山道や舗装されていないダートを走るのにうってつけのマウンテンバイク。キャンプ場などは、ほぼ土、芝生、小石など凸凹の場所が多いためキャンプツーリングを始めるなら選択肢のひとつとして押さえておきたいアイテムです。しかし「結局どれを買えばいいのかわからない」と迷っていることでしょう。そんな疑問にお応えするため、マウンテンバイクの選び方やオススメ商品をご紹介します。

マウンテンバイクはクロスカントリー・トレイル・ダウンヒル・エンデューロ・オールマウンテンの5種類

マウンテンバイクは舗装された道を快適に走りたいとき向けや、ゴツゴツ岩のある山道を走破したいとき向けなど、用途にあわせたあらゆる仕様の車両があります。

その種類はどんどん細分化されてきていますので、分類方法はさまざまですが、今回は5種類をご紹介します。

  • クロスカントリー:アップダウンのあるオフロードを得意とする長距離用のモデル。
  • トレイル(ハードテイル):山道の上下や街乗りにも対応できる汎用性の高いモデル。クロスカントリーよりもサスペンションが柔らかい。
  • ダウンヒル:山道を下る目的に特化したモデル。強度を高めるための補強が施されており車体は非常に重い。
  • エンデューロ:ダウンヒル性能に加え、軽量化など登坂性を高めたモデル。
  • オールマウンテン:あらゆる地形をカバーするモデル。長距離・長時間のダート走行も可能。

類似したモデルもありますが、それぞれの目的や設計により、価格帯も異なります。ではどのようなマウンテンバイクを選べばいいのでしょうか?

キャンプツーリング用マウンテンバイクは、まず安全性・車体の重量 そして予算・スペックをチェック

山道でも十分安全に走行できる自転車か

初心者は凸凹道でも安定して走れるマウンテンバイクを選びましょう。キャンプツーリングでは不安定な山道を走行することも多いです。

できるだけ深いサスペンション、効きが長続きするディスクブレーキ、位置が高くて幅が広く設計されているハンドル。これらが備わっていれば、安定性の高い走行が可能です。

車体が軽いタイプの自転車か

初心者は車体の軽いマウンテンバイクを選ぶといいでしょう。理由は、車体が重いと山以外の道で使いづらいから。

例えば「ダウンヒル」モデルのマウンテンバイクは強度を高めるための補強が施されており、車体が重く作られています。これにより下り道で安定的に走行できますが、その反面、上り坂や普段使いにはちょっと不便です。できるだけ車体が軽く、扱いやすいモデルを選びましょう。

予算とスペックのバランスが取れた自転車か

「マウンテンバイクは高い」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、予算を抑えたい人向けのものもあります。

スペックをあれこれ求めると高価なものになりやすいので、スペックをいくつかに絞ってから探すと、比較的リーズナブルなものが見つけることができます。

そこでオススメなのが、山道でも十分安定的に走行でき、車体が重くなく、手が届きやすい価格の「トレイル(ハードテイル)」モデル。

「クロスカントリー」よりもサスペンションが深く、「ダウンヒル」や「エンデューロ」よりも車体が軽く、「オールマウンテン」よりも価格が比較的安い車両が豊富なのが「トレイル」の特徴です。

この記事では初心者にぴったりななモデルとして「トレイル」をチョイスしました。「トレイル」は日本の里山を走るのにもっとも適したモデルだと言われています。 

画像: 予算とスペックのバランスが取れた自転車か

次にトレイルモデルのイチオシマウンテンバイク3選を紹介します。

初心者向けマウンテンバイク 街中も山道も走りやすいサスペンションロック付き

Trek X-Caliber 8(トレック エクスキャリバー8)

アメリカ初の総合自転車メーカーTrekのX-Caliber 8は初心者にぴったりのマウンテンバイクです。公式サイトでの価格は約11万1,000円。

初心者のマウンテンバイクの相場は10万円以下と言われることがあるため、これは初心者向けの価格と言えます。

X-Caliber 8の特徴は山以外の道で走りやすいところ。前輪に取り付けられた100mmのサスペンションは凸凹道の衝撃を十分に吸収してくれますが、サスペンションをロックする機能も搭載されています。

