こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」ハマダアヤノです! これからの暑い季節は、昼からBBQをすると暑すぎて熱中症の心配もありますよね。そこで今回は、夏でも涼しく楽しめる朝にやってみよう! ということで、朝にBBQするってどうなの?食材はどれくらい購入したらいい? などを検証してみました! ぜひ朝からBBQをする際の参考になればと思います!

朝BBQでの食材の適正量は?

今回は男性2人、女性2人でBBQをする場合の適正量を考えてレポートしていきます。男性でも、食事の量をあまり取らない人もいれば、女性でもたくさん食べる人もいますので、予め参加する人に聞いておいても良いかもしれません。今回の検証メンバーはこんな感じです。

画像: 筆者オリジナルイラスト

筆者オリジナルイラスト

・男性 よく食べる
・男性 普通の1食分くらい
・女性 普通の1食分くらい
・女性 普通の1食分くらい(若干少な目)

このデータを元に、まずは食材を調達します。

画像1: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

【今回の食材】
・国産若鳥もも肉 1枚 306g
・アメリカ産豚肩ロース 1パック 476g
・アメリカ産豚肩ブロック 1パック 424g
・コーン缶 1缶
・ソーセージ 2袋
・冷凍シーフードミックス 1袋 290g
・焼きそば 2袋
・玉ねぎ 1個
・ナス 1袋
・ピーマン 1袋
・長ネギ 1袋

まずは自宅で朝BBQの食材の下準備

スーパーにて、買い出しをしながら気づいたことですが、焼き鳥やねぎまなどすでに串に刺さった加工がしてあるものは値段が高い傾向にあります。例えば、ももとねぎの焼き鳥10本入りだと980円という値段がついていました。同じように、味付けがしてある肉も割高になっているため、今回は何も加工や味付けがされていない肉を購入してきて、下準備をしようと思います。

焼き鳥の下準備

まずはもも肉とねぎをカットして、焼き鳥を下準備していきます。もも肉は一口大にカットします。

画像2: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

次にネギも食べやすく、串に刺しやすいサイズにカットします。

画像3: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

もも肉とねぎを交互に串に刺していきます。今回の材料「もも肉1枚(306g)」と「長ネギ(1袋)」だと、8本分作ることができました。

画像4: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

ネギは余ってしまったので、ネギのみの串に刺して下準備しておきます。

画像5: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

豚肩ブロック肉の下準備

次は、豚肩ブロック肉の下準備です。こちらは食べごたえを考えて、大きめにカットしていきます。

画像6: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

次にジップロックなどチャックのついた袋に、醤油おおさじ1・酒おおさじ1とゴマを少々入れてその中にカットした肉を入れて、一晩漬け込んでおきます。

豚肩ロース肉の下準備

こちらはすでにカットされているので、塩やコショウ、スパイスを振ってねぎをのせておきます。

画像7: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

野菜の下準備

ナス・ピーマン・玉ねぎの下準備をしておきます。

画像8: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

ナスは、1cmくらいのサイズで輪切りにカットしていきます。BBQの場合、あまり分厚くカットしてしまうと、芯まで火が通る前に乾燥してしまうので適度なサイズでカットしましょう。

画像9: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

ピーマンは火が通るのが早いので、少し大きめにカットしておきます。

画像10: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

玉ねぎは、4人なので1個を4つの輪切りにカットしておきます。すべて野菜をカットしたら、こちらもジップロックなどチャックのついた袋に入れておきます。

すべて下準備が終わりました。下準備は、約1時間くらいで完了です。

画像11: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

下準備におすすめの便利なアイテムはこちら

食料はすべてクーラーボックスに入れるのでかさばらせたくない場合は袋型がおすすめです。

汁やたれがこぼれる心配がある場合はこちらのケース型を選ぶといいかと思います。

食材の量は適性だったのか? 朝BBQ当日の様子

画像12: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

今回は朝の9時から朝BBQの検証を行うべく、8時半から設営を開始。メンバーは朝から食事を取らず参加してくれました。朝なので、まだ日差しもそれほど強くなく、涼しいのが嬉しいです!

画像13: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

はじめは軽めに、ソーセージを2袋焼いていきます。ソーセージが焼けてきたら、少しづつ野菜も焼き始めます。

画像14: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com
画像15: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

ソーセージが食べ終わったので、次に豚肩ブロック肉を焼いていきます。ナスやピーマンなども一緒に焼いていきます。

画像16: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

いい感じに焼けてきたので、すべて食べ終えました。次は焼き鳥を乗せていきます。

画像17: 筆者撮影 hamada-ayano.com

筆者撮影

hamada-ayano.com

持ち手の部分は竹串なので、燃えないようにふちで焼いていきます。

ここで朝BBQの盲点、自体は急変しました。

焼き続けて食べていると、10時ごろにひとりの男性メンバーが「お腹いっぱいになってきた」と手をとめ、ほかのメンバーも「確かに食べ続けるとすぐお腹いっぱいになるね」となったので、ストップ。ここまでで残っている材料はこちら。

・豚肩ブロック 半分
・豚肩ロース 半分
・海鮮焼きそばセット(焼きそば2袋+冷凍海鮮)
・ナス3/4
・玉ねぎ 半分

朝だからということもあってか、お肉を最初にたくさん食べると、なかなか量を食べられないと判明しました…!

朝BBQは食材を適正量買っても余る

食材が余るともったいないと思ったので、今回は気持ち少なめに食材を購入しました。検証をしてみて気づいたことは、朝BBQでは普段の生活とは異なるタイミングで食事を開始するので、胃袋が慣れておらず、意外に量を食べられないということです。

また「談笑しながら食べたり飲んだり、軽食をつまんだり」することが多いので、通常の食事の適正量より食べないということもわかりました。

朝BBQをするなら、普段のBBQよりちょっと少な目の量を買っていこう!

普段の昼や夜の食事だと、だいたい2人分で300gの肉と野菜は使っていたので、今回購入した材料は4人分だと少し足りないかなと不安がありました。しかし、結果としては肉類は半分以上、野菜もほぼ半分、海鮮焼きそばは作ることなく終わってしまいました。朝BBQの場合は、普段のBBQよりも少し少な目の量で大丈夫なのだと気付きました!

またこれからの暑い季節は、食べ物より飲み物が足りなくなることが多いので、食材を少なめにしておいて、飲み物を準備しておくといいかもしれませんね。

結果として、食材は余ってしまったのですが、朝は涼しく設営の時でも暑くないので、これからの時期のBBQとして、朝BBQの選択はとてもオススメです! 自然の中でゆったり心地よくBBQをしたい方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

This article is a sponsored article by
''.