自家用車でキャンプを楽しみたい!そしてバンやワゴンでなくても、快適な居住スペースをつくりたい! そんなときに便利なのがルーフトップテント。各ブランドから発売されていますが今回、私、ハピキャン編集部・マサヒロが、イチ押しするのはアメリカ発のアウトドア・ギアブランド「YAKIMA(ヤキマ)」。その魅力をたっぷりとご紹介します!

ルーフトップテントとは?ルーフテントの型(タイプ)のひとつ

まず最初に説明しなければならないのが、車の屋根(ルーフ)に取り付けて、車上で使用するテントのことを「ルーフテント」と呼びます。基本的にはどの車種でもルーフテントは設置可能で、簡単に言ってしまえば、普段乗っている車を手軽に!?キャンピングカーにする!というアイテム。

そしてルーフテントの型によって「タワー型」「シェル型」「ルーフトップ型(トップテント型)」の3種類にわかれます。

今回は、その中でも取り扱い簡単! 居住スペースがしっかり確保できる! 一般的なテントをそのまま車上に乗せた形をしている! という点からルーフトップ型商品(YAKIMA)を紹介します!

画像: ※写真はイメージです
※写真はイメージです

YAKIMAのルーフトップテント「スカイライズ ルーフトップテント」を
実際に見てきました!

やっぱり実際に見てみるのが一番!ということでやってきたのは2019年3月7日~10日までパシフィコ横浜で開催されていた「ジャパン インターナショナル ボートショー2019」。

そちらで出展されていた正規代理店「AUTOPROZ(オートプロズ)」さんのブースにお邪魔して、話題の商品を確認したり、スタッフさんにも詳しく使い方を聞いてきました!

早速、YAKIMAのルーフトップテントがド~ン!デザイン性も含め、迷彩柄でオシャレ!というか、こういうのを実際目の当たりにするとテンション上がります。何もわかっていないキャンプ初心者の私には新鮮で、しかも車好き!のため、なおさら興奮。

そんな私にも優しく対応してくれたのは、AUTOPROZさんの梁川代表と、スタッフの五十嵐さん。
調子に乗ってなんでも聞いちゃいました!

画像: AUTOPROZの梁川代表(撮影・編集部) www.auto-proz.com

AUTOPROZの梁川代表(撮影・編集部)

www.auto-proz.com
画像: YAKIMA×POLeRスカイライズ ルーフトップテント(撮影・編集部)

YAKIMA×POLeRスカイライズ ルーフトップテント(撮影・編集部)

こちらの商品は、「YAKIMA×POLeR(ポーラー)スカイライズ ルーフトップテント」。「YAKIMA」と聞くと、なんかちょっと日本っぽくもありますが、アメリカはワシントン州ヤキマ市発祥のカーキャリアブランドだそうです。

日本ではまだそれほど知られてないブランドですが、現地アメリカではサーファーやスノーボーダーにも人気で、とてもメジャーな存在なんだそうです。なんかそれもいい!

そして、このロゴ。なんかずっと見てるとめちゃくちゃかっこよくなってくる不思議な魅力が、、、

そして、このルーフトップテントはそんなYAKIMAとこれまたアメリカ・オレゴン発のアウトドアブランド「POLeR」とのコラボ商品だそうです!

画像: 「POLeR」とのコラボ商品(撮影・編集部)

「POLeR」とのコラボ商品(撮影・編集部)

「YAKIMA」ルーフトップテントを車に取付
おすすめポイント:あらゆるタイプのベースキャリアに工具不要で取付可能!

YAKIMA×POLeR スカイライズ ルーフトップテント

今回紹介するスカイライズ ルーフトップテント。納品時は箱に入っており、参考までにそのサイズは?というと...Mサイズで125cm×145cm×25cmの箱(Sサイズで115cm×130cm×25cm)で、しかも重量は40kg!ん~こりゃまぁまぁデカい!

