「手ぶら」でキャンプに行きたい。わずらわしい荷物から解放され、気ままにキャンプを楽しみたい! と思う方も多いはず。そういった方々にはレンタル品の充実したキャンプ場がオススメですが、さらにそのキャンプ場では、どんなサービスがあるか、どんなプランがあるかなど気になりますよね? 今回は関西にある手ぶらで行けるキャンプ場を、サービスやプラン、イベントなどの情報と共にご紹介します。

手ぶらで行けるキャンプ場を選ぶときのチェックポイント

レンタル品はどこまで充実しているか?

手ぶらでキャンプを楽しむためには、テントをはじめ、タープやランタン、焚き火台、泊まりの場合はシュラフなど最低限のキャンプ用品が借りられるかどうか事前にチェックしなくてはいけません。

またキャンプでBBQをしてみたい、ダッチオーブンで子供のためにカレーを作ってみたい、お酒を飲みながらチーズフォンデュを楽しみたいなども同様に調理器具が揃っているかも確かめたいところ。

特に忘れがちなのが、食器類が借りられるか、夜間用にランタンも必要となるなど手ぶらキャンプを計画した時点で何泊するか、料金は?など色々と目的に応じ、事前に検討しなくてはなりません。

食材や薪などはキャンプ場で調達できるか?

BBQに特化して言えば、食材もあらかじめ用意されているキャンプ場も多く、手ぶらBBQ推奨キャンプ場を探すのは難しくないです。

また多くの場合、薪や炭といったものも用意されている場合がほとんどですが、例外として、風光明媚なカントリーサイドのキャンプ場や、アクセスは悪いが大自然の中にポツリとあるキャンプ場の場合、売店もなく予約不要のフリーサイトとして知る人ぞ知るキャンプ場もあります。

「それくらいはあるだろう! 」と確認もせずに選ぶのは危険な場合もありますよ。

キャンプ場へのルートを確認しよう

調理器具はレンタル可能でも食材は自分たちの好きなものを持ち込みたいはずですね? BBQ目的ならば食材もあらかじめ用意されているキャンプ場も多くありますが、その他の食材ですと事前に購入することとなる場合がほとんど。

また、忘れてはならないのが調味料の類。調理をしていて、「あれがない! 」なんてことのないよう作る料理を考え準備しておきたいものです。例えば鮎やニジマスなどを養殖しているようなキャンプ場でも、肝心の塩が売ってない! 売り切れ! など状況は様々です。

そのためキャンプ場に行くまでのルートを調べスーパーが近くにあるかどうか確認しておくというのも準備のひとつです。

車、電車で行く場合などルートを調べていけば、キャンプ場までに買い出しをすれば済むことです。ちょっとした下調べが後々、楽しみを左右することにもなりませんので、事前にルートを調べておくことをおすすめします。

それでは、次に手ぶらでも行ける関西のキャンプ場をご紹介いたします。

画像: キャンプ場へのルートを確認しよう

キャンプサイト全区間AC電源完備&レンタル品が盛りだくさん! 利用者に合わせたサービスが充実している快適キャンプ場

1.家族旅行村ビラデスト今津(滋賀県)

家族旅行村ビラデスト今津はレンタルグッズが充実しています。テントや寝袋、タープ、ランタンといった基本グッズから、フライパンや焚き火台、炭、鍋、炊飯器といった調理器具がレンタルできます。テントがコールマン(Coleman)製なのも嬉しいところ。

キャンプサイトの全区画にはAC電源が完備されていて、延長コードや4つの端子を接続できるコードリールが借りられるところも便利です。水洗式のトイレやシャワー、コインランドリーもあり、清潔で快適に過ごせます。食材を持ち込みでBBQをすることもできますが、予約すれば食材込みのBBQセットやカレーセットを注文することも可能です。併設された「レストハウス赤坂平」で、国産牛を使った鍋料理やステーキを食べられますから、食事面での心配ありませんね。

惜しくも平成30年にアスレチック広場は撤去されてしまいましたが、施設内にはテニスコートやグランドゴルフ場、多目的グラウンドがあり、家族旅行村ビラデスト今津は身体を動かして遊ぶのにもぴったりなキャンプ場と言えます。

また、周辺施設には、シャワー設備をはじめ、ロッククライミングやマリンジェット、バナナボートができるところもあるので(他にも体験施設はたくさんあります)、遊びには困らないはずです。

