おぎやはぎのお2人が、キャンプを教わりながら「めいっぱい楽しむ」番組「おぎやはぎのハピキャン〜キャンプはじめてみました〜(メ〜テレ(名古屋テレビ放送)制作)」! キャンプビギナーのゲストとともに、キャンプの醍醐味やテクニックを学んでいきますよ! 新シリーズのプレゼンキャンパーはつるの剛士さん!舞台は、なんと湘南! 山の奥に向かうことだけがキャンプのスタイルじゃありません。どこまでも広がる美しい海を眺めながら、キャンプの準備が始まります!

「観光大使様」降臨! 湘南の港でキャンプスタート!

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

これまでの「ハピキャン」ロケでバイきんぐ西村さん、ヒロシさんの「講義」を受けて、キャンプの面白さに魅かれ始めたおぎやはぎのお2人。今シリーズのゲスト、あばれる君、吉崎綾さんと連れ立って、港にやってきました。

それにしても、なぜ港? さすがにキャンプのイメージがわいてこない一同でしたが、港にはその答えを握っているプレゼンキャンパーが待っていました。今回の舞台、湘南は藤沢市在住、とことんアウトドアを愛するオトコ、つるの剛士さんです!

「ふじさわ観光親善大使」も務めているつるのさん。地元の美味しいものや楽しい場所に精通するだけに、今日のキャンプも期待大です。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

まずメンバー一同が着目したのは、つるのさんが乗って来られた車でした。ブラック一色に染められたワゴン車は、なんとキャンピングカー仕様! さすがアウトドアのスペシャリスト。どんなプレゼンを繰り広げてくれるのか、ワクワクが止まりません! それにしても、まだしばらく港にいるんですかね? 移動しないの? 

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

実はつるのさんの計画は、この海辺で既に始まっていました。

最初のアクティビティは釣り! 漁船に乗り込んで海の幸をゲットし、それを今日の食材にしようというプロジェクトです。なるほど、そう来たか! 

海釣りから始まるキャンプもなかなかオツなものですね。釣り番組に出演経験のあるあばれる君も、鼻息が荒くなってまいりましたが……

矢作「ところで、いつあばれる君を海に落とせばいいの?」

矢作さんからのお約束発言にたじろぐあばれる君でした(笑)。

いざ、湘南の海へ! 江の島も見守ってくれてます!

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

つるのさんのお友だち、ロン毛でファンキーな船長さんの船に乗って、湘南の海に繰り出します。ターゲットはアジやメジナ。時間が限られた難しい条件下ですが、釣果が上がらないと食卓が寂しくなるので、メンバーも気合が入ります。

船は江の島をかすめて、一路沖のポイントに向かいます。ここでつるのさん、江の島にまつわるウンチクを少々。さすが観光大使。地元愛がヒシヒシと伝わってきますね!

いよいよポイントに到着しましたが、釣りに割ける時間は1時間程度。

つるの「短いです。普通はこんな短い時間じゃ釣りになりません。数を釣るのはちょっと難しいかも……でもがんばりましょう!」。

つるのさんの言葉にも若干不安が混じります。

つるの「大丈夫です。僕の名前はつるの剛士! だからつるんです!」

おお、心強い! せっかくの機会ですから釣りを楽しんじゃいましょう! 

普段から本格的に釣りを楽しんでいるつるのさん、釣り番組で経験を積んだあばれる君を除く3人は、見よう見まねでエサを準備。海に釣り糸を垂れます。さて、美味しい湘南の海の幸にありつけるのか!?

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

最初にヒットしたのはあばれる君! さすが釣り番組で腕を磨いただけあります。小さいながらも活きのいいアジをゲット。早速、鼻高々に釣り方のコツを講釈します。

あばれる君「糸を一旦ピタッと止めて、そこからゆ~っくり動かしてですね……」

矢作&吉崎「うるせえ!!」

吉崎さんまで……手厳しい……。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ともあれ、あばれる君のHITの直後、矢作さんもアジをゲット! うれしさのあまり、アジにチューする矢作さん。さらに矢作さん、スズメダイの背びれに針を引っ掛けて釣り上げるというミラクルまで起こしちゃいました!

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

負けじと小木さんも、真剣な表情で海原を見つめます。

小木「絶対にデカいの釣ってやるからな!」

ほどなくして小木さんにもアタリが。今日の食卓は賑やかになりそうですねえ。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

吉崎さんも無事にアジをゲット。メンバー全員、想定外の釣れっぷりに船上は一気にお祭り騒ぎ!

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

しかししかし……なぜかつるのさんだけ、未だアタリなし。他のメンバーとは違い、エサ釣りではなくルアー釣りに挑んでいたつるのさんですが、このまま釣果ゼロでは熟練者の名が廃る! ということで、プライドをかなぐり捨ててエサ釣りにチェンジ。最終的には見事にビッグな味を釣り上げました。

奮闘することおよそ1時間。十分な収穫を得たメンバーは、意気揚々と港に帰ります。ファンキーな船長も笑顔でしたよ!

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今日最大の大物をゲット! つるのさん、さすがです!

キャンプ場に行く前に、まずは至福のランチタイム!

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

港に戻った一行は、さっそく海の幸を楽しむことに。丁度ランチタイムですから、キャンプ場への移動の前に腹ごしらえをしておきましょう。ここから地元在住のプレゼンキャンパー、つるのさんがギアを上げます。

まずは自慢のキャンピングカーからひさしを伸ばし、オープンカフェ風の食事スペースをセッティング。さらにさらに、釣った魚の下ごしらえを、近くでお店を経営するシェフにお願いすることに。

もちろん、つるのさんのお友だち。さすが観光大使。顔が広いです! 海を眺めながら、そこで獲れたばかりの魚を使った本格料理をいただく! 至福のランチタイムが過ごせそうですね。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

わざわざ足を運んでくださったレストラン「イルキャンティ・ビーチェ」のシェフとつるのさんが、みんなで釣った魚を調理していきます。トッピングや調味料には、地元産のものをふんだんに。みずみずしい「藤沢トマト」の甘さには一同驚愕! 

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

カルパッチョには海ぶどうをトッピング! シェフが持ってきてくださったクロダイを使ったフィッシュバーガーも絶品でした! 青空の下でハンバーガーにかぶりつくメンバー一同。あ~シアワセ!

画像14: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

これまで学んできたキャンプとはひと味違う楽しみ方に、おぎやはぎのお2人も興味津々です。足の向くまま、気の向くままに屋外に繰り出し、お気に入りのギアを駆使してデイキャンプを満喫する。キャンピングカーがあれば、なお良しですね。今回は自分たちで釣り上げた魚を使ったランチも楽しめて、全員大満足。

画像15: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

でも、もちろんこれで終わりじゃありません。というか、これからが本番ですよみなさん! ランチのあとは、いよいよキャンプ場に移動します。さあ、行先には何が待ち受けているのか。後編も乞うご期待です!

番組のお知らせ

「おぎやはぎのハピキャン 〜キャンプはじめてみました〜」

放送:毎週水曜日 深夜 0時59分〜 
再放送:毎週土曜日 深夜 3時45分〜
テレビ朝日系列メ〜テレ(東海地区)地上波にて放送予定
※毎週水曜日深夜3時よりGYAOにて2週間無料配信

過去のロケ密着記事はこちら

This article is a sponsored article by
''.