春はお出かけの時期。ポカポカ陽気につられ、キャンプやアウトドアで活動したくなります。また軽装でいられるのも嬉しいですね。同時に寒い日もぶり返したりするため、何を着たら良いのかわからなくなるときもあります。そこで今回は、春キャンプでの服装についてまとめてみました。女性向けのおしゃれで機能性の高いアイテムは要チェックです!

春キャンプのファッションの基本と対策!

寒さ対策で防寒する冬と比べ、軽装で過ごせる春キャンプ。せっかくだから、おしゃれも楽しみたいですよね。しかし暖かいからこそ気を付けたい点もあります。ただファッションだけを気にするのではなく、春キャンプでの注意点や各アイテムの機能性も確認していきましょう。

インナーの素材選び

暖かくなると汗をかいてしまうので、吸収性の良い素材を選びましょう。吸湿性も兼ねていると汗冷えも防げるので更におすすめです。速乾性のある長袖のアンダーシャツはあると便利なアイテムで、おしゃれなデザインも多く、見せる着こなしとしても可愛らしく決まります。

日焼け対策

春は紫外線量が増えるため、長袖の羽織を着ていくなどの日焼け対策が大切です。また、熱中症予防の帽子も欠かせません。

虫対策

春になると多発する虫たち。山や川は特に虫が多い場所です。やぶ蚊やアブなどに刺されないよう、露出の少ない恰好をしましょう。短い丈のボトムやスカートの場合は、レギンスやタイツなどで対策を。

冬とは違った防寒対策

春先は日中は暖かくても夜は寒くなる場合も多く、特にキャンプ場などの自然に囲まれた海、山、丘などは、都市部と比べ寒暖差には気をつけなくてはいけません。そこで春でも防寒対策は必須です。

日中は薄手の素材で十分だったとしても、日が落ちると急に冷え込むことがあるため、携帯性にすぐれた、軽くて暖かい素材の上着があるととても重宝しますよ。

主に、服装の選び方やアウトドアでの対策を説明しましたが、最近はアウトドアブランドのリュックや小物などおしゃれなデザインも増えてよりファッションを楽しめるようになりました。

そこで、洋服とリュックを例に挙げて春キャンプのファッションをトータルコーディネイトしてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

防水性・透湿性が高い優れもの カラフルな色合いでコーディネートの差し色に!

1. ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) オールマウンテンジャケット

アウトドアブランド、ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカー。防水・透湿性が高く、着心地の良い素材のジャケットです。

薄手で重ね着しやすいので、季節を問わずオールシーズンで使えるのがうれしいポイント。また小さく折りたため、携帯に便利なスタッフサック付きなので、急な天候の変化にも心強い味方です。

また、マウンテンパーカーはタウンユースとしても人気が高く、ファッション性も十分。この製品もカラフルな色合いが可愛らしく、羽織るだけで一気におしゃれなキャンプスタイルに変身できます。

アウトドアのおしゃれに困ったら、まずはこちらを試してみては? Amazonでの販売価格は50,000円前後です。

防虫対策ばっちり! 豊富なカラーバリエーション

2. ナチュ&ダイアリー(NACHU&DIARY) ニット 裾リブ レギンスパンツ

山や川でのキャンプで必須となる虫対策。特に足元は刺されやすいため、露出を避けましょう。どうしても可愛らしいスカートや短いボトムを履いていきたいという方には、レギンスをおすすめします。

足首まで丈のあるレギンスなら、足を保護しながらもおしゃれアイテムとしてファッションを引き立たせてくれるからです。

こちらのレギンスは5色のカラーから選ぶことができます。ニット素材なので、春先の少し寒いときでもしっかり防寒してくれます。配色もシックで、どんな服装にも合わせやすくておすすめです。楽天での販売価格は2,000円前後です。

軽量で使いやすい 女性でも持てるおしゃれなデザイン

3.パタゴニア(PATAGONIA) アーバー・パック 26L

アウトドアブランド、パタゴニアのリュックです。アウトドアリュックらしく耐久性や撥水性に優れ、その機能性の高さから人気があります。この商品の容量は26Lで、水筒や薄手のアウターなども収納できます。

抜群の収納力ですが、リュック自体は軽量なので体への負担は最小限。付属のショルダーストラップは肩と胸にしっかりフィットする造りになっていて、疲れを感じづらいのも嬉しいポイントです。

デザインもシンプルな無地や個性的な魚柄など、女性でも持ちやすいものが揃っていますよ。楽天での販売価格は8,000円前後です。

春キャンプファッションは日焼け対策や虫対策も視野に入れて

画像: 春キャンプファッションは日焼け対策や虫対策も視野に入れて

厚着ばかりで着膨れしていた冬と違い、暖かい春はおしゃれをしたくなりますよね。それは、キャンプなどのアウトドアでも同じです。気温もさらに上がってくるので、長袖でも通気性の良い素材や肌が隠れ動きやすいなど、日焼け対策や虫対策を考慮したアイテムを選ぶといいですよ。今までキャンプでのおしゃれに挑戦してこなかった人も、ぜひ、さまざまなアイテムを試してみてください。

This article is a sponsored article by
''.