街中でもよく見かけるアウトドアブランドのリュック。防水性や耐久性にも優れたものが多く、容量も小さなサイズから大きなものまで実に様々な種類があります。またデザインもシンプルなものから、それぞれのアクティビティに合った機能を反映したものもあり、何を選んだらよいのか迷うところです。そこで今回は、普段使いもOKなメンズ向けの人気アウトドア用リュックをご紹介。

アウトドアリュックの選び方! デザイン・防水性・容量を考えよう

デザインで選ぶ

リュックは何といってもデザインが非常に重要。「街中で使用するにはシンプルなデザインが良い」「アウトドアではモール(リュックの正面などについている横シマのナイロンテープのような部分)があった方が拡張性が高い」など、機能部分がそのままデザインに反映されます。

そこでデザインを選ぶ際は、どのような目的で使用するかを考えることをおすすめします。普段から本体横のメッシュポケットに飲料を入れることが多い場合はそれがあるか、PCスリーブさえあればあとはポケットもないシンプルなもので飽きのこないものがよいなど好みもあるため、機能面も合わせて選びましょう。

防水機能で選ぶ

アウトドアリュックに必須なのが防水機能です。水を通さないので、不意の雨はもちろん、汚れを気にせずハードに使うこともできます。

そんな防水とよく混同されがちなのが「耐水」と表示されているリュック。こちらは「比較的水に強い」という意味で、設定された「耐水圧」を超えると、水が染み込んでしまいます。

タウンユースで使うにしても「防水」機能付きを選んでおけば、雨天時も気にせず使用できますのでオススメです。

容量で選ぶ

リュックは一般的にL(リットル)という単位で容量を表示されます。15~20Lほどのリュックは、日帰り登山や通勤・通学時の荷物を入れるのにぴったり。見た目もスマートで、ちょっとしたお出かけ時にも重宝します。

30L以上になると、着替えや食料のほか、簡単な宿泊用具なども収納でき、1泊以上のアウトドア用として重宝します。通勤・通学でも、PCを持ち歩いたりなど荷物が多い人はこのサイズがオススメです。

とはいえ、アウトドア用リュックは大容量なほど良いわけではなく、用途に応じた容量を選ぶのが重要。大きすぎるものを買ってしまい、使い勝手が悪いなんてことにならないようにしましょう。

今回は、アウトドアはもちろん、普段の生活でも使い勝手の良い容量20〜30Lのメンズ向け人気アウトドア用リュックをご紹介します。何を買えば良いか迷っている方は参考にしてくださいね。

画像: 容量で選ぶ

レトロモダンなフォルム! 15インチのノートPCを収納できるノースフェイス製アウトドアリュック

1.ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)ピボター

アウトドアリュックの定番ブランド、ザ・ノース・フェイスのおすすめリュックがこちら。どこかクラシカルでレトロな印象のフォルムは、綺麗系メンズファッションとの相性もばっちり。

クッション性・通気性に優れたバックパネルを採用しており、長時間背負っていても体への負担が少ないのも魅力です。十分な強度を持つポリエステルをメイン素材として使用しているので、ハードな使用も安心。さらに表面生地の裏に防水コーティングが施されており、小雨程度であれば問題ありません。

容量は27L。重量は830gと軽量で、フロントには小物収納に最適なポケットを複数配置。15インチのノートPCやタブレット収納に便利なパッド入りポケットもあるので、普段使いでも活躍してくれます。販売価格はAmazonで8,000円前後です。

大容量30L&防水性抜群! 通学・通勤にも、長期旅行にもおすすめのグレゴリー製リュック

2.グレゴリー(GREGORY)I-ストリート

I-ストリートは、防水帆布素材に止水ジッパー、二重構造の耐水ボトムパネルと防水対策バッチリなアウトドアリュックです。キャンプはもちろん長期の旅行などでも活躍必至な30Lと大容量。(重さは1065g)

間口を大きく開けるロールトップクロージャーで、荷物の取り出しもとてもしやすく、ノートPCやタブレット端末を収納できるスリーブも内蔵しているため、アウトドアのみならず、通勤や通学にもオススメです。

外側のポケットには4つの仕切りがあり、小物収納にも便利。写真だけ見るとスリムな印象でサイドポケットもタイトに見えますが、500mlのペットボトルなども余裕で入れることができます。

リュック表面の素材感にコントラストを持たせているので、見た目もとてもかっこいいですね。販売価格はAmazonで21,000円前後です。

ポケットが4つもあり収納に便利 ステッキホルダー付きのコールマン製リュック

3.コールマン(Coleman) ウォーカー25

斜めに入ったファスナーがスマートな印象を感じさせてくれるアウトドア用リュックです。斜めのファスナーを開けると、500mlのペットボトルが入るほどの収納スペースが。さらに内側のファスナーを開ければ、ペンやモバイルバッテリーなどを収納できるオーガナイザーポケット、鍵などの貴重品を固定できるフックがあります。

両サイドにある2つのメッシュポケットは折りたたみ傘や水筒などを入れるのに便利。トレッキングポールを固定できるステッキホルダーや、取り外しのできるスタッフバッグもあり、アウトドアはもちろん普段使いでも大活躍してくれそう。防水加工も施されているため、中身が水に濡れる心配もありません。

容量は25L、重量は約600g、販売価格はAmazonで6,500円前後です。25L以外に、15L・33Lタイプもあります。

アウトドア用リュックは日常でもアウトドアでも大活躍の人気モノ!

画像: アウトドア用リュックは日常でもアウトドアでも大活躍の人気モノ!

機能もデザインも優れたアウトドア用リュック、いかがでしたでしょうか? 雨天時でも荷物が濡れない防水機能や、多彩な収納スペースなどは普段使いにもぴったりですね。同名商品でも容量の異なるモデルがあったりと、使用シーンに合わせて選択できるのも嬉しいところ。ぜひ記事を参考に自分にあったリュックを探してみてくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.