由仁町でのコーヒー色の温泉を紹介しました。一日いっぱい遊んだ子どもたちはきっと車の中でぐっすり眠ってしまいますね。ギュッと詰まった夏の思い出をご家族で作ってみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.