子連れでのキャンプは手間がかかってしまうので、なかなか挑戦できていないお母さんやお父さんも多いはず。そこで今回は、子連れキャンプの際に事前に確認しておきたいこと&キャンプ場の選び方をご紹介! あわせて子連れでも楽しめるキャンプ場も紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

小さな子供連れ家族がキャンプを楽しむためのキャンプ場の選び方

環境の整ったコテージ泊や、グランピングのような大きめテント泊がおすすめ

年齢に関係なく子供連れなら、キッチン・空調・トイレ・お風呂などの施設が充実しているコテージ泊や、ゆったり利用できる大きめテント泊が可能なキャンプ場がおすすめです。

赤ちゃんなら離乳食からお風呂まで様々な手間もかかりますし、清潔さも重要となります。歩き出した子供や、一人でできることが増えた年齢でも、できるだけ環境が整った場所であれば親も対応しやすくなりますよね。ある程度大きくなるまでは、利便性などを優先したコテージ泊をおすすめします。

年齢に関わらず病院が近いキャンプ場を選ぶ

子供は大人と違って突発的に体調を崩してしまいます。そんな時にすぐに駆け込める病院がキャンプ場近くにあるかどうかをチェックしておくと良いです。特に夜間の診察がある病院を事前に確認しておけば、安心して過ごすことができます。

大人の負担も考えよう! 手ぶらバーベキューなどの便利なサービスの利用もアリ

いくら環境が良くても、大人の負担が大きければなかなかキャンプを楽しむことができません。子供の人数が多ければ多いほどヘトヘトになってしまいますよね。子供の年齢や人数を考慮して、料理は全て準備してもらえるなど、大人の負担が軽くなるようなサービスのあるキャンプ場を選んでみてください。

画像: 大人の負担も考えよう! 手ぶらバーベキューなどの便利なサービスの利用もアリ

年齢別! 子供連れキャンプで事前に確認しておきたいこと

お泊まりOKの月齢から2歳までは、キャンプ場の利用が可能か確認を!

乳幼児を連れての旅行は、なるべく近場がおすすめです。月齢が低ければ低いほど長距離での移動は大きな負担になります。また、キャンプ場によっては赤ちゃんの利用ができない場所もあるので、まずは利用ができるかどうかを確認することも大切です。利用が可能な場合でも、キャンプ場周辺に子供に必要なものがすぐに購入できる施設があるかどうか、コンビニやスーパーなども含めてチェックしておくと良いですね。

3歳から5歳までは、トイレの設備もチェック!

オムツが外れていない子もいますし、トイレが利用できても一人ではいけない場合もあります。トイレの設備が充実しているか、オムツを変えやすい場所があるかなどを確認しておくことが大切です。

6歳から小学生は、一人で近づくと危険な場所もチェック!

自分で出来ることが多くなった子供を連れて行く場合、行動範囲も広くなるので危険に感じることが多くなります。そこでキャンプ場近くは安全な環境であるかを確認する必要があります。

特に崖や川など一人で近づくと危険な場所がどのくらいの距離にあるかをチェックしておくと良いですね。段差が少なく、走り回っても安全であるかも確認が必要です。さらに、遊びたい盛りの年齢なので、より楽しむためにはアクティビティが揃っているキャンプ場かどうかもチェックしておきたいものです。

画像: 6歳から小学生は、一人で近づくと危険な場所もチェック!

それでは、小さな子供連れのキャンプで利用したいおすすめキャンプ場を3つご紹介いたします! お近くにある場所や、観光で訪れる場合は、ぜひ利用してみてください。

お泊まり可能な月齢から2歳までのお子様連れにもおすすめ!
1.THE FARM(ザ ファーム)(千葉・香取)

0歳児から利用できる「THE FARM」のコテージは、充実した施設に加え収穫体験やジップスライダー(体重制限あり)、子供向けのミニアスレチック、ミニ動物園、キャンドル作りなどアクティビティの豊富さも大きな特徴。敷地内には温泉施設「かりんの湯」もあり、大人も満喫できます。しかもコテージ宿泊者は無料で利用可能! 利用しない手はありませんよね。

バーベキューや鍋プランを予約すれば、具材や用具は全て準備不要。トイレもキッチンもコテージに完備されており、車で10~20分の距離には病院も複数あるので安心です。東京から車で1時間30分なので、首都圏にお住まいの方なら行きやすいですね。