サスペンションロックをすれば、上り坂や凸凹の少ない平坦な街中もスイスイ走ることが可能。この切り替え機能があるため、普段使いもしやすいというわけです。

それに加えてX-Caliber 8は安全性能も高いです。ホイールの状態に関わらずストップが効く油圧ディスクブレーキを採用しており、山道でのブレーキも安心。比較的少ない力でブレーキが効くため、急ブレーキに伴う前転を防いでくれるという効果もあります。

サドルの上下をハンドル操作可能なドロッパーポスト付き クッション性に優れる幅広のタイヤ

Trek Roscoe 8(トレック ロスコ8)

Roscoe 8の特徴は広いタイヤの幅。2.8インチ(7.1mm)という幅広のタイヤが搭載されています。

X-Caliber 8のタイヤの幅が2.2インチですから、Roscoeの方がおよそ15mmほどタイヤが太い。それだけ凸凹道が走りやすいというわけです。キャンプ先の山で仲間と走ると楽しそうですね。

Roscoe 8はそのほかの機能も充実しています。例えばドロッパーポスト。ドロッパーポストとは、サドルの上下をハンドルで操作できる機能のことです。

山道を昇るときはサドルを上げ、降りるときはサドルを下げると楽チンなのですが、ドロッパーポストを使えば自転車から降りずにこれを調整できます。つまりドロッパーポストを使うと快適に山道を走れるということです。

また、Roscoe 8はX-Caliber 8と同様、サスペンションロックを搭載。上り坂や平たい道ではサスペンションを固定できます。

衝撃を吸収してくれる代わりに前へ進みにくくなるのがマウンテンバイクのサスペンションの難点ですが、この問題はサスペンションロックであっさりクリアできますよ。

Roscoe 8は普段使いもしやすい自転車なのです。気になる価格は公式サイトで約13万9,000円。まだまだ初心者でも手を出せる価格。デザインもイケてるので、検討してみてはいかがでしょうか。

軽いだけじゃない! サスペンションロック・ディスクブレーキ・ドロッパーポスト付き

GIANT FATHOM 1(ジャイアント ファゾム1)

世界最大級の自転車製造会社GIANTのトレイルバイクFATHOM 1の特徴は車体の軽さにあります。

その重量は11.9kg。X-Caliber 8が13.43kg、Roscoe 8が14.25kgですから、比較すればFATHOM 1の軽さがわかるかと思います。上り坂や平地での普段使いでも気持ちよく走ることができるのです。

しかし軽いだけではなく他の機能やスペックにおいても優秀。ここまで紹介してきたサスペンションロック機能や油圧式ディスクブレーキ、ドロッパーポストといった機能も搭載しています。

また、サスペンションの深さは120mm。X-Caliber 8とRoscoe 8のサスペンションの深さが100mmだったので、この2つの自転車よりも凸凹や地面の落差の衝撃を吸収してくれるということがわかります。

ハンドルも780mmと大きく、下り坂でも身体の体制が崩れないように設計されており、山道での安定的な走行が可能です。

お値段は公式サイトで約18万円。ちょっと手が出しにくい価格設定ですが、軽くて安定性が良いという面で、FATHOM 1は初心者の方にこそオススメしたいマウンテンバイクです。

お財布と相談することになりますが、どのみち10万円以上使うと考えて、思い切ってこちらを購入してみてはいかがでしょうか?

画像: www.giant.co.jp
www.giant.co.jp

キャンプツーリングや普段使いに便利! 初心者向けマウンテンバイクはトレイルモデル!

画像: キャンプツーリングや普段使いに便利! 初心者向けマウンテンバイクはトレイルモデル!

クロスカントリーやダウンヒルなど様々なモデルがありますが、まずはトレイルモデルから試してみるのが得策です。初心者でも扱いやすいため、キャンプツーリングだけでなく普段使いもOK。

心も体も解放して、マウンテンバイクでキャンプ先の山を走り回りましょう。

This article is a sponsored article by
''.