ファミリーキャンプの思い出を記録するなら、初心者でも操作しやすく、迫力満点の動画を高画質で撮影できるアクションカメラがおすすめです。しかし「一般的なビデオカメラと何が違うの? 」「そもそもアクションカメラとは何? 」と思う方もいるのでは? 今回は、アクションカメラの特徴や上手に撮影するコツをはじめ、おすすめのモデルをご紹介します。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)とは? 軽量なのに耐水性・耐久性に優れた小型ビデオカメラ

アクションカメラとは、いわば小型のビデオカメラです。軽量で小さく、耐水性・耐久性に優れているため、スポーツやアウトドアなどの激しい動きの撮影に向いています。

一般的なビデオカメラのように手持ちで撮影できるほか、自転車・バイクのハンドル、腕・頭など自分の身体に装着して臨場感ある撮影も可能で、手に持たなくても撮影できるメリットがあります。

アクションカメラは別名「アクションカム」「ウェアラブルカメラ」「スポーツカメラ」などとも呼ばれます。小さいため荷物になりにくく持ち運びも便利なので、ファミリーキャンプのお供にぴったり! また水中撮影ができるモデルもあるので、海や川などの水辺でも活躍してくれるでしょう。

画像: アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)とは? 軽量なのに耐水性・耐久性に優れた小型ビデオカメラ

【初心者向け】アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)で上手に撮影するには? 3つのコツをご紹介

身体や乗り物、道具等に装着すれば、迫力ある映像が楽しめる

アクションカメラ最大のメリットは、ウェアラブル(=身体等に装着することができる)であること。例えばヘルメット、自転車、スノボやサーフボードなどに装着して撮影すれば、臨場感のあるダイナミックな映像を残すことができますので、見る側もいつもと違った視点(プレイヤー目線)からの映像を楽しめます。

風景や建物は、固定したり、手振れ補正のあるカメラで撮影

アクションカメラの多くは広角レンズを採用しているため、上手く撮影するコツとしては、いかにブレないように撮るのかということです。

雄大な自然(風景)や建物などをアクションカメラに収めるときは、被写体との距離感を確認しながら三脚を使用してみたり、パン(カメラを固定したまま、フレーミングを水平方向、または垂直方向に移動させる技術)したりする際、手振れ補正など付いているカメラを購入するというのも選択肢のひとつです。

高画質モデルで静止画撮影も兼用

アクションカメラはビデオカメラの一種であるため動画に最適ですが、実は静止画もきれいに撮影できます。高画質モデルであれば、修正・加工なしでも画像は鮮明で、SNS映えしますよ。

ソロキャンプの際は、自撮り棒の利用がおすすめ。セルフィーが簡単にできる上、スマートフォン内蔵のカメラとは印象が異なる雰囲気の静止画が撮影できます。

動画は1秒間に静止画が何枚も重なってできていますので、動画で撮影して静止画データをキャプチャーするというのもテクニックのひとつです。

画像: 高画質モデルで静止画撮影も兼用

それでは実際に、初心者でも操作しやすく、迫力満点の動画を高画質で撮影できるアクションカメラを見てみましょう!

プロ愛用のGoPro(ゴープロ)高性能モデル 動画は4K、静止画は12MGに対応し高画質撮影可能

1. GoPro(ゴープロ) HERO7 Black CHDHX-701-FW

アクションカメラの先駆けである「GoPro(ゴープロ)」は、アマチュアユーザーからプロのカメラマンまで、幅広く愛用されている商品です。

テレビ番組の撮影に使用されるほどの高性能を誇り、多方面から支持されています。同メーカーにはさまざまなラインアップがありますが、「HERO7」が最上位モデルです。

音声コントロール機能搭載で、手がふさがっていても、本体に話しかけることで操作可能。16種類のコマンドに対応しています。

また、動画は4K、静止画は12MP(メガピクセル)と高画質の撮影も可能。手ブレ補正機能も強力で、初心者でもブレが少なく、まるでプロのようなクオリティの高い映像を記録できます。耐水性と耐久性にも優れており、文句なしのハイスペックモデルです。

SONY(ソニー)のアクションカメラは手ブレに強い! 安定して撮影ができ初心者におすすめ

2.SONY(ソニー) デジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム HDR-AS300R ライブビューリモコンキット

激しい動きなどがある撮影をする際、手ブレが気になる人におすすめのソニー製アクションカム。レンズユニット全体を動かす空間光学手ブレ補正機能が搭載されており、ズームしながらのブレ補正も可能です。

これは、同メーカーのビデオカメラに採用されている技術を、アクションカメラ向けに応用したもの。ブレが少なく、なめらかで安定した撮影ができるので、カメラ初心者にもおすすめです。

さらに、撮影対象物の質感を忠実に再現する、夜間など低照度環境での撮影時のノイズを減らすといった技術も搭載されており、細かい描写で鮮明に記録できるのも大きなメリットです。

本体は防滴仕様なので、多少の水ぬれは問題ありません。ファミリーキャンプにおける、さまざまな思い出の撮影に役立ちますよ。

圧倒的コスパのアクションカメラ(ウェアラブルカメラ) 防水ケースや自転車スタンド付き

3.APEMAN(エイプマン) A66S アクションカメラ

いわゆる「中華系アクションカメラ」と呼ばれる商品のひとつで、コスパの良さとスペックの高さが魅力。

高画質での撮影、手ブレ補正などの機能が充実している上、水深40メートルまでの水中撮影が可能なほど、耐水性にも優れています。

また、防水ケース、自転車スタンド、ワイヤロープなどのアクセサリーも付属。Amazonでは、すべてそろって4,000円以下で購入できます。

ひとまず入門用として安価なアクションカメラを導入したい人におすすめです。ドライブレコーダーモードも搭載しているので、キャンプなどのアウトドアシーンのほか、日常的に車を運転する時にも活用できますよ。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)でファミリーキャンプの思い出をまるごと記録!

画像: アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)でファミリーキャンプの思い出をまるごと記録!

ファミリーキャンプで動画を撮影する際、子どもがビデオカメラを持つこともあるでしょう。そんなときは、通常のビデオカメラよりもアクションカメラがおすすめです。

初心者でも使いやすく、耐水性や耐久性に優れているモデルが多い上、手ブレ補正もできるので、子どもに撮影を任せても安心です。さまざまなラインアップがあるので、家族の意見を聞きながら一緒に選ぶと楽しいですよ。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.