最初にお伝えするのもなんですが、梁川社長曰く「自宅などでの保管時に、ある程度のスペースが必要というのはこの手の商品の弱いところではあります。」とのこと。
(とっても正直なご説明、ありがとうございます。)

そして取り付けにおけるポイント!こちらの商品、耐荷重の基準が守られているものであれば、基本的にあらゆるタイプのベースキャリアに対応しているそうです。

SUV車ならほとんど装着可能!
※但し、クリップタイプのベースキャリアには取付不可だそうなのでご注意ください。

撮影・編集部

車への取り付けイメージとしては...!

①付属のレールをテントの裏面にボルトで取り付け。 
※裏面に、ボルト穴の目印として赤いシールが貼ってあり、とっても分かりやすい。

②(あらかじめベースキャリアが車に取り付けてある状態で)
 レール装着済のテントを2~3人で、車のベースキャリア上に載せ、
 クランプでクロスバーをはさみこむ。

③あとはノブを手でまわしてだけ締めつけるだけ!
 ※基本的に取り付けは「工具不要」

画像2: 撮影・編集部

撮影・編集部

「YAKIMA」ルーフトップテントの展開方法を写真付きで徹底解説
おすすめポイント:テントの展開が簡単!

★車に取り付けた後、
 “どうやってテントの完成までもっていくか?”というと...
 これが意外と簡単!

<手順>
① カバーを外す
② ハシゴを伸ばす
③ テントを展開
④ ハシゴを良き高さに調整
⑤ 防水カバーを突っ張る
⑥ 明かり窓をお好みで調整
⑦ 完成

それぞれ、写真付きで詳しくお伝えします!

画像3: 撮影・編集部

撮影・編集部

まず、この状態で、目的地に到着しますよね。

撮影・編集部

テントはこんな感じにカバーに入ってるんですね。「YAKIMA×POLeR」のロゴがカッコいい。そして、この状態から、ルーフトップテントの展開に!

① カバーを取り外す

まずはカバーを取り外し(ベルト、マジックテープ、ジッパーを解放していく)

上から見ると。。。お~ハシゴが出てきた!

画像6: 撮影・編集部

撮影・編集部

カバーを外しきったら。。。

画像7: 撮影・編集部

撮影・編集部

はがしたカバーをくるくるっとして、ベルトで固定

②ハシゴを伸ばす

顔を出したハシゴを伸ばす

③テントの展開スタート

ハシゴを使ってグイッとテントを起こす!(あ、テコの原理)

画像8: 撮影・編集部

撮影・編集部

お~起きてきた!!割と簡単に起こせます!

④ハシゴを良き高さに調整

ハシゴを縮めながら良い高さで、ロックする

⑤防水カバーを張る

取り外し可能な雨天用のレインフライ(防水カバー)も付いています。レインフライを付けたまま、で収納が可能なんですね。便利!!

レインフライロッド(突っ張り用の竿金具)、風が強いとき用にロープとペグも付属

⑥明かり窓をお好みで調整

あとは好み、天候に合わせて、明かりを取ります。クローズ、メッシュ、オープンとそれぞれの状態にできます。

画像14: 撮影・編集部

撮影・編集部

⑦完成
お~~~~~!!!! できた!

画像: 完成!!(撮影・編集部)

完成!!(撮影・編集部)

テントの展開準備のスタートから完成までは、スタッフさんがやって15分。初心者の私が子供に手伝ってもらいながらゆっくりやっても2~30分もあればできますね。

本当に「意外に簡単!」という印象でした。

「YAKIMA」ルーフトップテントの居住性を体験
おすすめポイント①:家族3人で快適に過ごせるスペースを確保!

気になるルーフトップテント内の居心地もしっかり体験してきましたよ。
中の様子はこんな感じ!