画像: www.thefarm.jp
www.thefarm.jp
  • スポット情報:THE FARM
  • 住所:千葉県香取市西田部1309-29
  • 電話:0478-79-0666
  • 営業時期:通年
  • コテージやバンガロー:あり
  • URLhttps://www.thefarm.jp/index.html

THE FARMの体験レポート記事はこちらからどうぞ。

目が離せない3歳〜5歳までのお子様連れにもおすすめ!
2.蔵迫温泉 貸別荘さくら(熊本・阿蘇)

阿蘇の山々を一望できる「蔵迫温泉 貸別荘さくら」は名前の通り温泉施設も堪能できる貸別荘&オートキャンプ場です。自家源泉で100%掛け流しの湯を楽しみながら、絶景で体も心も癒される場所。自然に囲まれた広い土地では、年齢問わず子供が走り回れます。

また、貸別荘は全棟独立型のコテージなので、プライベートも守ることができますから、小さな子供連れでも周りを気にせずゆったり過ごせますね。特にロフト付きのコテージは、ロフト部分が三角屋根の秘密基地のような空間で、子供が喜びそうです。

冬に行く場合は、コテージ内にこたつも用意されています! 寒い冬場の宿泊も暖かく過ごせますね。BBQは食材のみ持ち込みとなっており、道具は全てレンタルが可能です。車で20分圏内にはコンビニやスーパーもあるので、向かう直前に購入すれば大丈夫。夜には手持ち花火もできますし、周りは馬などが放牧されている牧場のため、開けた夜空を見上げて天体観測も。大自然ならではのアクティビティが堪能できます。

「蔵迫温泉 貸別荘さくら」のある熊本県阿蘇郡南小国町は大分県寄りの場所にあるので、近隣の県にお住いの方ならアクセスも比較的負担が少ないのではないでしょうか。病院も車で20分以内で行ける所にあります。

画像: kurasako-onsen.com
kurasako-onsen.com
  • キャンプ場名:蔵迫温泉 貸別荘さくら
  • 住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺2849-1
  • 電話:0967-44-1008
  • 営業時期:通年
  • コテージやバンガロー:あり
  • URLhttps://kurasako-onsen.com

アクティブな6歳〜小学生のお子様連れにもおすすめ!
3.RIVERSIDE GLAMPING Nuts(リバーサイドグランピングナッツ)(滋賀・東近江)

グランピングが楽しめるキャンプ場「RIVERSIDE GLAMPING Nuts」は、小川にテントが隣接しているため川遊びも気軽にできます。小学1年生から体験できるアクティビティ「キャニオング」では、透明度の高い神埼川で大自然を満喫。

7~9月はグランピング施設での宿泊が可能ですが、それ以外の時期はデイキャンプで利用できます。バーベキューを予約をすれば食事の準備は一切必要ありません。

宿泊するなら、お風呂は近隣の温泉施設利用がおすすめ。車で約20分の永源寺温泉で、大自然の景色を眺めながら露天風呂で贅沢なひと時を堪能できます。中部地方や関西地方などの近隣地域にお住まいの方は、ぜひ利用してみてください。

画像: nuts-camp.com
nuts-camp.com
  • キャンプ場名:RIVERSIDE GLAMPING Nuts(リバーサイドグランピング ナッツ)
  • 住所:滋賀県東近江市杠葉尾町88
  • 電話:ー(問い合わせは公式サイトより、LINEかメールにて)
  • 営業時期:4月〜10月(日帰り)、7月~9月(宿泊)
  • コテージやバンガロー:なし
  • URLhttps://nuts-camp.com

子連れだってウェルカム! 小さい子供と一緒に楽しめるキャンプ場もある!

画像: 子連れだってウェルカム! 小さい子供と一緒に楽しめるキャンプ場もある!

子供が小さいからとキャンプをあきらめている方も多いかもしれませんが、今では0歳児から宿泊可能なキャンプ場はたくさんあります。また周辺施設や設備も充実している場所も多いですし、手ぶらOKのバーベキュープランなどを利用すれば、食事や荷物の心配も必要ありません! 子供と一緒に満喫できるキャンプ場を探して、子供の年齢に関係なく楽しんでくださいね。

This article is a sponsored article by
''.