キャンプに行く際、蚊などの虫除け対策は必須ですよね。市販されている虫除けスプレーは、実はアロマオイルで簡単に手作りできます。自分の好きな香りを作ってアウトドアに持ち出してみましょう。今回はそんな、アロマでできる虫除けスプレーの作り方と注意点をご紹介していきます。

アウトドアやキャンプで虫除け対策 アロマの虫除けスプレーは香りも楽しめておすすめ

アウトドアやキャンプなど、外で一日過ごすような場合、虫除け対策は大切ですよね。私は虫が嫌いなので、アウトドア以外でも虫除け対策にいろいろなアイテムを試してきました。

今回はその中の一つ、アロマの虫除けスプレーをご紹介します。

アロマの虫除けスプレーは香りを楽しみながら使えるのが特徴です。市販品だけでなく簡単に手作りできるため、子供と一緒に作るのも楽しいですよ。キャンプに行く前に、ぜひチャレンジしてみましょう。

画像: アウトドアやキャンプで虫除け対策 アロマの虫除けスプレーは香りも楽しめておすすめ

エッセンシャルオイルやキャリアオイルも! アロマの虫除けスプレーを手作りするなら遮光瓶が必要

アロマの虫除けスプレーを作るのに必要な材料は下記の5つです。

エッセンシャルオイル

一般的にアロマオイルとして販売されている商品には、植物から天然100%で抽出した成分が入っているオイル(エッセンシャルオイルまたは精油と呼びます)と、人工的に作られた成分が入っているオイルの2種類があります。

虫除け効果に期待できるのはエッセンシャルオイルのみで、人工香料には効果がありませんのでご注意ください。

エッセンシャルオイルには香りがたくさんありますが、虫除けには「シトロネラール」や「シトラール」と呼ばれる虫が嫌いな成分が含まれているオイルが適しています。

虫除けに用いられる代表的な香りは以下の3つです。

  • シトロネラ・・・柑橘系のツンとした刺激的な香り
  • ユーカリレモン・・・レモンの爽やかさを含むスパイシーな香り
  • レモングラス・・・レモンらしいフレッシュで鮮やかな香り

それぞれ香りが違うので、アロマのお店で実際に香りを確認してみるのがおすすめです。

キャリアオイル(無水エタノールも可)

キャリアオイルは、植物性、植物由来のオイルの総称です。エッセンシャルオイルは原液の状態では高濃度で刺激が強く、直接皮膚に使用することができないため、キャリアオイルで薄めて使います。キャリアオイルも種類が豊富で、用途や肌質などにより使い分けます。

キャリアオイルはどれも粘り気があり、また、酸化する性質を持っていますが、虫除けスプレーは噴霧させる必要があり、酸素にも触れやすいため、粘り気が少なく酸化しにくい「ホホバオイル」を使用するのがおすすめです。

また、キャリアオイルの代わりに「無水エタノール」でも代用できます。無水エタノールは消毒液などにも用いられるもので、薬局でも購入できます。ただし香りが飛びやすいため、香りを残したい方はキャリアオイルを選びましょう。

精製水(ミネラルウォーターや水も可)

精製水は、不純物を取り除いた水のことです。こちらもオイルを薄め、スプレーに適した粘度に調節するために使います。精製水が手に入らない場合はミネラルウォーターや水道水でも代用できます。

スプレー付きの遮光瓶

遮光瓶は、オイルを直射日光に当てないように保管するときに必要です。スプレー付きを購入すればそのまま使用できます。遮光瓶も50mlや100mlと容量はさまざま。自分が必要なサイズを選んでくださいね。

ビーカーやかくはん棒もあると便利

ビーカーやかくはん棒もあると便利です。キャリアオイルを量ったり、混ぜたりしやすくなります。ビーカーが手元にないときは、いらない容器でも代用は可能です。

ちなみに私は100均で購入した計量カップをビーカーの代わりに使っています。

画像: ビーカーやかくはん棒もあると便利

材料をしっかり混ぜて遮光瓶に入れるだけ! 肌が弱い人はエッセンシャルオイルを減らしてみよう

アロマはブレンドもできますが、今回はシンプルに1種類のエッセンシャルオイルを使ってみましょう。

必要な材料

  • エッセンシャルオイル・・・5~10滴
  • キャリアオイル、または無水エタノール・・・5ml
  • 精製水、またはミネラルウォーター・・・45ml
  • スプレー付きの遮光瓶
  • ビーカーやかくはん棒(なければ代用可能)

作り方

  1. ビーカーにエッセンシャルオイル、キャリアオイル、精製水を入れる
  2. かくはん棒でよく混ぜる
  3. スプレー付き遮光瓶に混ぜたものを入れて完成

虫除けスプレーを使うときは、肌に軽く吹きかけるのがおすすめですが、レモングラスなどは刺激性が強いので、肌が弱い人はエッセンシャルオイルの量を減らすか、直接肌につかないようにしてください。

画像: 作り方

ペットがいる場合は、アロマの虫除けスプレーを控えよう

キャンプでペットを連れて行く人も多いかと思いますが、ペットがいるときはアロマの虫除けスプレーの使用を控えるか、やめましょう。

なぜなら、動物は人間に比べて嗅覚が優れているため、香りを強く感じてしまうからです。

なお、猫やフェレットは香りの成分を代謝できないため、直接オイルに触れなくても中毒を引き起こしてしまう可能性があります。自宅でアロマの虫除けスプレーを作りたい方は特に気を付けましょう。

画像: ペットがいる場合は、アロマの虫除けスプレーを控えよう

一度試しに虫除けスプレーを手作りしてみよう 自分好みのアロマの香りがいずれ見つかるかも?

画像: 一度試しに虫除けスプレーを手作りしてみよう 自分好みのアロマの香りがいずれ見つかるかも?

今回は1種類のエッセンシャルオイルをキャリアオイルや水と混ぜて作りました。慣れてきたら、何種類ものエッセンシャルオイルだけをブレンドして楽しむのもおすすめです。

虫除けスプレーを今まで購入していたという人でも、匂いは好きではなかったという声も聞きます。一度試しに手作りしてみてください。何度か経験を積んで行くうちに、少しずつ自分好みの香りが見つかってお気に入りの1本が作れますよ。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.