今回見せて頂いたこちらの商品は「スカイライズ ルーフトップテント」のMサイズということで、仕様上は、耐荷重含めて、大人3名での使用が可能ということ。

しかし、実際寝てみると、ん~大人2名、子供1名が仲良く川の字!くらいがストレス無い感じだと思います。

車の上ということで、不安定なのではないかとちょっと不安でしたが、非常にしっかりしていて、テント内のクッション性も良く、とても快適な環境でした。

画像: 寝てみました(撮影・編集部)

寝てみました(撮影・編集部)

明かり窓は壁側の全サイド、天井にも2つあり、オープンにするととっても明るく、開放感もしっかり出せます。

そして、レインフライ(防水カバー)は、天井の窓の位置は透明になっているので、レインフライがかかった状態でも、しっかり明かりが入ってきます。

画像: 天井部の明かり取り窓(撮影・編集部)

天井部の明かり取り窓(撮影・編集部)

「YAKIMA」ルーフトップテントの実用性
おすすめポイント②:クッションは取り外し可能でカバーは洗濯もOK!

テント内のクッションは取り外し可能で、汚れてもカバーを外して洗濯も可能ですので、安心して使えますよね。ここは子供連れのファミリーにとっても嬉しいところです。

画像15: 撮影・編集部

撮影・編集部

レインフライ(防水カバー)も外せばより開放的に!
おすすめポイント③:車上からの眺めも、なかなかのもの!

レインフライはポールにマジックテープ、ベルトで止められており、しっかり固定されていながらも取り外しが簡単!というわけで、わがままを言って半分外してもらいました。

画像: レインフライを半分外した状態(撮影・編集部)

レインフライを半分外した状態(撮影・編集部)

画像: 天井から顔も出せます(撮影・編集部)

天井から顔も出せます(撮影・編集部)

例えば、オートキャンプも可能で、ステージやショーなども楽しむことができるイベントに行った際に、こうやってルーフトップテントから高い視点で見ることができるのはとっても良いですよね!
子供は間違いないく喜びます!花火とかもいいかも!!

改めて「YAKIMA」ルーフトップテントのおすすめポイントをおさらい!

あらゆるタイプのベースキャリアに工具不要で取付可能!

テントの展開が簡単!

家族3人で快適に過ごせるスペースを確保!

室内クッションは取り外し可能でカバーは洗濯もOK!

さらに、おすすめのポイントを改めてAUTOPROZの梁川代表にお聞きしました。

AUTOPROZの梁川代表

www.auto-proz.com

・ルーフトップテントの良さとして、グランドテントよりも地面から離れているため、
 雨などの天候にも強い
・高い視点で見晴らし抜群
・目的地に付いてから、テント展開までが早く、片付けも簡単!
・しっかりと宿泊もOKだし、デイキャンプでも手軽に居住スペースがつくれる
・取り付けに工具が不要
・クロスバーはどんな形状でも取り付けが可能
・テント内のクッションは取り外し可能で汚れてもカバーの洗濯が可能
・人数に合わせてSサイズ、Mサイズのサイズ展開がある
・盗難防止用の鍵(SKSロック)も装備している
・シューズボックスや小物入れなど各種アクセサリーも充実

画像: アクセサリーも充実(画像提供・AUTOPROZ)

アクセサリーも充実(画像提供・AUTOPROZ)

今回紹介した「YAKIMA×POLeRスカイライズ ルーフトップテント」ですが、価格は19万8千円。もちろん安くはないですが、キャンピングカーを購入するよりは手が出やすい価格だなぁと感じました。また、Sサイズの商品もありますよ!

YAKIMAはアメリカ発のブランドですが、日本車、欧米車と、適応車種はかなりありますので、下記、AUTOPROZさんに問い合わせ頂きますととっても丁寧に教えてくれますよ。

株式会社オートプロズ

https://www.auto-proz.com/

電話番号:0779-89-2171

問い合わせフォーム
https://www.auto-proz.com/contact-us

This article is a sponsored article by
''.