自在に空中撮影を楽しめるドローン。キャンプに持ち込めば非日常感たっぷりの動画や写真をたくさん撮ることができます。しかし、初めて買うとなると、何を基準に選べばよいかわかりませんよね。また、ドローンは重量によって航空法の制限を受けるため、購入には注意が必要です。そこで、ドローンの選び方とキャンプにおすすめの製品を紹介します。

初めてでも安心! ドローンを選ぶ時のポイントは、200g未満と撮影機能の充実

200g未満(機体本体とバッテリーの合計重量)を選ぶこと

キャンプをはじめアウトドアでドローンを使うなら、まず重視したいのは200g未満(機体本体とバッテリーの合計重量)を選ぶことです。持ち運びのしやすさにもつながりますし、気軽にドローンを始めるには重量はとても見逃せない要素です。

その理由は、2015年(平成27年12月10日)に航空法が改正されたことにあります。

200g以上のドローンは規制の対象になるため、航空法を遵守して飛行させなければなりません。違反した場合は50万円以下の罰金が課せられることがあります。

しかし、200g未満のドローンであれば「模型航空機」という扱いとなり、今回新たに設ける無人航空機の規制は適用されませんが、従来からの航空法の第99条の2の規制(空港等周辺や一定の高度以上の飛行については国土交通大臣の許可等が必要)は適用されます。

基本、使用場所の管理者や自治体にひと声かけることをすれば気軽に楽しめますが、人の集まる場所や人・建物等が近い場合、風がちょっとあるな?という時は、飛行させないように事前の確認もしてください。

200g以上のドローンはサイズやパワー面でも危険性が増すため、子供と一緒のアウトドアにはおすすめできませんし申請手続き等、制約も多いです。

キャンプでは安全面からも、初心者は小型のドローンを選択するほうが良いでしょう。

画像: 200g未満(機体本体とバッテリーの合計重量)を選ぶこと

撮影機能が充実している

せっかくドローンを購入して空中撮影を楽しむなら、カメラ機能はしっかりチェックしておきましょう。ドローンの中には、操作を楽しむことがメインで、カメラ機能がついていない商品も存在します。

「商品が届いたらカメラが付いていなかった!」ということがないように、カメラ機能の有無、動画撮影に対応しているかなど、最低限の情報は要確認です。

また、スマホで映像をリアルタイムに確認できるFPV機能は、空中撮影を楽しむ上で必須です。高度維持ができるホバリング機能もあれば、より撮影しやすくなるでしょう。

その他の機能

せっかくドローンを買ったのに、壊れてしまったり飛行中に行方不明になったりすると残念ですよね。プロペラガードがあれば、落下時などの破損を防ぐことができます。

また、電池残量が少なくなったときにアラートを発してくれる製品もあります。用途に合わせ、必要な機能を備えたドローンを選びましょう。

画像: その他の機能

This article is a sponsored article by
''.