via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
長旅の途中にチラホラ見かける道の駅。旅行の帰りにお土産を買ったり、ご当地グルメを味わったりしてお世話になる方も多いはず。そんな道の駅の中には、実はキャンプ場が併設されていて宿泊可能なところもあるんです。今回は、そんな道の駅キャンプ場の中でも、東海地区にあるおすすめの場所をピックアップしてご紹介していきます。

道の駅キャンプ場はわざわざ行きたくなるほど快適!

BBQがいつもと違ったレパートリーになる!

道の駅併設のキャンプ場では、その土地の食材やご当地グルメを入手できます。普段のキャンプのBBQではスーパーなどで食材を買って持参したり、キャンプ場が用意したものを調理したりすることが多いですよね。もちろん、それでも十分に楽しめますが、特に「その土地ならではのものを食べたい! 」という時には、道の駅キャンプ場がおすすめです。BBQのメニューがより充実しますよ。

飲食施設がある場合は食事の準備をしなくていい!

飲食施設がある場合は、食事をそこで食べるのもアリです。BBQ用の道具や食材を持っていかなくていいので、まだ道具が揃っていない初心者キャンパーや少ない荷物でキャンプをしたい人に向いています。また、食事の用意にかける時間が少なくなるので、その分アクティビティを思いきり楽しめますよ。

温泉併設の道の駅なら、お風呂の心配が不要!

温泉が併設されている道の駅もあり、キャンプ場利用者であれば無料で楽しめることも…!「キャンプ場近くに温泉があるだろうか」「キャンプ場のシャワーが綺麗じゃなかったらどうしよう」と心配する必要もありません。移動やアクティビティの疲れを癒せるので、思う存分リフレッシュできます。

それでは、このようなメリット炸裂の東海エリア道の駅キャンプ場を3つご紹介します!

画像: 温泉併設の道の駅なら、お風呂の心配が不要!

魚釣り、MTB、星空観察会とアクティビティ満載!
1.つぐ高原グリーンパーク (愛知県)

レジャーを楽しみたい方におすすめのキャンプ場が、「つぐ高原グリーンパーク」です。特に「キャンプってテント張って泊まるだけでしょ? 」といった、アウトドア初心者の友人や、キャンプ場でのんびりするよりも遊びたい盛りのお子様が一緒でも、一緒に楽しく遊べるアクティビティが多いところが何よりの魅力。ここでは、魚釣り、マウンテンバイク、パターゴルフ、テニスなどが楽しめます。週末には満点の星空を眺めながらの星空観察イベントも開催されているので、是非公式サイトにてスケジュールをチェックしてみてください。

また、テントやイス、テーブルのセットなど、キャンプに必要なものをレンタル(有料)しているので、キャンプ用具を揃えていないビギナーの方でも安心。

道の駅に認定されている売店内では、特におすすめなのがトマトのソフトクリーム! 地元・設楽町の特産品である甘酸っぱ~いトマトの味を、是非ご賞味あれ。また、濃厚なトマトジュースもおいしいですよ! 他にも、みそ五平餅などの奥三河ならではのグルメも提供中。まさにいたれり尽くせり、万人におすすめの道の駅キャンプ場です。

画像: www.green-park.net
www.green-park.net
  • スポット情報:つぐ高原グリーンパーク
  • 住所:〒441-2601 愛知県北設楽郡設楽町設楽町津具字東山2-156
  • 電話:0536-83-2344
  • URLhttp://www.green-park.net/

いつもとは一味違った「モンゴル式キャンプ」を!
2.上矢作 ラ・フォーレ福寿の里モンゴル村(岐阜県)

うっそうと繁る木々の中で、ゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめなのが、道の駅上矢作 ラ・フォーレ福寿の里内にある「モンゴル村」です。モンゴル式のキャンプを体験できる施設で、モンゴルの移住式住居「ゲル」に泊まれるため、テントを持っていない方でも気軽に宿泊することができます。ゲルの他に一般的なコテージもあるので、人数や目的によって選びましょう。

バーベキュー棟を備えており、管理棟ではジンギスカンも販売されています。いつものキャンプとはちょっと違った「ジンギスカンバーベキュー」を楽しむこともできますね。道の駅内にある売店では、地元の農家から届いた採れたての新鮮な野菜を随時販売中。お米や卵も販売されているのと、季節によっては珍しい山菜も店先に並ぶとか。ぜひ、普段とは一味異なるモンゴル式キャンプ、楽しんでみてください。

画像: www.kankou-ena.jp
www.kankou-ena.jp

飛騨牛や新鮮な川魚の絶品料理と天然温泉が楽しめる
3.奥飛騨温泉郷オートキャンプ場(岐阜県)

「雄大な自然の中でのキャンプと、極上の温泉をいっきに味わいたい! 」という方におすすめのスポットが、「奥飛騨温泉郷オートキャンプ場」です。高原川の上流部に位置しているキャンプ場で、「道の駅奥飛騨温泉郷上宝」が併設されています。

なんといっても特徴的なのが、キャンプ場内に天然温泉の露天風呂があること! キャンプ場利用者ならば無料で何度も入れるという贅沢さ。目の前を流れる高原川や小さいお子様向けの水遊び場で子供たちがびしょ濡れになって遊んでも、温泉で身体を温められるから問題なし。大人の皆さまは、露天風呂上がりにビール! なんていう最高なキャンプになる予感。

そして、グルメでの目玉は、道の駅の食堂で食べられる飛騨牛料理と地元の川でとれた新鮮な魚料理。他にも、売店には奥飛騨の名産品である飛騨山椒や赤かぶ漬などが並んでいます。

このエリアは、奥飛騨温泉郷の他にも観光スポットがありますよね。例えば、車で約12分の場所に位置する「新穂高のロープウェイ」で景色を楽しんだり、車で1時間ほどの場所にある飛騨高山の古い町並みに足を運んだりといった楽しみ方もできます。岐阜の観光スポット巡りの拠点としても、おすすめのオートキャンプ場です。

充実の道の駅キャンプ場、経験しないなんてもったいない!

画像: 充実の道の駅キャンプ場、経験しないなんてもったいない!

「道の駅」とついているので、なんとなく道の駅に付随しているだけの簡素なキャンプ場を連想する方も多いでしょうが、ご紹介したキャンプ場は十分な設備を備えた場所ばかり。その充実っぷりには、キャンプ初心者はもちろん、さまざまなキャンプ場を見てきた熟練キャンパーの方でも満足できるはず。もしも興味が湧いた場所があったら、是非とも一度足を運んでみてください。

This article is a sponsored article by
''.