夏のキャンプは、涼を求めて川や海でキャンプをする人が増えてきます。そこで今回は、海水浴とキャンプが一度に楽しめる富山県の「雨晴(あまはらし)キャンプ場」の魅力を深堀りしました。キャンプ場から砂浜まで徒歩1分足らず、景色も美しく、夜はテントの中で波の音を聞きながら眠れる素敵なキャンプ場です。そんな雨晴キャンプ場についてたっぷりとご紹介いたします。

お得情報①:駐車場もキャンプ場も無料

キャンプ場によっては利用料金が高額になるところもあります。ところが雨晴キャンプ場は、目の前が海という好立地にも関わらず、駐車場もフリーサイトも利用料は無料! しかも事前申し込みも不要です。駐車場からフリーサイトまでの距離が近いので荷物の運搬もとても楽。駐車可能台数は50台前後で先着順になるため、早いもの勝ちです。

夏休みや土日祝日はかなり混雑するので、早朝、または夕刻の海水浴客が帰る時間帯の到着を目指すことをおすすめします。水洗トイレ、水場、水シャワーも無料で使えますよ。

但し、海水浴シーズンの7月中旬~8月に限っては、フリーサイトの利用に1グループ1日500円(1泊する場合は1,000円)の協力金が必要になります。なので筆者はオフシーズンの平日に、のんびりと利用しています。

  • キャンプ場名:雨晴松太枝浜キャンプ場
  • 住所:〒933-0131 富山県高岡市太田字田津口4764-4(駐車場内喫茶店)
    ※カーナビ検索は上記住所でお願いします。
  • 電話:0766-44-6200(雨晴観光協会/平日8:00-17:00)
  • 営業時期:5月1日~11月30日
  • 電源サイト:なし
  • コテージやバンガロー:なし
  • URLhttps://www.city.takaoka.toyama.jp/midori/kanko/camp/amaharashi.html
画像: お得情報①:駐車場もキャンプ場も無料

お得情報②:贅沢な絶景をひとり占め!

雨晴キャンプ場の魅力は「無料」というだけではありません。フリーサイトの目の前が海で、砂浜まで徒歩1分とかからない素晴らしいロケーション。雨晴海岸は、約3,000m級の山々が連なる北アルプス立山連峰を富山湾越しに望むことのできる日本屈指の絶景ポイントなんです。

爽やかな朝日を眺めたり、水平線に沈む夕日に見惚れたり、波の音を聞きながら眠りについたり…とても贅沢な時間を満喫できます。

また、雨晴海岸の見所でもある頂上に松の木を貯えた女岩、その近くにあり荒波に立ち向かう雄々しい姿が印象的な男岩、源義経が雨宿りをしたという伝説のある「義経雨はらしの岩」といった奇岩も見ることができます。

画像: お得情報②:贅沢な絶景をひとり占め!

お得情報③:無料のシャワーや水洗トイレ、近くにある海の家も便利!

「無料のキャンプ場だとトイレが汚れていたり、ゴミがあったり、炊事場が使えなかったりするでしょ? 」という心配は、雨晴キャンプ場では必要ありません。

トイレは男女別の水洗トイレで、定期的に係の人が掃除して清潔ですし、炊事場も砂を落す水シャワー場も綺麗に管理されています。筆者はこのキャンプ場を何度も利用しましたが、一度も汚れていた経験はありません。

その他のお得情報としては、点在する松の木のお陰で、天然の着火剤と呼ばれる松ぼっくりが拾い放題です。松の枝もよく燃えます。但し、焚き火をするときは焚き火台を使い、海から吹く風で火の粉が芝に燃え移らないよう、火の取り扱いには注意してくださいね。

さらに、海水浴シーズンには無料駐車場横にある海の家がオープンします。利用は有料ですが、焼きそばやフランクフルト、かき氷などの軽食も販売されるので、海で遊んで疲れて食事の支度ができないときなどに便利です。筆者は松の木にもたれて、海風を感じながら、冷たいかき氷をいただきました。

画像: お得情報③:無料のシャワーや水洗トイレ、近くにある海の家も便利!

お得情報④:歴史にグルメ、五感に響く心地よさ

雨晴キャンプ場は、大自然の中で歴史ロマンに思いを馳せながらキャンプを楽しめる、全国でも珍しいキャンプ場です。

かつて源義経と弁慶が奥州へ逃げる途中、海岸沿いの松林の中でにわか雨が晴れるのを待ったことから「雨晴」と名付けられました。また、万葉集の歌人・大伴家持が雨晴海岸の様子を詠んだ歌が残されていたり、高岡市美術館には横山大観が描いた「雨晴義経岩」が展示されていたりいます。

さらに、雨晴キャンプ場がある富山県高岡市は、寒ブリを始めとする新鮮で質の良い魚や紅ズワイガニ、氷見牛などが有名です。ご当地グルメとお土産も楽しめるのが、キャンプ場から車で1分ほどの所にある「道の駅 雨晴」です。

カフェでは、海の宝石とも呼ばれる白えびを使ったシーフードカレーや、氷見牛を使ったチーズインハンバーグなどを味わる他、ショップでは高岡の名産である銅器や漆器など、高岡市の職人が手掛けた作品も購入できます。3階には展望デッキがあり、美しい雨晴海岸の遠景が望めます。

  • スポット名:道の駅 雨晴
  • 住所:〒933-0135 富山県高岡市太田24番地74
  • 電話:0766-53-5661
  • 営業時間:9:00~19:00(1階情報発信コーナー・展望デッキは24時間開放)
  • 定休日:なし(年中無休)

お得情報⑤:海キャンプの後はお風呂でサッパリ

キャンプ場には無料の冷水シャワーがありますが、帰りはお風呂に入りたいという人におすすめの入浴施設があります。雨晴キャンプ場から車で25分ほどの所にある「北陸健康センターアラピア」です。年中無休の温泉施設で、8種の天然生薬をブレンドした薬湯や炭酸風呂、エステバスなど16種類の温泉設備が楽しめます。

また、全天候型の温水プールもあり、なかにはウォータースライダーといったアクティビティも。温水プールの利用料は入館料に含まれているので別途料金はかかりません。他に、シネマルームやコミックコーナー、レストルームなどもあるのでキャンプの疲れと汗を流して、気持ち良く帰路につくことができます。公式サイトでクーポンを配布しているので、事前に印刷しておくとよりお得に楽しめます。

  • スポット名:北陸健康センターアラピア(高岡市)
  • 住所:〒933-0826 富山県高岡市佐野1655番地
  • 電話:0766-26-3000
  • 営業時間:AM10:00~翌朝AM9:00(23時間営業)
  • 定休日:なし(年中無休)

富山県高岡市の魅力がいっぱい詰まった雨晴キャンプ場

画像: 富山県高岡市の魅力がいっぱい詰まった雨晴キャンプ場

雄大な北アルプスと美しい海岸を目の前に、無料でキャンプができる贅沢な雨晴キャンプ場。海水浴シーズンでも格安で利用でき、近くには史跡やグルメもあり、筆者が心からおすすめできるキャンプ場です。海を眺めながらバーベキューや砂遊びをしたり、松林や海岸沿いを散歩したりと、さまざまな楽しみ方でキャンプを満喫してくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.