「夫婦やカップルでキャンプに行ってみたい!」そんな皆さまに向けてお送りする「2人キャンプの魅力&はじめ方」についての3回連載。第3回は、実際のキャンプ場選びから、必要最低限そろえるべき道具、1日の流れまで、キャンプを楽しむためのポイントをお伝えします。2人キャンプを始めるためのガイドになれば幸いです!
画像1: 【キャンパー夫婦が教える】2人キャンプの始め方~道具&キャンプ場選び~

【筆者(30歳)ライター】

テント泊のキャンプ未経験からスタート。ワイワイするのは苦手で、静かな場所が好き。

画像2: 【キャンパー夫婦が教える】2人キャンプの始め方~道具&キャンプ場選び~

【夫(30歳)会社員】

インドア派で読書好き。キャンプは子どもの頃に数回行ったことがある程度で、自発的なキャンプ経験はなし。

※ わたしたち夫婦が2人キャンプを始めたきっかけは第1回目の記事へ。

※「2人でキャンプなんてできるの?」については、第2回目の記事へ。

キャンプ場選びのポイントは「初心者向きかどうか」と「2人で楽しめるかどうか」

画像: キャンプ4年目@ふもとっぱらキャンプ場 futaricampguide.com

キャンプ4年目@ふもとっぱらキャンプ場

futaricampguide.com

初めての2人キャンプの楽しさを左右すると言っても過言ではない、キャンプ場選び。そのポイントは大きく分けて以下の2つです。

  • 初心者向きのキャンプ場かどうか
  • 2人キャンプが楽しめる静かな場所かどうか

それぞれ、くわしく説明していきますね!

キャンプ初心者に優しいキャンプ場を選ぶ

これは夫婦・カップルキャンプに限りませんが、初めてのキャンプは設備が充実したキャンプ場を選ぶのがおすすめです。

【チェックポイント】

  • 管理棟にスタッフが常駐しているか
    →何かあった時にサポートしてもらえる
  • 道具のレンタルや売店があるか
    →忘れ物をしても安心!
  • トイレが清潔かどうか
  • お湯が出るかどうか
    →お湯の方が皿洗いがラク

また、近くにコンビニやスーパーがあれば、食材や飲み物が足りなくなっても安心ですね!

わたしのイチオシは、千葉県にある「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」。上記のすべてを満たしているので、キャンプデビューにおすすめです。

キャンプ場選びの方法はネットの記事やキャンプ場情報まとめサイト、雑誌を参考にするなどいろいろありますが、わたしたちは「Google Map」をメインに使っています。希望のエリアで「キャンプ場」と検索すれば多くのキャンプ場がヒットしますし、口コミやリアルな写真も見られて一石二鳥です!

2人でゆったり静かに楽しめるキャンプ場を

せっかくの2人キャンプなのに、すぐ隣にワイワイしたグループがきてしまうのは避けたい…。そんなときは、広いフリーサイトか、それぞれの区画のスペースがたっぷりとってあるキャンプ場がおすすめです。

ちなみに、キャンプ場には大きく分けて2種類の「サイト(テントを張るスペース)」があります。

  • フリーサイト
    →自分の好きな場所にテントを張ってOK
  • 区画サイト
    →テントを張るスペースが予め区切られている

どちらも「隣にどんなキャンパーが来るか」は行ってみないとわかりませんが、広いフリーサイトの場合、混雑時を避ければ「すぐ隣にグループが…!」なんてことはほとんどありません。

例えば、静岡県の「ふもとっぱらキャンプ場」はだだっ広い草原のフリーサイトなので、通常は適度に隣との距離感も保てると思います。(ただし人気のキャンプ場なので、アウトドアシーズンは混雑しますが…!)

画像: 平らな草原のふもとっぱらキャンプ場 futaricampguide.com

平らな草原のふもとっぱらキャンプ場

futaricampguide.com

先ほど「初心者に最適!」とご紹介した「成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場」も、ファミリーが多いとはいえ、フリーサイトはかなり広いので、混雑シーズン以外は隣と適度な距離が保てます。

画像: 成田ゆめ牧場のキャンプ場の平日の様子 futaricampguide.com

成田ゆめ牧場のキャンプ場の平日の様子

futaricampguide.com

また、区画サイトでも、それぞれの区画をゆったりとってあるキャンプ場ならば、混雑するシーズンもある程度の距離感を保てるはず。

画像: ひとつの区画が広ければ◎(大原オートキャンプインそとぼう) futaricampguide.com

ひとつの区画が広ければ◎(大原オートキャンプインそとぼう)

futaricampguide.com

ちなみに、わたしたち夫婦は「2人キャンプは絶対静かにゆったりしたい!」と思っているので、以下の2点に気を付けています。

  • 連休など混雑時は避ける
  • グループNGのキャンプ場へ行く

特に2つ目、キャンプ場によっては「グループNG」など規制をかけて、ゆったりキャンプを楽しめるように工夫している場所があります。

例えば千葉県の「大原オートキャンプインそとぼう」は、グループでのキャンプはNGなので、静かに楽しめます。ひとつひとつの区画が広く、生垣で区切られている点もプライベート感があっておすすめ。

画像: 展望台から見下ろした大原オートキャンプインそとぼう futaricampguide.com

展望台から見下ろした大原オートキャンプインそとぼう

futaricampguide.com

また、同じく千葉県「森のまきばオートキャンプ場」は、グループの場合は5名まで、家族の場合は3家族までとなっています。ここもフリーサイトが広いのでおすすめです。

画像: 広いフリーサイトの通称「森まき」 futaricampguide.com

広いフリーサイトの通称「森まき」

futaricampguide.com

これらのポイントを踏まえて、はじめての2人キャンプを安心して楽しめる場所を選んでみてくださいね!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.