また、女性2名以上で利用できる「お嬢様キャンプ」や、おじいちゃんおばあちゃんにぴったりな「GG宿泊セット」(グランドゴルフを目一杯楽しめる宿泊プラン)、家族向けで利用するお客様向けのファミリーコテージといった、それぞれ異なる楽しみ方ができるプランも豊富に揃えています。

  • キャンプ場名:家族旅行村ビラデスト今津
  • 住所:滋賀県高鳥市今津町新清水2405-1
  • 電話番号:0740-22-6868
  • 営業期間:4月〜11月
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式HP URLhttp://villagedest.co

テントから食器、電気蚊取り線香まで貸し出しOK! 毎月ユニークなイベント開催するなどキャンパーのニーズに徹底対応

2.新田ふるさと村(兵庫県)

新田ふるさと村は、毎月異なるイベントを開催しているユニークなキャンプ場です。例えば2月は「雪まつり」、7月は「ほたる&夏祭り」、12月は「お山の小さなクリスマス」と題してイベントを開催。季節ごとに新田ふるさと村の魅力が発見できるので、リピーターも多いキャンプ場です。

その他、名物のそば打ち体験やキャンプファイヤー、近くの渓流でのあまご掴みなど、素敵な思い出がつくれそうな人気イベントも見逃せません。お山の大将広場では、芝滑りやターザンロープなども楽しめるため、子どもづれの家族にもオススメできるキャンプ場です。

レンタルも充実しており、BBQ台や網・鉄板、包丁、まな板といった調理器具はもちろん、皿やお箸といった食器一式まで借りられる他、肉や魚、野菜などBBQに必要な食材までキャンプ場側で用意してくれます(3日前までに要予約)。

もちろん、寝袋やテントもレンタル可能です。電気蚊取り具まで貸し出してますから、「夏の夜に蚊が鬱陶しくて寝られない! 」という心配も無用。細かなところに気遣いがあるところに、新田ふるさと村の温かみが溢れています。

4〜10月が営業期間となっておりますが、ログコテージは通年営業です。

  • キャンプ場名:新田ふるさと村
  • 住所:兵庫県神河町新田340-1
  • 電話番号:0790-33-0870
  • 営業期間:4月〜10月下旬(ログコテージは通年)
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式HP URLhttp://www.shindenfurusato.jp

充実のキャンプギア一式~グランピングまで! マリンレジャーも充実! 遊んだあとは豪華BBQに舌鼓‼

3.ACN南紀串本リゾート大島(和歌山県)

ACN南紀串本リゾート大島には「手ぶらでBBQ」というプランがあります。その名の通り、調理器具や食器に加えて、食材もキャンプ側が準備してくれるプランです。

注目すべきは、「手ぶらでBBQ スペシャルコース」。1人前6,500円と高めの値段ですが(通常の肉コースor海鮮コースであれば3,500円)、名産の高級肉である熊野牛やイノブタのスペアリブ、それから伊勢海老、アワビといった高級BBQが楽しめます。お財布に余裕のある方は試してみたいところ。

遊びの充実度もすばらしく、関西名山100に選出される双耳山・嶽の森をトレッキングできるツアーや、シーカヤック体験、体験ダイビング、シュノーケルスクールなど海を満喫できる体験コースも充実。

レンタルも充実の一言。毛布、寝袋、マット、テントといった寝具がレンタル可能で、グランピング施設もあるため、豪華な寝床で過ごしたい方は要チェックです。遊び疲れたら施設内の露天風呂でゆっくり過ごすこともできます。青い海を見渡せる露天風呂は完全予約制。当日の午前10時から電話予約スタートで、現地の窓口では8時半から予約をすることができます。

  • キャンプ場名:ACN南紀串本リゾート大島
  • 住所:和歌山県串本町樫野1035-6
  • 電話番号:0735-65-0840
  • 営業期間:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • 公式HP URLhttps://resortohshima.com
画像: resortohshima.com
resortohshima.com

さぁ、手ぶらでキャンプにアクティビティに!遊び尽くそう

画像: さぁ、手ぶらでキャンプにアクティビティに!遊び尽くそう

キャンプグッズをまだ揃えていない方や、初心者同士でキャンプをしたい方などは、「手ぶらプラン」があるキャンプ場を選べば気軽にキャンプを楽しめます。ご紹介したキャンプ場は、どれもレンタル品の充実はおろか、キャンプ以外にも遊び尽くせるプラスアルファの要素がぎっしりと詰まったところばかり! ご自分に合ったプランを組んで、ぜひ実際遊びに行ってみてください。

This article is a sponsored article by
''.