子どもにはできるだけ小さな頃から色々な体験をさせてあげたいもの。家ではお手伝いをなかなかしない子どもも、アウトドアに出かけたら開放的な気分になり、進んでお手伝いしてくれるでしょう。子どもは好奇心旺盛! 新しいこと、ちょっと難しいことが大好きです。子どもが中心となって進めるキャンプはきっと盛り上がり、家族みんなで楽しめるはず! ! 今回は、アウトドアだからこそ子どもにできるお手伝いと、その注意点を考えましょう。

ファミリーキャンプならではの体験を活かし、子どもに積極的にお手伝いを!

子どもにできるお手伝いとはどんなことを想像しますか? まずは、大人がキャンプへ出かけるときの準備や、現地で行っていることを振り返ってみます。

  • 持ち物や買い出しのリストアップをする
  • 必要な物を効率よく車に積む
  • キャンプ場に向かう途中で買い物をする
  • キャンプ場にチェックインする
  • テントの設営
  • 食事の準備
  • 撤収、片付け

こういった準備や後片付けなら、子どもと一緒に行う、または子どもに一部を任せることもできますね。そして買い物リスト作りやお店での買い物、食事の準備や後片付けなど、普段の生活でもお手伝いできそうなことが、キャンプでも大切な準備になると気づくでしょう。

またアウトドアでは、火や刃物を扱ったり、重いものを持ち運んだりと、普段させないようなさまざまな経験を積むチャンスの場になるはずです。

それではキャンプのシーン別に、体験させられることや任せられる手伝い、大人が注意する点を見ていきましょう。

画像: ファミリーキャンプならではの体験を活かし、子どもに積極的にお手伝いを!

準備を手伝わせることでキャンプに前向きに!

まず、キャンプの食事メニューを考えたら、必要な食材をメモさせます。自分で考えさせるのは難しくても、パパやママに聞き取りをしてメモを取るだけでとても良い経験になります。次に、自分の持ち物や着替えをメモを見ながら用意させます。

大人が用意したものに忘れ物がないかチェックさせるのも、楽しんでやってくれますよ。キャンプ場へ向かう前の買い物も、子どもにさせてあげましょう。ここでもチェックリストを見ながら買い物すると効率的で楽しくできますね。

注意するポイント

大切な物を忘れていないかのチェックは、大人が必ず行います。自信を損なわないよう、子どもにわからないように確認するのがいいですね。忘れ物があったときはさりげなく促すに留め、責めたりしないようにしましょう。

画像1: 注意するポイント

テント設営でちょっとしたことをさせるだけで自信に!

テントを立てるときは、シートやロープなどを持たせてみましょう。これくらいの作業であれば歩ける子どもならお手伝いできるので、ぜひ体験させてあげたいですね!少し大きな子どもには、ロープの結び方を教えたり、ペグを打たせてあげたりするのも楽しい体験になります。

テント設営後は、イスやテーブルを並べ、火おこしをすることになるでしょう。火おこしも、パパが伝えられる大切なキャンプの仕事ですね。子どもにバーナーを持たせたり、炭をおこさせたりする作業はアウトドアならでは。ちょっと危ないことこそ、子どもにとってはわくわくする体験です。

注意するポイント

子どもは思わぬ行動をするものです。ケガにつながるかもしれないことをさせるときは、必ずそばで見守りましょう。

画像2: 注意するポイント

アウトドアクッキングこそ、お手伝いや体験ポイントが盛りだくさん!

包丁やアウトドア用ナイフ、キッチンバサミなどを使って食材を切るのは、子どもにとって楽しい経験になりますね。ガスバーナーの着火や火加減の調節も、大人と一緒にやらせてみましょう。

また、味見も楽しいお手伝いです。いつもママのすることを見ている子どもは、美味しい味も知っているはずです。キャンプのときは子どもに味を決めてもらうのも良いですね!

注意するポイント

包丁やナイフは、子ども用のものを用意してあげるとお手伝いがしやすいですね。軍手を使うと食材が滑らず、ケガの防止にもなって安心ですよ。子ども用の軍手は100円ショップにもあるので、ぜひ用意しておきましょう。

画像3: 注意するポイント

片付けまでがキャンプです! 楽しい思い出作りの時間にしましょう

テントの撤収は、子どもたちが遊んでいる間に大人が済ませてしまうこともありますね。ですが、ぜひとも一緒にやってみませんか。テントを設営した時のことを思い出し、どのように立てられていたのか改めて構造を知るのも好奇心をそそるものです。少し大きな子どもなら、ロープをまとめて結ぶ方法を知るのも、楽しいお手伝いになりますね。

テントのお手伝いが難しい場合でも、ゴミ収集、炊事場の掃除、車に荷物を運ぶ、ペグの忘れ物がないか確認するなど、ちょっとしたお手伝いはたくさんあります。最後にきれいに撤収するまでがキャンプだと伝えていきたいですね。

注意するポイント

片付けや撤収の時は子どもが遊びに夢中で、なかなか手伝ってくれないことも多い時間です。楽しい声かけとゲーム感覚でごみ拾いをしたり、ペグを探したりしましょう。決して怒ったり叱ったり無理強いはしないよう、楽しく手伝わせることが大切です。

画像4: 注意するポイント

キャンプは体験の宝庫! 子どもを中心にみんなで楽しもう

画像: キャンプは体験の宝庫! 子どもを中心にみんなで楽しもう

アウトドアには、子どもの好奇心をくすぐる要素がつまっています。子どもは事前に準備されたキャンプよりも、自分が中心となって準備を進めたキャンプの方がより楽しんで参加してくれるはずです。子どもが楽しければ、大人も楽しい気持ちになれます。

同時に、積極的な子どもの姿に成長を感じられるでしょう。そんな姿に、疲れも癒されるのではないでしょうか。大人にとって、子どもにできることを考えるのは大変なことですが、家族全員が楽しい時間を過ごせるよう、大人も準備の段階からキャンプを楽しみたいですね!

This article is a sponsored article by
''.